gp5000 空気圧 体重 13

パンク耐性のテストは実走ではありません。 フルモデルチェンジを果たしたコンチネンタルのロードレーシングタイヤ「GRAND PRIX 5000」をインプレッション。より少ない転がり抵抗と耐パンク性能の強化、軽量化やチューブレスモデルの追加など全方位に進化を遂げた注目タイヤの乗り味とは。, テーマは"Ride with us" 本気で遊びに取り組む名古屋エリア随一の大型ショップ, 【東大和×PINARELLO】メーカー在庫無しのBIG SIZE!『RAZHA DISK 105』カーボンディスクブレーキ仕様で30万円切りのコスパ良モデルございます!, エリート STERZO SMART ズイフト内でのステアリング機能を実現するコントローラー, シリーズ集大成「KICKR BIKE」を試す ワフー×弱虫ペダルサイクリングチーム, キャットアイ TIGHT Kinetic 加速度センサーによるブレーキランプ機能をチェック, Garmin Varia RTL515 RVR315 アップデートされた自転車用後方レーダー, ラファ 1000台のバイク寄付を目指すブラックフライデーライドを11月27日に開催, フィジーク E-MTB向けにデザインされた新型ショートノーズサドルのTERRA AIDON, カブト AERO-R1CV 状況に合わせて着脱可能なオーバーシェル付属のエアロヘルメット, ケンダ PINNER アーロン・グウィンと共同開発のMTBタイヤを使い込みテストby阿藤寛, 山を自由に楽しむために機能性、快適性、スタイルを獲得したMTBシューズ スペシャライズド 2FO Roost, キャノンデール SuperSix EVO Hi-MOD Disc Ultegra 艶やかな朱に身を包む新時代のオールラウンダー. 趣味の事をまったり綴っています。読書、ロードバイク、スポーツ、音楽、ブログ運用の事など, 走りの軽さとパンクのしにくさ、そして減りにくく長持ちする、絶大な人気を誇っていたコンチネンタル・グランプリ4000SⅡがマイナーチェンジ。GP4000SⅡ比で5gの軽量化、走行抵抗はマイナス12%、耐パンク性能を20%向上させている。スペック上は正常進化、さて、その走りの程は・・・, 700×23Cから32Cまで、650規格やチューブレスもラインナップされており、サイズは豊富に取り揃えられている。, GP4000SⅡは実質他メーカーのタイヤと比較して明らかに太く、25Cでは実質28C程度の太さがありました。GP5000では、ほぼ他メーカーと一致する太さになりました。, GP5000用に改良された一般より10分の1のナノカーボン粒子を使ったブラックチリコンパウンド。接地面をレーザーでザラザラに表面処理をしたレーザーグリップ、耐パンク性能を高めるベクトランブレーカーを備える。また、アクティブコンフォートと呼ぶ振動吸収層が、3レイヤーからなるケーシング層の外側、ベクトランブレーカーの次の層にある。, パッケージされた箱から、コンチネンタルタイヤの象徴だったドヤ顔おばさん達がいなくなってしまったのは残念でならない。, TPIとはThread Per Inch(スレッド・パー・インチ)。1インチ(2.54cm)当たりのタイヤケーシング繊維の本数。一般論としてTPIの数値が多いほど、細い繊維を使い高品質で作りの良い証となり、しなやかで軽量になると言われています。その割にはGP4000SⅡは硬かったけど・・・。TPIだけではタイヤの特性を判断できませんね。, GP4000SⅡ、GP5000のタイヤケーシングは3層なので、1層当たりのTPIは110。, GP4000SⅡの特徴、走行抵抗の少なさ、ロングライフ、パンクのしにくさは認めた上で、振動吸収性が劣り乗り心地が良くないこと。特に浮き砂利や荒れた路面、ウェット時のグリップに不安があり、グリップ感も把握しにくいことが理由で、GP4000SⅡは嫌いなタイヤだった僕がGP5000をどのように感じるのか。期待と不安が入り混じる中で、いざ走ってみました。, タイヤの振動吸収性は肩関節が固いこともあって、僕にとってはタイヤ選びに非常に重要な条件のひとつ。硬いタイヤだとロングライドや久しぶりに乗ったときなどに手が痺れてきてしまう。ステムが1cm長く、ハンドルが5mm低くなっただけでポジションが保てなくなってしまう。