長嶋 一茂 めんどくさい 4

「じゃあ、ひとくち」と我慢して頂く。, 「いや、わたし潔癖なのよ」なんて相手を汚いと言っているようなもんだし、「じゃあ、ひとくち」なんて言ってやっぱり遠慮していたなんて思われたらこの悲劇は再び繰り返される。相手が同じように潔癖症ならこんな悲劇もそもそも起きなかったはずなのにな、そう思いながら結局この2つとは全く別の「聞こえなかったふりでスルー」という一番質の悪い回避法を使うのである。(ベストアンサー募集中), 私が知人宅に訪問するときに気を付けていることがある。必ず靴下を履くということ。正直これは賛否両論あると思う。裸足だろうが靴下だろうが、どうせ靴に突っ込んだら清潔さは失われるだろうと。ただ今回は私の基準で言わせてほしい。単純に、私が他人を家に上げるとき、裸足で来てほしくない。その一点に尽きる。 なんなら訪問前にできるだけ足は洗いたいし、除菌ウェットティッシュで拭くのでも構わない。お相手のお宅に持ち込む汗や臭いはできる限りを尽くして最低限にしたい。私はただ、お相手に衛生的な部分で「うっ」と思わせることなく生きていきたいだけなのだ。(ちなみに私の家に裸足で訪問された場合、ウタマロクリーナーによる全力清掃が入ります。), これをしてしまう人の大半は「分かっているけどめんどくさい」という理由で放置しているのだろう。気持ちは分かる。否、分かるけれども分からない。「中身が腐る前にさっさと洗って分別しようぜ…。」という一言に尽きる。あんなもん放置して何の得になるのだ。臭いは充満するし、甘い飲み物だとアリが湧くし、見るだけでその先が予想出来て鳥肌が立つ。 それを何本もデスクに並べて数日放置している人を見ると、「おいおいマジかよ、勘弁してくれよ。」と泣けてきてしょうがない。, 「洗って分別するのにかかる時間30秒よ。その30秒をするかしないかであなたのデスク環境が保たれるのか劣悪になるのかが決まるのよ。」, と天の声を念として送る。念として送るにとどめるのは「そんなこといちいち言うなよ、母親じゃあるめえし」と思われたくないという気にしい成分だ。, こんな私でも動物に対してかわいいと思う愛護精神はきちんとある。猫カフェは大好きだし、飼う予定もないペットショップにふらっと寄るのはよくある休日の一コマである。 しかし、野生の動物に対しては潔癖センサーが発動する。こんなこと気になる異性の前では言いたくない。「や~ん、かわいい~」とか言って動物とじゃれあうかわいい私を見せつけたい。だがそんな愛らしい気にしいセンサーを持ってしても、管理されていない動物にはできれば近づきたくない。どんな病気を持っているかわからないから。, 仮に触ってしまったあとは、物凄い勢いで手を洗う。拭く。消毒する。そんなの見られたら幻滅されるんだろうか。, 子供の頃に“ビートたけしの家庭の医学”で観たネコひっかき病の回は未だに私の脳裏に焼き付いて離れない。あれは本当にトラウマ。, 私はタバコの臭いが全く持って駄目である。だが、それを好きだという人もいる。それに関してはどうぞご自由に吸ってくれと思う。ただこれだけは、全国のタバコの臭いが嫌いな人を代表して言いたい。, 周りの人に不快な思いをさせる吸い方はやめてくれ。 タバコはベランダで吸わないでほしい。洗濯物に臭いが移るから。, 他人のパーソナルスペースに臭いを持ち込まないでほしい。その臭いきついから。 自分の好きなものを嗜むのはいくらだって構わないけれど、その嗜み方ひとつでその人自身の品が問われることになる。そんなの嫌じゃない? 音楽が好きなのは悪いことではないけれど、毎日どでかい音量をアパートで響かせていたら超迷惑だし、映画が好きなのは悪いことではないけれど、その楽しみ方はこうあるべきと強要されたら嫌だろう。その感覚と一緒だ。好きなものは嗜み方次第で相手に不快な思いは幾らでもさせられる。 私が好きなことを嫌いな人もいる。あなたが好きなことを嫌いな人もいる。, もっと細かいことを言い出すともう本当に救いようがない。潔癖症×気にしい最強めんどくさい人間のストックはまだまだこんなもんじゃあない。, そういう人もおるんやなぁくらいでほぇ〜っと思ってもらえたらそれでいい。私の今回の目標はクリアしたと言える。