jr北海道 時刻表 千歳線

東・・・東室蘭 [普通]:普通, 室・・・室蘭 千歳(北海道)駅の千歳線の時刻表ダイヤ(札幌方面、苫小牧方面)の情報を掲載しています。平日ダイヤ・土曜ダイヤ・日曜・祝日ダイヤを掲載。日付指定して時刻表を検索することもで … ・JR時刻表 2020年3月号 ・貨物時刻表 2020年3月改正版 ・鉄道ダイヤ情報 2020年8月号 資料では分からない途中駅の時刻、回送列車の時刻などはSFL@管理人の推測です。 実際の時刻や運転順序と異なる可能性がありますのでご注意ください。

šï¼ˆæ–°é’森~新函館北斗間)において、おおむね30分以上の遅れが発生または見込まれる場合の運行情報、および運休情報をお知らせします。. 北広島駅(JR千歳線)札幌・小樽方面の時刻表情報です。出口、設備などの構内情報や、時刻表、路線情報を紹介。北広島駅周辺の地図やグルメ、天気も提供しています。 札・・・札幌 [北斗]:北斗, ほ・・・ほしみ [普通]:普通 JR北海道公式Twitterアカウントを開設しました(@jrhokkaido_info)。 大規模な災害発生等により「JR北海道公式ホームページ」が使用できなくなった際、および、北海道新幹線・在来線特急列車・札幌圏で事前に運休や運転見合わせを決定した際に配信します。 駅すぱあと for webで乗り換え案内・定期代・時刻表・運行情報 苫小牧駅の千歳線の時刻表ダイヤ(札幌方面)の情報を掲載しています。平日ダイヤ・土曜ダイヤ・日曜・祝日ダイヤを掲載。日付指定して時刻表を検索することもできます。 歳・・・新千歳空港 本時刻表のデータベースを作成するにあたりコード体系が標準的なものとなりました。作者様に感謝いたします。 旧ダイヤ時刻表 jr北海道2012年10月27日改正 ・札沼線(学園都市線)札幌-石狩当別の全列車を電車に統一 [エア]:エアポート 千歳線(ちとせせん)は、北海道旅客鉄道(JR北海道)の鉄道路線(幹線)である。北海道(胆振管内)苫小牧市の沼ノ端駅から北海道(石狩管内)札幌市白石区の白石駅を結ぶ本線と、北海道(石狩管内)千歳市の南千歳駅から分岐して同市の新千歳空港駅に至る支線(空港線)からなる。, 沼ノ端駅で室蘭本線、南千歳駅で石勝線、白石駅で函館本線と接続する。列車運行上の千歳線は、室蘭本線の苫小牧駅 - 沼ノ端駅間及び、函館本線の白石駅 - 札幌駅間を含めた苫小牧市の苫小牧駅から札幌市北区の札幌駅まで (71.2km・17駅) である。, JR北海道の道内完結路線で唯一全線が複線化(支線は除く)されている路線である。なお、函館本線と並列している白石駅 - 札幌駅間は専用の複線を走行している。札幌市から道南・道東へと至る主要幹線であると同時に、新千歳空港へのアクセス路線、札幌近郊の通勤輸送路線、札幌都市圏と道外への物流ルートとしての多彩な性格を併せ持つ。特に南千歳以北の区間は、北海道内では有数の過密ダイヤ路線である。また、本線区間では日本貨物鉄道(JR貨物)による貨物列車が運転される。, 支線を含む全線が、室蘭本線の苫小牧駅 - 沼ノ端駅間と合わせてIC乗車カード「Kitaca」の利用エリアに含まれている。サッポロビール庭園駅、植苗駅では普通列車でも通過する列車が存在する。なお、美々駅は利用客の減少により2017年(平成29年)3月4日に廃止となった。, 支線である南千歳駅 - 新千歳空港駅間は加算運賃区間のため、キロ数で計算した運賃に20円が加算される。なお、この加算運賃は2019年(令和元年)9月末までは140円であった[報道 1][2]。, 1926年(大正15年)8月21日、北海道鉄道の「札幌線」(さっぽろせん)として敷設された路線である[3]。連帯輸送面から見ると、札幌線は両端を国鉄室蘭本線・函館本線に制されたローカル線であったが[4]、室蘭本線が石炭輸送を重視して建設された経緯から太平洋岸から石狩炭田に近い追分・岩見沢へと伸びていた都合上、それまで存在しなかった苫小牧 - 札幌間の短絡ルートとしての機能を果たした[5][4]。札幌線開業時の沼ノ端駅 - 苗穂駅間は1日5往復で、客貨混合列車が主流だった[5]。所要時間は沼ノ端駅 - 苗穂駅間が2時間20分[5]、千歳駅 - 苗穂駅間は1時間30分だった[5]。, 日胆地区の住民による運動が続けられた結果、1934年(昭和9年)10月1日から室蘭本線の苫小牧駅 - 沼ノ端駅間[5][4]、1940年(昭和15年)10月26日から函館本線の苗穂駅 - 札幌駅間にそれぞれ旅客列車が乗り入れを開始すると[5][4]、苫小牧駅 - 札幌駅間が1日4往復の直通運転となり、所要時間も苫小牧駅 - 札幌駅間が約1時間30分となった[5][4]。また、1935年(昭和10年)12月1日からは内燃気動車(ガソリンカー)501形(後の国鉄40350形)の運用を開始し、道内旅客列車無煙化の嚆矢(こうし)ともなった[4]。, 太平洋戦争(大東亜戦争)中の1943年(昭和18年)8月1日、戦時輸送体制強化のため第十二航空艦隊司令部が置かれた千歳海軍航空隊基地を沿線にもつ札幌線は、戦争遂行上の兵員輸送や物資輸送のために[4]国によって戦時買収され、国鉄千歳線となった[5][6]。敗戦直後は、苫小牧駅 - 札幌駅間が1往復、苫小牧駅 - 苗穂駅間および苫小牧駅 - 千歳駅・恵庭駅間が数本のみであったが[7]、1950年(昭和25年)10月1日には、戦時中と同じ苫小牧駅 - 札幌駅間4往復体制に戻った[7]。1953年(昭和28年)12月からは全ての旅客列車・混合列車が札幌駅発着となった[7]。, 戦前、札幌と函館方面を結ぶ路線としては、小樽・倶知安経由の函館本線が幹線として機能していた。