, 縦剛性横剛性共に高く、硬くて反応の良いホイールの代表格フルクラム・レーシングゼロにGP4000SⅡ履かせて、空気圧カンカンでも「全く気にならない」人もいるので個人差や好みがあると思います。男らしく豪快で羨ましいな。, 発売されてからある程度期間が経ち、既に各所でインプレされており評価は固まっている感のあるGP5000ですが、自分の自転車で乗ってみなければ本当のところは分からない、と自分に言い聞かせて。, ホイールへの取付は固くなく、容易に装着できる。これなら万一パンクしたときにも困らないだろう。※GP5000TLチューブレスタイヤとMAVIC USTチューブレスホイールの組み合わせ、メチャメチャ固く装着が困難なレベルです。, 700×25Cクリンチャー、空気圧はフロント6.4Barリア6.8Barで実走スタート。, 改良されたコンパウンドの影響なのか、漕ぎ出しは特別軽くは感じない。しかし、接地感が希薄でグリップが掴みにくかったGP4000SⅡの欠点が、完全に解消されている。漕ぎ出しから軽さを感じるけれど、接地感がまるで希薄だったGP4000SⅡとは、まるっきり別のタイヤだぞ、GP5000は。, GP4000SⅡ比で明らかに良くなっている。アクティブコンフォートと呼ぶケーシング層のメリットなのか、微小振動を確実に吸収している。アクティブコンフォートは、通常のケーシングと素材自体を変えているのだろうかと思われる。但し、ずば抜けて乗り心地の良いタイヤではない。GP4000SⅡ比で良くなったと言うだけで、コンチネンタルらしいと言うか、芯の硬さやカッチリ感は残っている。, ここを柔らかくしてしまうと、おそらく走行抵抗が増えてしまうのだろう。これがコンチネンタルの特徴と言うか、コンチネンタルなりのバランスの取り方なのだろうと思う。, 個人的な好みからするとギリギリ許容範囲内に収まるレベル。積極的にロングライドで使いたいタイヤかと問われると、微妙なところかもしれない。25Cで空気圧は同一の条件で、GP5000より乗り心地の良いクリンチャータイヤはある。振動吸収性に関してはチューブレスタイヤがやはり優れていて、今まで使った事があるタイヤの中ではIRCフォーミュラプロ・チューブレスがベストワンだと思う。, コーナーや浮き砂利でもグリップ感が掴みやすく、不安はない。タイヤと路面との接地面のインフォメーションがはっきりと伝わり、接地感や限界点が掴みやすい。ハッチンソンやMAVIC、ピレリのタイヤに近い感触。グリップの絶対値も高い。GP4000SⅡから1番変わったと感じたところ。GP4000SⅡは正直レースやダウンヒルで使ってはいけないだろ、くらいに思っていましたから。これならばダウンヒルでも安心して使える。, ウェット路面はまだ走ってはいないけれど、この感触ならばウェットでも間違いなさそうです。, 漕ぎ出しは軽くは感じなかったが、速度が上がるにつれて軽快感が増してくる感じ。しかし、GP4000SⅡ比で走行抵抗マイナス12%は正直実感できない。でも、精度の高い正確な円形のタイヤが転がる気持ちの良さがあって、一定速度以上の巡航に爽快感がある。, コンパウンドの変更でグリップが良くなり接地感が増したと同時に、少しもっちりした感触が接地面にある。IRCのRBCCコンパウンドが、このもっちり感を凄く感じるタイヤ。RBCC程ではないけれど、もっちり感のために感覚的に軽く感じないだけで、実際の走行抵抗は少なくなっているのだろうか。接地面にもっちりとした感触を感覚的に感じるだけで、重いという訳ではない。最初に気になったこの「もっちり感」は、暫くしてからは全く気にならなくなりました。ネガティブ要素とはならなかった。, しかしこの走行感はグリップとトレードオフになりそうなところ。個人的には走りが軽いだけのタイヤよりも、安心感=安全性にも繋がるグリップ力を備えたGP5000の方が好みです。, 耐パンク性能は使い始めて間もない今、実体験として語れないけれど、コンチネンタルのタイヤ構造からして間違いのないところでしょう。, 寿命はメーカー公証値4,859km。どう考えても、体重や走り方で変わると思うのですが、数字が細かい!, 高い耐久性を誇り、耐パンク性と耐摩耗性、走りの軽さがウリだったGP4000SⅡ。タイヤサイドが毛羽立ってはくるけれど・・・。GP5000では走行フィーリングは大きく変わり、欠点だったグリップ力も備え、お世辞にも良いとは言えないけれど乗り心地も向上した。