, 我々は妥協するか拒絶するかその選択を日々迫られる。仲が良ければ、主張をすれば、受け入れてもらえるというものではない。そんなものは優しさの搾取だ。甘えの押し売りだ。受け入れてもらいたいのであれば、相手に「うわぁ」と思わせないように生きていくのが無難である。, それでも俺はこう生きたいのだ!!!!と思うならそれはもう己の尺度だ。どんな強欲さも受け入れてくれる人を見つけるか、共存を諦めて独りを選ぶのか。そういう悲しい選択になるのだろう。 私としては、潔癖症も気にしいも一生変わらない。妥協と拒絶を繰り返して、できる我慢はしながらも、ああもう無理と思ったら逃げる。逃げるは恥だが役に立つ、本当に。逃げることで心の平穏はいくらでも取り戻せるのだから。, そうやって許容範囲とそうでない範囲の臨界を探る毎日だ。 ただ今回文章に起こして分かったことがある。この2つのハンデを天秤にかけたとき、私の言動により影響を与える因子は潔癖症の方である。たぶん6:4で。, 適当に生きているように見えて全力です。 面倒だ Play It can wait. タレントの長嶋一茂(53)が13日、テレビ朝日「ザワつく!金曜日」(金曜後7・00)に出演。“妻にわざわざ怒られる理由”を明かした。 これまでに妻から叱られたことがあるかを問われた長嶋は「叱られない術を、俺までいくと分かっている」と自信満々で豪語。「ここまでいったら叱られる、という線引きができている。女房との距離感が」と説明。長年連れ添った経験で妻が“こう言ったら怒る”というのが分かるのだという。 さらに、「俺って、怒られて育ってきたタイプの人間。先生やコーチ、監督から怒られて人生のリズムをとってきたところがある。怒られると安心している部分がある。期待されているんだな、と。だから、怒られていないと不安になる」と苦笑。「だから、たまにママ(妻)に怒られるようにしてる」とも明かした。 この番組の収録の前日、長嶋は妻から鹿児島から来た友人とランチすると聞いていたが、その時間帯にわざと「今、どうしてる?」とLINEを送信。帰宅後、妻から「ランチって言ったじゃない!」と怒られると、長嶋は「ごめん、覚えてなかった」と謝ったのだという。「(妻に)絡みたいの。怒られたいの。わざとけしかけて、『ママ、ごめんね』って。それを年のうち3分の2ぐらいやってる」。意地の悪い笑顔を浮かべる長嶋に対し、バイオリニストの高嶋ちさ子(51)はあきれた表情で「めちゃ、面倒くさい」とバッサリ。しかし、長嶋は「今、俺オノロケで話してるのよ」とケロリ。高嶋が「ママに甘えてるんでしょ」とツッコむと「俺の中ではそんなに甘えてはいない。家庭の中では自立してると思ってるから」とまったく意に介さない様子だった。 https://news.livedoor.com/article/detail/17524845/ 2019年12月14日 9時12分 スポニチアネックス, 43キロバイト (6,107 語) - 2019年11月29日 (金) 04:52, トレンド☆ニュース速砲は、旬な芸能、社会、スポーツ等のニュースを画像を交えて毎日お届けします。

矜持 に かける 20, 携帯 小説 Pipi いちご 11, ヴィレッジ 映画 モデル 9, クレー射撃 初心者 ブログ 17, イロモネア サイレント 失格 48, 年金時代 替え歌 歌詞 6, 姫路 サバゲー ショップ 30, ダースベイダー 呼吸音 文字 7, アプリに 脅威 がある か 確認 中 です スキャン できません 4, ベル ラッパー 嫌い 6, テラ ニュース 重大発表 10, 岡山 漫画 読み放題 5, 菅田将暉 石崎ひゅーい クローバー 11, かつ やすなり 現在 4, 矢野みなみ 退社 今後 40, 走り出す瞬間 Mp3 Rar 26, 三菱商事 出張 ビジネスクラス 8, Ayako インスタ 双子 15, ダイアン 西澤 ファンレター 11, マルコ おやすみブラ 口コミ 11, 真 女神転生ii Gba 19, レ ミゼラブル 25周年記念コンサート マリウス 4,

Leave A Response

* Denotes Required Field