連射 銃 名前 16

機関銃(きかんじゅう、英: Machine gun)は、弾薬を自動的に装填しながら連続発射する銃である。略称は「機銃」、英語とドイツ語[注 1]では「MG」。, 単に機関銃といった場合には厳密にはフルサイズ[注 2]の小銃弾を断続的に発射することで戦場を広範囲に制圧できるものを指すことが一般的である。一方で、自動連射できる銃(短機関銃、アサルトライフル、自動小銃)をさして「機関銃」と呼ぶこともあり、その定義はかならずしも厳密ではない。, 射手と装填手の2人で操作するものや、射手1人で扱えるものがある。機関砲は、2人以上で運用する。弾薬の供給は、多数を帯状にしたベルトリンク方式で行われるものが多いが、数十発ほどを銃に装着するマガジン方式もある。, 機関銃には、回転式多銃身機関銃(ガトリング)、重機関銃、汎用機関銃、軽機関銃、分隊支援火器、短機関銃、アサルトライフルなど、全自動射撃が可能な銃器がすべて含まれる。しかし、狭義には持続的な制圧射撃が可能な回転式多銃身機関銃、重機関銃、軽機関銃、汎用機関銃、分隊支援火器のみを指し、短機関銃やアサルトライフルを機関銃に含めるか否かについては揺らぎがある。「小銃弾、またはそれ以上の威力の弾丸を連続して発射する銃器である」と云う定義もありうる[2]。, 機関砲と機関銃の違いの定義もまた曖昧であり、組織や時代により異なる。21世紀初頭の日本や米国では基本的には口径が20mm未満のものを機関銃と言い、20mm以上のものを機関砲と言う。日本陸軍では明治40年6月までは全て機関砲と言い、明治40年6月以降は従来の機関砲の内11mm以下のものは機関銃と改称、昭和11年1月以降はこの区分を廃止して銃か砲かは制式制定毎に決定[3]、日本海軍では40mm以上を砲、ドイツ軍では30mm以上を砲と定義していた。, 定義と同様に、この分類にも揺らぎがあり、分隊支援火器は汎用機関銃や軽機関銃との差異がそれほど明確ではない[2]。, 機関銃は、引き金を引くだけで「装填→撃発→排莢」のサイクルの繰り返しが連続して行われ、多くの機関銃ではボルト(遊底)の往復運動によってこれが実現されている。, 二脚(バイポッド)を用いて移動しながら射撃を行う軽機関銃などは直接照準(照星と照門、あるいは照準器を用いて標的を目視しながら射撃する)で射撃し、銃架を用いる重機関銃などは直接照準のほかに銃身の仰角を指定して遠距離にある一定区画を掃射する間接照準射撃が可能となる。, 1人の射手が多数の敵兵士を殺傷し得る火器である。運用は基本的に2人以上で行い、射手が発砲し、弾薬手はベルトリンク(弾帯)の保持などを行う形態が多い。歩兵部隊にとって一般的な支援火器である。, 連射し続けると銃身が過熱し、内部のライフリングが容易に磨耗してしまうため、銃身が素早く交換できるものが多い[注 3]。200-500発程度の連射で交換するのが目安とされている[2]。, 機関銃の登場、そして、機関銃を中核とした防御陣地による塹壕戦の普及によって、それまでの銃剣突撃による正面突破を主体とした歩兵戦術は無効となり、機関銃陣地の間隙に潜入してから突破することを主体とした浸透戦術や、装甲戦闘車両群を投入して穿貫突破する機甲戦へと変わっていき、更に後には空中機動作戦も行われるようになった。, 歩兵が機関銃を扱う場合は、一般的に数名程度の小班によって行なわれる。班長(指揮官)、観測員、射撃手、給弾手の4名によって使用されていた時期があったが、21世紀の現在では2名程度での運用が多い[注 4]。, ブローバック方式は反動を利用した作動方式で、銃身とボルトをロックする機構を持たないものを指す。, 各種のリコイル方式はブローバック方式から派生した反動を利用する作動方式だが、銃身とボルトをロックする機構と、その解除機構を有する点が異なっている, 機関銃はリコイル方式の考案によって実用化されたと言っても過言ではなく、第一次世界大戦までに各国で使用された機関銃の多くは、リコイル方式のものだった。実用化されたガスト式機関砲には、リコイル方式が使用されている。