, 大きく生まれ変わったコンチネンタル・グランプリ5000。間違いなく良いタイヤです。耐パンク性やロングライフを最重要視する人にとっては、選択肢の第1候補でしょう。グリップは確実に進化して良くなったとは言え、振動吸収性を重要視する僕にとっては絶対的と言えるまでではなかったです。, 振動吸収性は、より優れたタイヤがあるし、寿命は約3,000km弱程度とコンチネンタルより短くはなるけれど、他のタイヤでもその間ほとんどパンクしたことはないし。, 短距離用のディープリムに付けるのが良さそうだなと模索中です。貶している訳ではなくて、良いタイヤだけれどGP5000だけが絶対ではないという事です。でもみんなが大好きなタイヤだという事は良くわかるんです。良いタイヤだもん。これが絶対的なオンリーワンだとは感じられなかっただけ。, 僕のお気に入りタイヤであるピレリやMAVICのクリンチャータイヤをすり減るまで乗った上で、コンチネンタルGP5000の方がいい( ー`дー´)キリッ、と言い切る友人もいる事を申し添えておきます。, Continental – Grand Prix (グランプリ) 5000 ロード 25c タイヤ (ペア)が50%オフで、¥7818!あらゆるハイペースのロードライドで優れた性能と耐久性を提供します。https://t.co/PKNUmIigEJpic.twitter.com/yDpqcoIcNv, 【2.5万km走破】コンチネンタルGP5000をプロ選手目線でインプレッション | ロードバイ. 小柄で体重が軽い人でも、タイヤ指定空気圧の上限120psiとか・・・入れ過ぎな人が多い印象です。 このグラフで示された空気圧=700×25Cタイヤ使用でライダーの体重が64kgの場合、ミシュランが推奨する適正空気圧は約85psi。 Continental(コンチネンタル) GRAND PRIX 5000 グランプリ5000 (700×25c) [並行輸入品], GP5000 CL 25C & Latex 6.9bar: 8.9Watts(CRR: 0.00267), GP5000 TL 25C 6.9bar: 8.9Watts(CRR: 0.00267). 【タイヤの科学】ロードバイクのタイヤは速く走るほど低い空気圧が良いという話 163 views 2020.07.13 2020.07.22 【パワトレ初心者向け】ロードバイクのパワートレーニングにおすすめの管理アプリ・ソフトまとめ 152 views Bicycle Tire Rolling Resistance Data 有名な ... 同モデルのクリンチャーホイールも持ってるのに、買ってしまいましたよ。USTチュー ... 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 空気圧:4.1bar、5.5bar、6.9bar、8.3barの4段階 速度:約29km/h 荷重:42.5kg(人+車体を85㎏と想定し、片輪のみのテストなので÷2) 気温:21~23℃ チューブ:Continental『Race』ブチルチューブ. コーヒー好きな医学生兼プロロードレーサー。愛三工業レーシングチーム、慶應義塾大学医学部所属。スポーツドクターになるために医学部に進学したが、国内プロになる機会をいただき、休学してプロ修行中。「目標」に向かってペダルを回す人を応援するべく、このサイトを作りました。趣味ブログやレース情報はホームページの方で書いています。, 筆者が所属する愛三工業レーシングチームは、ミズタニ自転車さんから、コンチネンタルGP5000を支給していただいています。, 結論としては、筆者が競技人生で試してきたタイヤの中で、間違いなくベストタイヤの1本に入ると思うタイヤです。今、私物でレースに出るならどのタイヤを選ぶかと聞かれたら、GP5000と答えると思います。, この記事は、昨年5月から練習・レースで2.5万kmをGP5000で走ってきた筆者による、GP5000のインプレッションです。, GP5000をこれまでに25,000km使ってきましたが、噂のサイドカットによるパンクは一度もしたことがありません。, それどころか、GP5000を使い始めた昨年5月から、普通に走っていて一度もパンクしていません。, ただ、前作のGP4000S2に比べると、タイヤのトレッドの減りが早いような感覚はあります。