これは、千歳線の路盤の軟弱さや[6]、急曲線を擁する北広島駅 - 苗穂駅間の線形の悪さが隘路となっていたためともいわれる[8]。しかし、函館本線は急勾配を擁する長万部駅 - 小樽駅間、いわゆる「山線」がネックとなっており、これに比べ平坦な室蘭本線の長万部駅 - 沼ノ端駅間とこれに接続する千歳線区間、いわゆる「海線」は、戦中・戦後を通じ輸送力増強の見地から改良を加えられてきた。, 1950年代から優等列車の設定も行われ[7]、1960年代以降は30 km以上遠回りながら[注釈 1]、函館山線よりも高速運転に適する条件から、函館 - 札幌間のメインルートの地位を確立する。1961年(昭和36年)10月1日にはサンロクトオのダイヤ改正で特急「おおぞら」が運行を開始するなど[7]、輸送力増強が図られ続けた。なお、当初「おおぞら」は千歳線内は全駅通過[7]、苫小牧と札幌に停車していた。, 1965年(昭和40年)9月22日の千歳駅 - 恵庭駅間を皮切りに、1969年(昭和44年)9月25日までに恵庭駅 - 北広島駅間、美々駅 - 千歳駅間、植苗駅 - 美々駅間、沼ノ端駅 - 植苗駅間で順次複線化が行われた[8]。1973年(昭和48年)9月9日には新札幌副都心開発計画に合わせて、線形が悪く輸送上のネックであった北広島駅 - 苗穂駅間の線路付け替えが行われ、全線複線化が完了[8]。1980年(昭和55年)10月1日には全線が電化(交流20,000 V・50 Hz)[8]と千歳空港駅(現在の南千歳駅)の開設[8]が行われ、札幌都市圏の重要な通勤路線や札幌市内から千歳飛行場(旧千歳空港)へのアクセスルートとして、列車の増発や所要時間短縮などの輸送力増強が進められた。, 1981年(昭和56年)10月1日に石勝線が開業[8][10][新聞 1]。千歳空港駅(現・南千歳駅)で千歳線と接続し、札幌方面と新得・帯広・釧路方面を短絡するルートとなった。従来の根室本線優等列車の多くは札幌から函館本線を北上し、滝川から根室本線を南下して新得に至っていたが、それらほとんどが千歳線経由で石勝線に入って新得に向かうようになり、道東方面への幹線としての性格も併せ持つようになった。, 1986年(昭和61年)11月1日に函館本線長万部駅 - 小樽駅間の山線から定期の優等列車(特急・急行)が全廃されて以降は、札幌方面と函館方面を結ぶ唯一の幹線ルートとして、特急「北斗」や寝台特急・夜行急行・高速貨物列車などが頻繁に運行され、線路の強化や高速化などが実施されている。, 1987年(昭和62年)4月1日の国鉄分割民営化に伴い、当路線は北海道旅客鉄道(JR北海道)へと承継された。1992年(平成4年)7月1日には、同日に供用を開始した新千歳空港ターミナルビル[注釈 2]の地下へ乗り入れる単線の支線(空港線)が開業した[11][12][新聞 2]。, 2017年(平成29年)5月15日のJR北海道の公式発表によると、輸送量増に対して新札幌駅・千歳駅の耐震基準が1970年(昭和45年)以前の適用基準であるため、また新札幌駅ではコンクリート片が落下する事象が発生しているため、2017年度から2021年度にかけて高架橋の耐震工事の実施が予定されている[報道 2]。, 函館本線・室蘭本線とともに函館駅 - 札幌駅間を結ぶ幹線の一部で、特急「北斗」が1日12往復運転されており、これらを補完する形で札幌駅 - 室蘭駅間の特急「すずらん」が運転されている。またJR貨物の運行する貨物列車も多数運転されている。, また、札幌駅 - 南千歳駅間は石勝線・根室本線を経由して帯広・釧路方面を結ぶルートの一部で、特急「おおぞら・とかち」が運転される。, 函館・釧路方面の列車と新千歳空港方面の列車を乗り継ぐ場合、一部を除き南千歳駅では同一ホームでの乗り換えとなっている。, 地域輸送に関しては函館本線(札幌 - 白石)および室蘭本線(沼ノ端 - 苫小牧)を合わせた札幌 - 新千歳空港・苫小牧で一体的な運行が行われており、線路名称上の終端駅である沼ノ端駅および白石駅を発着とする列車はない。このうち、4割程度の普通・快速列車が函館本線小樽方面に直通する。室蘭本線室蘭方面や札沼線と直通運転する列車も少数設定されている。, 空港連絡輸送として、新千歳空港駅から札幌・小樽方面への快速「エアポート」がおおむね12分間隔で運転されている。 小・・・小樽, 当社は、電鉄各社及びその指定機関等から直接、時刻表ダイヤグラムを含むデータを購入し、その利用許諾を得てサービスを提供しております。従って有償無償・利用形態の如何に拘わらず、当社の許可なくデータを加工・再利用・再配布・販売することはできません。. 千歳(北海道)駅(JR千歳線)札幌・小樽方面の時刻表情報です。出口、設備などの構内情報や、時刻表、路線情報を紹介。千歳(北海道)駅周辺の地図やグルメ、天気も提供しています。 ・JR時刻表 2020年3月号 ・貨物時刻表 2020年3月改正版 ・鉄道ダイヤ情報 2020年8月号 資料では分からない途中駅の時刻、回送列車の時刻などはSFL@管理人の推測です。 実際の時刻や運転順序と異なる可能性がありますのでご注意ください。 JR北海道公式Twitterアカウントを開設しました(@jrhokkaido_info)。 大規模な災害発生等により「JR北海道公式ホームページ」が使用できなくなった際、および、北海道新幹線・在来線特急列車・札幌圏で事前に運休や運転見合わせを決定した際に配信します。 ナビタイムの高速バス時刻表、路線情報検索。東京-大阪間や名古屋、仙台、新潟、長野、京都など全国各都市の高速バスの時刻表や料金等が検索できます。jrバスグループをはじめとした各社高速バスに対応。 [すず]:すずらん 新・・・新夕張 千歳線(ちとせせん)は、北海道旅客鉄道(jr北海道)の鉄道路線(幹線)である。 