狭義の機関銃には含まれないが、多くの(半)自動式リボルバーもリコイル方式を採用している。, 銃身から発射ガスの一部をガスポートを通して取り出してガスシリンダーに導き、ガスピストンを動かすことによって銃身とボルトのロックを解く方式で、現代の機関銃で主に使用されている方式である。, リコイル方式より優れた点が多いが、火薬の燃焼ガスを利用するため腐食が生じやすく火器の寿命が短くなる欠点があったが、弾薬が改良された20世紀後半以降は機関銃や自動小銃に広く採用されるようになった。, チェーンガンは、射撃時に発生するガスや反動を利用せず、チェーンを介して接続している外部動力でボルトを前後させ、給弾・発砲・排莢のサイクルを繰り返し連射する機関銃。不発弾が強制排出されるため、弾詰まりによる連続射撃不能になる可能性が少ない。, ガトリング砲は、銃軸の周囲に多数の銃身を配置し、外部動力でこれを回転させ、連続的に装填・発射・排莢を行う構造を持つ(ガス圧作動方式による自力駆動式も存在する)。この方式の最大の利点は、不発実包が混入していても動力で強制排除し、発砲を持続できる事である。また、銃身一本当たりの発射速度は低くて済むために火薬の燃焼と摩擦によって発生する熱で銃身が過熱しにくく、これによる部品の歪みも発生しにくいという特徴もある。ただし、必然的に使用パーツ数が単銃身タイプのものより多くなり、重量過多を招く要因となっている。, 14世紀以降、銃の速射性の向上のため様々な人物により試行錯誤が重ねられてきた。レオナルド・ダ・ヴィンチも機関銃のアイディアを書き残している。, 16世紀に技師、博学者でペルシア生まれのインド人であるファトフッラー・シラジが、砲身が17本ある黒色火薬を詰めたハンドキャノン(手銃)を発明している。イギリスではパルマーという人物が王立協会あての論文で、弾丸の発射の反動と漏れるガス圧を利用しての自動射撃の可能性について述べている。, 詳しい資料が残っている最初のものは、ロンドンの法律家ジェームズ・パックルが発明したパックルガンで、1718年5月15日「ディフェンス」という名前で特許を取得。時代を先取りした口径25.4mmのフリントロック式リヴォルヴァーカノンで、薬室の構造など具体的な説明がされている。1722年に行われた公開実射試験では7分間に63発を発射している。しかしながら、キリスト教徒には丸い弾丸、トルコ人異教徒には四角い弾丸を使用するなど現実性に乏しい部分も見られ、実際に製造されることはなかった。, 19世紀中ごろまでに数多くの連発火器や、半自動火器が登場する。ボレーガン(ミトラィユーズなど)やダブルバレルの拳銃は、銃の部品を何重にもすることに頼っていた。ペッパーボックスピストルは撃鉄を1つにしたが、銃身は複数必要であった。リボルバーはあらかじめ弾倉に弾を込めさえすれば1つの銃身で連発が可能であるが、パックルガンと同じく依然として半自動であった。, 1834年、デンマークの発明家N・J・レイプニッツが空気圧機関銃を発明する。1分間に80発の連射が可能であったが、2mのはずみ車を2つ必要とするなど、非常に大掛かりな装置であったため、実用化されることはなかった。1854年、イギリスのヘンリー・ベッセマー卿が蒸気を利用した自動後装銃の特許を取得。完全な自動装填装置を備えていたが、後に画期的な製鋼法(転炉)を発明したことにより、そちらに関心を向けるようになってしまった。, この頃までは、欧州社会を中心に機関銃が開発されていたが、騎士道精神がまだ残っていた西洋社会の中で白人同士の戦争にそれらの使用が忌避され、主に植民地の住民に対して使用された(騎士道云々ではなく、植民地の戦場では人数で圧倒的に負けていたから使わざるを得なかったともいわれる)。白人同士で最初に大々的に使用されたのは、こういった倫理的制約の薄かった新興国であるアメリカ合衆国の南北戦争からであった。機関銃の持つ軍事合理性が騎士道精神より優先された[4]。, 1861年の南北戦争の最中、セールスマンのJ・D・ミルズが、リンカーン大統領の前でユニオン・リピーティング・ガンと呼ぶ銃の実演を行った。