, GP4000S2はあまりに耐摩耗性が高いので、ホビーの方なら練習タイヤは年間1本で十分といえるくらい、後輪でも5,000キロ不安なく乗り潰せてしまうようなタイヤでした。, 筆者が実際に使ったGP5000のインジケータの様子です。2020/5/5から2か月半で約5,000km、練習タイヤとしてガンガン走りました。, 全体的に形状が台形になり、インジケータの深さも7割減ったな、という感じでしょうか。, このような突起物の食い込みもあります。練習用に使うにしてもそろそろ交換時期かなという印象です。, 実は、後輪は5月時点で不安になったので交換したのですが、前輪はまだ大丈夫そうだったので、交換しないで2月から使い続けてきました。, ローラーでメニューすることも多いので実際に9,000km走ったかは怪しいですが、8,000kmは使ったと思います。, ただ、後輪にはまだあまり見られなかった紫外線による劣化で表面がシワシワになっています。これも鑑みるとこちらもそろそろ交換ですね。, 高価格帯のレース用タイヤは、レース3本走ったらもう不安なほど食い込みが見られたり、トレッドが減ったりするものが少なくないですが、それとはくらべものにならないと思います。, そもそも決戦用として使うタイヤを練習用タイヤと同じ土俵で比べることがお門違いです。, もともとコンチネンタルのタイヤは、トレッドが硬く、路面の振動をそのまま伝えてくるような、よく言えば路面の状態が分かりやすい、悪く言えば疲れるタイヤでした。, GP5000はそうしたフィーリングを残しつつ、コツコツと角がとれた振動を伝えてくれるタイヤだと感じています。, Vittoria Corsaのような「接地していないかのようなフワフワ感」も筆者は好きなのですが、本格的な峠を下ったり、クリテリウムのようなコーナーの多いレースを走るときであればGP5000の方が安心感があります。, それでいて、転がり抵抗の測定値は最新のCorsaとチューブレスで同等、クリンチャーで低いんだから感服です。, 上の表でTLはチューブレス、TTはクリンチャーです。チューブレスのCorsaは最も転がり抵抗が小さいのですが、クリンチャーのCorsaは意外にも転がり抵抗が大きく、ランキングが下なので画面から見切れてしまっています。, また、ここにランクインしているGP5000以外のタイヤたちはいずれも、タイムトライアル用に特別トレッドを薄く作ったりして転がりを軽くしているタイヤなので、耐パンク性能は犠牲にしていると考えてよいでしょう。, GP5000のグリップは良いです。数字上、転がりは軽いのに、路面にペタっと張り付いているかのようなグリップを感じられます。, 実は一度GP5000を履いて練習中に落車したことがあるのですが、それは林道でコーナー出口が急にグラベルになっていてグリップを失ったもので、舗装路面では全く不安なくグリップしてくれています。, 中でも特筆すべきは雨天時のグリップで、GP5000を履いているとしっかりとタイヤが路面の凹凸を捉えているという安心感があります。, 筆者が2020年2月に出場したアジア最高峰のステージレース「ツールドランカウイ」では、全日GP5000で走り、グリップの安心感があったので集団内で余裕をもって位置どることができました。, 正直言って、レース用タイヤの位置づけで、転がりが軽くグリップもしっかりして、耐久性もあるなんて魔法の万能タイヤだと筆者は思っているので、不満な点は今のところないです。, 強いて言えば、学生に戻って私物として買うなら、レース用タイヤなので値段がそこそこに張ることでしょうか。, それでも、レース用として使うなら1シーズン前後輪1本ずつで足りると思うので、コスパは良いと思います。, ロードレースやブルべ、ロングライド、練習でもレースと同じタイヤを使いたい人、どんな人にでもおすすめできます。, ただ、ヒルクライムとタイムトライアルに関しては、もっと耐パンクを犠牲にしてもいいから転がり抵抗を削減したいという方は別のタイヤをおすすめします。, 2020/7/14、GP5000のツールドフランスのスペシャルエディションが発表されました。, GP5000の耐パンクベルトである「Vectran」をサイドウォールにも配置し、噂されているサイドカットのリスク(筆者は感じていませんが)を抑えることができます。