北海道(胆振管内)苫小牧市の沼ノ端駅から北海道(石狩管内)札幌市 白石区の白石駅を結ぶ本線と、北海道(石狩管内)千歳市の南千歳駅から分岐して同市の新千歳空港駅に至る支線(空港線)からなる。 追・・・追分 普通列車は日中は1時間に2 - 3本程度運転されており、そのうち1本程度が苫小牧駅までの運行、残りは千歳駅での折り返しとなる。朝・夜の時間帯に限り、新千歳空港駅発着の普通列車も設定される。, 大半の普通列車は北広島駅で快速と相互に接続する。列車待避のできる駅・信号場は美々信号場・南千歳駅・千歳駅・サッポロビール庭園駅・島松駅・北広島駅・上野幌駅・白石駅(ただし白石駅は札幌方面のみ待避可能)。, 千歳駅発着で南千歳駅から石勝線の追分駅・新夕張駅まで直通する普通列車がある。この列車は気動車でワンマン運転を実施している。なお、これらの石勝線直通のワンマン列車も千歳線内では全ドアより乗降できる。, 千歳線を含む札幌駅 - 苫小牧駅間において、2020年(令和2年)3月14日改正ダイヤの日中の1時間あたりの平均運転本数は以下の通り。, 区間ごとの輸送密度は以下の通り。なお、2012年以降JR北海道が公表しているデータについては、実質的に一体化した運用を行っている室蘭本線(苫小牧駅 - 沼ノ端駅間)と合算したものが公表されている。, 札幌圏(Kitacaエリア)[注釈 6]の収支(営業収益、営業費用、営業損益)と営業係数は以下の通り。いずれも管理費を含めた金額である(▲はマイナスを意味する)。千歳線(白石駅 - 沼ノ端駅間、南千歳駅 - 新千歳空港駅間)のみの収支・営業係数は公表されていない。, 南千歳駅 - 新千歳空港間の年間の加算運賃収入は以下の通り。2017年(平成29年)度末時点での、加算運賃収入等による設備投資額等の回収率は85.3%となっている[報道 1]。, 便宜上、末端部で全列車が乗り入れる室蘭本線苫小牧駅 - 沼ノ端駅間、函館本線白石駅 - 札幌駅間も合わせて掲載。, 所在地の名称は廃止時点のもの。全駅北海道(石狩管内)に所在。これらの区間は非電化(苗穂駅 - 東札幌駅間は1931年 - 1957年の間1500 V 直流電化)。, 2006年(平成18年)4月27日時点では開始予定時期を2009年(平成21年)度初と発表していたが, 千歳線(白石駅 - 沼ノ端駅間、南千歳駅 - 新千歳空港駅間)、室蘭本線(沼ノ端駅 - 苫小牧駅間)、函館本線(, 「1.北海道鉱業鉄道から北海道鉄道へ」「2.新聞の記事に見る全通、認可、開業の日」, 「7.RTO(railroad transportation office)の時代」「8.国鉄白紙改正」, https://web.archive.org/web/20170513204105/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170511-2.pdf, https://web.archive.org/web/20070930015220/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070912-3.pdf, https://web.archive.org/web/20060504044046/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2006/060427.pdf, https://web.archive.org/web/20070927213155/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070613-1.pdf, https://web.archive.org/web/20080913103748/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2008/080910-1.pdf, https://web.archive.org/web/20081030202258/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2008/081021-1.pdf, https://web.archive.org/web/20150110135015/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2008/081029-1.pdf, https://web.archive.org/web/20081230105851/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2008/081222-2.pdf, “「Kitaca電子マネー」「Kitaca・Suica相互利用」スタート記念セレモニー”, https://web.archive.org/web/20090320020637/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090309-1.pdf, https://web.archive.org/web/20121224023530/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2012/121218-1.pdf, https://web.archive.org/web/20130921053616/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130904-1.pdf, https://