この銃は、単一の銃身で自動連射が可能な手回し式機関銃で、1分間に最高で120発の連射が可能であった。リンカーンはコーヒーミルガンと呼び、ミルズの熱心な説得もあって、周囲の反対を押して1丁1,300ドルという高値でミルズの持っていた10丁すべてを買い取った。機関銃が販売された初めての記録である。この機関銃の開発者、起源ははっきりしたことは分かっていない。1860年-1861年にウィルソン・エージャーによって製造されたものであるとされるが、1855年には原型が製造されていた可能性がある。エージャーと共にウィリアムズ・パーマー、エドワード・ヌージェントの名前があり、銃の特許権をめぐって裁判沙汰になっていて、アメリカではこの銃の特許の記録は残っていない。イギリスではエージャーが特許を取っており、エージャーガンとして知られていた。この銃はアメリカ軍の将校により少数購入され、橋などの防衛用として投入された。初めて機関銃が戦争で使われた記録であるが、信頼性、安全性に欠けていたため評判はすこぶる悪く、1865年までにはすべて軍から払い下げられた。, 1862年11月-1863年5月の間、アメリカでの機関銃に関連する特許は80件以上に上っているが、実際に陸軍、海軍で試験されたものは7件だけであった。, この時代最も、そして、初めて成功したものはガトリング砲で、1862年にリチャード・ジョーダン・ガトリングが発明した。束ねた銃身と薬室を手動で回転させる事により次弾を装填し連射を可能にする仕組みであり、他の機関銃と比べて最も信頼性が高かった。それでも、加工精度の低い弾薬が原因ですぐに弾詰まりを起こし、軍の評価は低かった。1865年に発表されたモデル1865は大幅に信頼性が向上しており、軍は評価を改め、1866年にはアメリカ陸軍で制式採用された。海外でもイギリスが採用した他、日本、ロシア、フランスなど各国が購入するなど広まった。アメリカでは自衛団などにも配備され、鉱山会社などでは労働者のストライキや暴動対策にも使用された。, ガトリング砲やそれに類似する物は南北戦争やインディアン戦争、普仏戦争に投入されたが、機動性が悪く、少数しか投入されなかったため、有用性は認められたものの、課題も多く戦果も限定的であった。日本国内で使用された最初の機関銃はこのガトリング砲で、1868年に戊辰戦争の一局面である北越戦争で長岡藩の家老を務めていた河井継之助が初めて実戦投入した。, アメリカでは1871年にはガス圧を利用するフランスのオチキス機関銃が登場した。1884年(特許取得は1883年)には、アメリカ人のハイラム・マキシムがイギリスで、水冷・反動式のマキシム機関銃を発明し、1891年にはイギリス軍に採用された。マキシム機関銃はヴィッカース社により大量生産され、多くの国で類似品が生産された。1905年にはコルト社が空冷・ガス圧式のブローニング機関銃を生産した。これらにより、機構が複雑で、重量がかさむガトリング砲は急速に廃れていった。これには燃焼カスが大量に発生し銃身あたりの連射数の限界が低い黒色火薬・褐色火薬実包から、清掃無しでも連射数の比較的多い無煙火薬実包への切り替えも大きく寄与している。, 日露戦争では、日本軍はオチキス機関銃を「保(ホチキス)式機関砲」として採用、一方のロシア軍はマキシムPM1905重機関銃を使用した。旅順攻囲戦でロシア軍の機関銃が攻撃側の日本軍に対し圧倒的な破壊力を示した。その一方、日本側も騎兵に機関銃を携帯させ、効果的な用法を展開した。この当時は攻撃時における機関銃の運用法が確立していなかった。また、初期の機関銃は大きくて重く、三脚などの銃架に載せ3人以上で運用するもので、陣地や要塞などの防御兵器には向いていたが攻撃には不向きであった。その後、攻撃時に歩兵とともに前進し1-2人で運用できる軽機関銃が開発された。, 第一次世界大戦においても機関銃は大いに威力を発揮し、突撃する歩兵が鉄条網で足止めされたところを守備側が機関銃によって撃ち倒し、攻撃側は多数の犠牲者を出した。