, 価格は9,000円(税抜)とお高めですが、サイドカットが怖い人は、こちらを購入してみたら良いと思います。, こちらの記事でも書いたのですが、まさにGP5000は最強のオールラウンドタイヤで、2020年現在このタイヤの右に出るものはいないと言って良いです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, これまでの記事で、「本当に速いタイヤの条件とはなにか?」について分かったと思います。今回の記事では、その条件にもとづいて、2020年本当に選ぶべきおすすめのロードバイクタイヤを目的別にご紹介します。, GP5000 TdF リミテッドエディション 発表されました | ミズタニ自転車株式会社, MIZUTANIは常にグローバルな視点から未来を見つめこれからの人間社会にふさわしい新に豊かなライフスタイルを提案していきます。, ロードバイクで走るとき、スピードが速いほど、空気圧を高めた方が楽に走れそうじゃないですか?しかし実は逆で、速く走るほど、空気圧は下げるべきです。データサイエンスに基づいて、ロードバイクの最適な空気圧について解説します!, ロードバイクのタイヤの選び方で迷っていますか?この記事を読めば、2020年最新の、ロードバイクのタイヤの選び方の全てがわかります。有名ライダーのインプレや評判の整理でなく、タイヤという機材を「科学的」に検証して、選び方を解説しています。, Zwiftや室内ローラー練習を行う方に紹介したい製品があります。レックマウントプラスのインドアワークアウトブラケットです。筆者も使用してみましたが、一度使うとない生活には戻れなくなるほど便利な製品だと感じました。ぜひチェックしてみてください。, 筆者が所属する愛三工業レーシングチームがサポートを受けているDefeet社のエアロソックス、Evo Disruptorをインプレッションしています。, 【夏に備える】水よりもスポーツドリンクを飲んだ方が良い理由とその他豆知識を医学で解説, 【パワーデータ分析】東日本ロードクラシックday2,3の似て非なるゴールスプリント, 【ローラーが快適!】レックマウントプラスのインドアワークアウトブラケットがすごい。, 【ライバルと差をつける】ロードバイクのパワートレーニングの効果をもう一段上げるデータ活用術とは?, 【ロードバイク乗りは知るべき】筋トレで体重を増やさないでパフォーマンスを向上させた実験結果, 【普通に履けるエアロソックス】Defeet Evo Disruptorをプロ選手目線でインプレッション, 転がり抵抗の測定値は最新のCorsaとチューブレスで同等、クリンチャーで低いんだから感服, 【パワトレ初心者向け】ロードバイクのパワートレーニングにおすすめの管理アプリ・ソフトまとめ, https://www.bicyclerollingresistance.com/road-bike-reviews. 耐パンクの実験方法. 空気圧:4.1bar、5.5bar、6.9bar、8.3barの4段階 速度:約29km/h 荷重:42.5kg(人+車体を85㎏と想定し、片輪のみのテストなので÷2) 気温:21~23℃ チューブ:Continental『Race』ブチルチューブ.

Fgo 13節 ループ 22, 振り返れば奴がいる 司馬 死んだ 19, 弱虫ペダル 実写 ドラマ キャスト 19, 東北 ろうきん お盆 休み 5, マキタ 高圧洗浄機 故障 6, 退職 挨拶 パート 6, 別の人の彼女になっ たよ Pv 女優 40, マルモのおきて ムック 生きてる 7, 天才てれび くん Hello メンバー 33, 晴海 タワーマンション 中古 5, バルサン 網戸に塗る虫よけ 口コミ 8, ゼノブレイド2 ヒカリ フィギュア 再販 21, タオバオ 住所登録 日本 25, 三田線 新型車両 デザイン 4, クリスタル ケイ 結婚 4, ブーケ 英語 発音 6, 豆柴の大群 ミユキ 兄 7, Wechat ログインできない Pc 12, ツムツム 名前 表示 5, Jkim 劇団四季 キャッツ 4, 群馬県 教員 人事異動 2020 5, Fake Town Baby Mp3 5, 低身長 病院 愛知 4, シューイチ 中丸 イラスト 9, モーニング娘 結婚 順番 4,

Leave A Response

* Denotes Required Field