web.archive.org/web/20130921053935/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130920-1.pdf, https://web.archive.org/web/20140714153703/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2014/140704-1.pdf, https://web.archive.org/web/20181226122006/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161216-3.pdf, https://web.archive.org/web/20181115003627/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20181114_KO_Shinsapporo%20Shingouki.pdf, https://web.archive.org/web/20191213082940/http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20191213_KO_kaisei.pdf, https://web.archive.org/web/20130921053420/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130828-1.pdf, https://web.archive.org/web/20131224105741/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/131220-1.pdf, https://web.archive.org/web/20140819090517/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2014/140509-1.pdf, https://web.archive.org/web/20150624035503/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150508-2.pdf, https://web.archive.org/web/20160210105033/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160210-1.pdf, https://web.archive.org/web/20160519034311/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/160509-3.pdf, https://web.archive.org/web/20161106113200/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2016/161104-1.pdf, https://web.archive.org/web/20171107124454/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/171107-2.pdf, https://web.archive.org/web/20181109095952/http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20181109_KO_LineAccount2017.pdf, https://web.archive.org/web/20190904151630/http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/201900904_KO_ExpenditureOfSection.pdf, https://web.archive.org/web/20200608075913/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200608_KO_senkubetu.pdf, https://web.archive.org/web/20190911141318/http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20190911_KO_airport%20powerup.pdf, “北海道ボールパーク(仮称)開業に伴う新駅案の検討状況と北広島駅の改修計画について”, https://web.archive.org/web/20191211072452/http://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20191211_KO_BP.pdf, https://web.archive.org/web/20151018130401/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090263563, https://web.archive.org/web/20151018130743/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090366276, https://web.archive.org/web/20140305213639/https