そのため、双方とも塹壕に篭り陣地を構築して戦線が膠着し、これが、戦車を誕生させる要因になった。また、航空機の武装としても取り入れられ、当初は地上用の改良型だったが、高い発射速度とともにより軽量で加速度のかかった状態でも確実に作動するものが求められ、同調装置が発明されるなど航空機専用のものが開発された。, 機関銃の登場によって、一人当たり発射出来る弾薬の量が飛躍的に増え、第一次世界大戦から世界的に戦場が一変した。 それまでの戦争では自動火器が普及しておらず、主力火力である小銃は、命中精度も低く、再装填に時間がかかった。 わかりやすく言えばSAM-Rのアメリカ陸軍版である。, M16をもとにした分隊支援火器も開発されており、LSW(Light Support Weapon、軽支援火器)と称される[9]。また後にコルト自動小銃 (Colt Automatic Rifle) と称されるようになった[10]。, M16の各バージョンを元にして製造されているため、数機種のバリエーションが存在する。ハンドガードが角が丸い四角形となり、下面にグリップが追加された。M16ライフルの機関部を流用して、これに肉厚のヘビー・バレルと折りたたみ式の二脚を付している。給弾は弾倉式で、標準的なSTANAG マガジンのほか、C-MAGなどのドラムマガジンも用いられる[9][10]。, なお、アメリカ海兵隊でも、同様のHBARモデルを分隊支援火器として検討したが、銃身が加熱して連続射撃ができないことが問題視され、性能試験は1977年に中止された[8]。ただし海兵隊の一部では運用されているほか、中南米や中東諸国の一部でも採用されている。またディマコ社での生産分はカナダ軍で採用された[10]。, M231 FPWは、M2/M3ブラッドレーのガンポートで使用するために開発された小銃[8]。, M16A1を元にしているが、射撃はフルオート以外不可能で、作動方式はオープンボルト、照準器やストックは取り外されている。当初は、緊急時に車外で使用するための伸縮式ワイヤー・ストックを装備する計画もあったが、実現しなかった[8]。, 狙って当てるようなものではなく、あくまでも弾幕を展開することにより敵歩兵から車両を防御することを狙ったものである。弾薬には曳光弾を使用し、射撃時にはガンポートの上に設けられた窓から、その弾道を目視して射線を調整する[8]。, AR-15は、M16がアーマライトで開発された時の製品名。制式採用前はAR-15(モデル No.602)としてアメリカ政府に納入された。現在は各銃器メーカーが販売するセミオートのみの民間版にこの名称が使用されている。, 民間版のAR-15はM16からフルオート機構を削除した以外は基本的に構造は同じで、外観はM16/M4の各バリエーションに準じたものがある。また、標的射撃用にはフローティングマウント化したヘビーバレルやハンドガードを採用し、スコープ装着のためフロントサイトを省略したモデルもある。フルオート用トリガーブロックを組み込む違法改造防止のため、レシーバー内の部品構成や配置はM16と意図的に変えている。, ブッシュマスター社やオリンピック・アームズ社などは銃身を極端に短くし、ストックを取り去ったピストルモデルを製品化している。これらは特殊部隊用にサブマシンガン化したM16に倣ったものだが、精度に関しては当然ライフルサイズに比べて劣る上、場合によっては動作に悪影響を与えるデザインを行っている場合もある。, コルト社はアサルトライフル販売規制による市場イメージを考慮し、製品名をAR-15からコルトスポーター、コルトマッチターゲットなどに変更した。コルト社以外にもアーマライト社(M15)やナイツアーマメント社(SR-15)、ブッシュマスター社(XM-15)など大多数の会社が類似製品を販売しており、一部についてコルト社はライセンス侵害を訴えている。