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2961465/3, https://web.archive.org/web/20151018125925/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090359395, https://web.archive.org/web/20151018141041/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090265220, https://web.archive.org/web/20151018130151/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090271655, https://web.archive.org/web/20151018141500/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090265211, https://web.archive.org/web/20151018141903/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090359919, https://web.archive.org/web/20151018142355/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090359906, https://web.archive.org/web/20151018130541/http://photodb.hokkaido-np.co.jp/detail/0090359338, https://web.archive.org/web/20131103204155/http://mainichi.jp/select/news/20130921k0000m040081000c.html, https://web.archive.org/web/20161025083513/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0330572.html, https://web.archive.org/web/20161221093838/http://dd.hokkaido-np.co.jp/sports/baseball/fighters/1-0350560.html, https://web.archive.org/web/20161221094456/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0350759.html, https://www.asahi.com/articles/ASM2W5615M2WIIPE00Y.html, https://web.archive.org/web/20190228023846/https://www.asahi.com/articles/ASM2W5615M2WIIPE00Y.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=千歳線&oldid=79621348, 道東方面特急列車運転再開、利用増・減価償却費減少により前年度比改善。同年度分より集計方法見直し, 7月10日:千歳市内の4.39 kmが高架化されるとともに千歳駅も高架上に移転。同区間の踏切6か所廃止, 11月1日:特急「北斗」・「スーパー北斗」・「すずらん」の最高速度を120 km/hに、「スーパーおおぞら」の最高速度を110 km/hに減速。これに伴い、沼ノ端駅 - 南千歳駅間の最高速度が120 km/hとなる, 駅ナンバリングが設定されているが、駅ナンバリング順ではなく、下り順に記述。駅ナンバリングの詳細については「, 苗穂駅 - 東札幌駅間 (3.1km) - 1973年(昭和48年)9月10日廃止, 東札幌駅 - 月寒駅間 (2.7km) - 1973年(昭和48年)9月10日函館本線(貨物線)に編入後, 月寒駅 - 北広島駅間 (16.1km) - 1973年(昭和48年)9月10日廃止.

阪急長岡天神 時刻表 バス, Spotlight 再構築 できない, グラクロ装備 一括 変更, ヴァンカウンシル 札幌 琴似, 全国男子駅伝 2020 結果, イースター 卵 作り方, プロスピa コンボ 組み方, Sao 時系列 映画, タガタメ レイド トロス, 映画 興行 収入 ランキング 2013, パティ あつ森 英語, Sao 時系列 映画, 芸能人 サイン かわいい, クレジットカード 返品 現金, イチロー 草野球 動画, トルコ行進曲 Op 113 4, Nhk 放送局 名古屋, 出産祝い お礼 メッセージ 英語, 楽天カード 更新 電話, 七つの大罪 ギルサンダー 声優, 研修を 振り返っ て感想 例文, 神奈中バス 定期 モバイルsuica, モバイルsuica チャージ ポイント, キャロル 映画 あらすじ, 渡辺翔太 川口春奈 ドラマ, キャラバン ハイエース 故障, グラクロ ロストヴェインメリオダス パーティー, Mac 外付けhdd フォーマット, 障害者手帳 割引 大阪, 七つの大罪 ギルサンダー 声優, 七つの大罪 ギルサンダー 声優, Touch Id 支払いを完了 できません で した, 父の日 カード 手作り, 阪急電車 映画 相武紗季,

Leave A Response

* Denotes Required Field