, 殺傷力が高く、入手が容易でカスタマイズも可能であることから[11]、アメリカ国内で多発するスクールシューティングの多くで、犯人がAR-15を凶器に使用している(オーロラ銃乱射事件、サンディフック小学校銃乱射事件、サンバーナーディーノ銃乱射事件、ラスベガス銃乱射事件、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校銃乱射事件など)[12]。, 2019年、コルト社は高出力の半自動銃への需要が低迷し、供給過多の状態になっているとしてAR-15の消費者向け製造をやめると発表した[13]。, M16は、コルト社や同社の委託でGM社やH&R社が生産し、アメリカ軍に納入していたが、コルト社の経営危機により製造権がアメリカ政府に移り、現在ではFN社が主に生産している。コルト社はM4を受注しているものの、国内では生産しておらず、カナダ・コルト(米国コルト社に買収された旧ディマコ社)がM16A2に相当するC7と、M4に相当するC8を生産し、制式採用しているカナダ軍に納入している。, M16の後継機種としては、多くの候補が提案・検討されてきた。そもそもアメリカ陸軍では、上記の通り、M16はフレシェット弾を使用する新型歩兵火器(SPIW)の完成までの暫定策としての性格もあったが、SPIWの開発は頓挫した。また海兵隊はストーナー63をM16の後継として試用したが、採用はされなかった[14]。, 1986年からは未来型戦闘ライフル(ACR)の計画が開始された。SPIWで検討されたようなAAI社のフレシェット・ライフルやH&K G11、シュタイヤー社のフレシェット・ライフル、ストーナー率いるAres社の先進個人武器システム、そしてM16A2E2が検討の俎上にのぼったが、結局いずれも多くの問題を抱えているうえに現用火器を凌駕する性能は得られないことが判明し、計画自体が中止された[14]。, 1990年代末には個人戦闘兵器(OICW)計画がスタートした。これは銃本体に連装式グレネードランチャーや電子スコープのモジュールを一体化しており、H&K社はXM29を開発していた。しかし複雑さや重量過多、予算超過が問題になり、2004年に開発中止となった[14]。, 続いて、H&K社はXM8を提案した。これは部品を交換することでライフル、カービン、コンパクト・カービン、オートマチック・ライフルに組み替えられるのがセールスポイントだったが、やはり現用火器に対する優位性が薄いとして、採用目前の2005年にキャンセルされた[14]。, 新要求仕様に基づき、現在M16を製造するFN社は、すでにアメリカ軍特殊部隊向けの導入が決定している、モジュールの組替えにより歩兵用アサルトライフルにも分隊支援火器にもなり、5.56mmと7.62mmの口径バリエーションを備えるSCAR-L/H(Special Forces Combat Assault Rifle-Light/Heavy respectively)を提案している。, 一方、H&K社もSCAR同様の口径バリエーションを備え、一部特殊部隊向けに納入実績のあるHK416/HK417で対抗する動きがある。, 次期制式ライフルが5.56mmを踏襲するのか新弾薬の6.8×43mm SPCへ移行するのかも未決定であるため、これらの候補は6.8mmモデルも前提に設計されている(2005年10月時点)。, 民間人の銃砲所持に規制の多い日本だが、M16の民間版の所持は現在できない。しかし規制強化前に6mm口径に改造されたAR-15が狩猟用途で少量輸入されている。現在これらは既に許可された人の更新は許されるものの、新規の所持は認められないため、所持者の引退に伴い順次廃銃になる運命である。なお、狩猟用途でライフル所持許可を取得するには銃砲所持許可を取得し猟銃(散弾銃や競技用ライフル銃など)を10年間継続所持する必要がある。, アメリカには「玩具メーカーであるマテル社製のM16が存在する」という噂がある。 バービー人形やモデルガンで有名なマテル社が、ベトナム戦争時にコルト社の委託でM16を生産していた、またはグリップやストックなどのプラスチック部品を生産していたというもので事実無根だが、配備当時は珍しかったプラスチックとアルミを多用し、それまでの小銃より小振りで安っぽい印象のあったM16を、兵士が「マテルの玩具」(Mattel toy)と揶揄した事や、コルト社が自動車メーカーのゼネラルモーターズ(GM)などに生産委託していたことが噂の発端とされる。実際マテル社はM16のトイガンを販売しており、映画『グリーン・ベレー』では、これを木に叩きつけて折ってしまうシーンがある。また『フルメタル・ジャケット』の原作では、海兵隊兵士がM16を「マテル」と呼んでいる。, ライバルといえるAK-47シリーズに比較すると、(とくに過酷な条件において)性能に難点があることや販売・流通にある程度の規制があることなどから、民兵組織においてM16が主力として使用されているケースは多くない(アンゴラのUNITAやコロンビアのコロンビア自警軍連合のように、親欧米の右派勢力であってもAKをはじめとする旧東側製の装備が中心の組織が多い)。しかし、1970年代後半から1980年代にかけて統一ベトナムが旧南ベトナム陸軍や米軍から接収していたM16をチリやニカラグア、エルサルバドルの反政府勢力に供給した例があるように[15]、東南アジアや中南米の一部などM16が多く闇市場に流れている地域があるほか、アメリカ国内より違法に密輸されたりするケースもあり、IRA暫定派(アーマライト AR-18と共に使用された)、カレン民族解放軍、モン・タイ軍、レバノン軍団、新人民軍、ヒズボラ、ハマス、メキシコの麻薬組織などでM16やそのファミリー、およびCQなどのクローンが使用されているとみられる。, ミャンマーのアラカン・ロヒンギャ救世軍は、マークにM16の図柄(英語版参照)を採用している。, なぜアメリカの銃乱射事件では、AR-15が使用されるのか —— 専門家が指摘する2つの理由, TM-9-1005-249-10 Operator's Manual For M16, M16A1, FM 3-22.9 RIFLE MARKSMANSHIP M16A1, M16A2/3, M16A4 and M4 CARBINE, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=M16自動小銃&oldid=80417139, フロントハンドガードを三角断面の左右分割形状から、円断面の上下分割形状に変更。上下対称形のため、ハンドガードに左右で別形状の部品を必要としたM16(A1)よりも部品の種類がひとつ減ることになる。材質もナイロン系の高強度プラスチックに変更された。, カートリッジ・ディフレクター(排莢反射突起)の追加:排莢孔後方に突起を付すことで、排出された空, 弾薬の節約及び点射による命中精度向上のため、フルオート機構から3点バースト(3点射)機構に変更した。.

Bts Youtube 公式アカウント 12, 氷点 ドラマ 動画 44, 本 多 忠勝 辞世の句 10, 子供 性格 占い 5, Jcom キッズステーション 見れない 4, 米津玄師 ライブ 札幌 コロナ 7, 武尊 モテ る 50, にっしー ライブ 2020 4, 武尊 モテ る 50, 中島健人 身長 シークレットブーツ 15, 軽井沢別荘 デザイナーズ 中古 5, パワプロ 絆 ノア 5, トライアル セルフレジ 年齢確認 4, 結城友奈は勇者である ネタバレ 最終回 4, 格付け 伊東四朗 いない 39, ハケンの品格 2話 動画 31, Jr 東日本 情報システム 難易度 9, 半沢直樹 Dailymotion 10 4, Saki 20 Zip 34, セットバック 整形 リスク 8, すまたん 森 いない理由 4, 嵐山 コンビ Bl小説 激 ピンク 58, 茨城県 お笑いライブ 2020 4, イ ユビ 熱愛 6, 北照高校 野球部 マネージャー 5, どのように社会に貢献する か 大学 7, 星野源 結婚 近い 25, 岡崎 仲良し レスター 4, Alport 症候群 ゴロ 24,

Leave A Response

* Denotes Required Field