日本 キャッシュレス比率 最新

まずは、このようなデータがどのように算出され、比較できるのかについて理解していきましょう。, キャッシュレス化において遅れをとっていると言われている日本ですが、海外に目を向けてみると、どれぐらいのキャッシュレス決済比率になっているのでしょうか。, 【引用】経済産業省:キャッシュレス・ビジョン 図表4 各国のキャッシュレス決済比率の状況(2015年), 2015年時点のデータから算出された各国のキャッシュレス決済比率では、韓国が89.1%に達しており、際立った進展を見せています。 日本は現金決済が中心でしたが、近年徐々にクレジットカードや電子マネーを使用できる場所が増え、使用割合も増えてきていることは実感されていると思います。 しかし、それでも日本のキャッシュレス比率は最新のデータ(※注)だと 約20% です。 2008年から2016年の8年間でキャッシュレス支払い比率が約8%上昇しました。 考えられる上昇要因は.

日本のキャッシュレス支払比率はまだ高いとは言えない。 一般社団法人キャッシュレス推進協会が2019年4月に発表した「キャッシュレス・ロードマップ2019」より。 PwCのレポートの中にはないが、日本のキャッシュレス普及の現状はどの …

Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. キャッシュレスがなぜ日本で遅れるのか?キャッシュレス化が進まない理由を世界のキャッシュレス決済比率と比較して検証。急務であるインバウンド対策を踏まえて、今後加速すると予想されるキャッシュレス化の現状について解説します。

日本政府は、2025年の大阪万博までに、国内のキャッシュレス決済比率を40%とする目標を掲げています。事実、2019年までのキャッシュレス決済比率を計算すると、約27%にまで達したという報告もあります。 キャッシュレス化はサービス業の無人化も推進 経済産業省の「キャッシュレスビジョン2019」 (7mb)によると、日本はキャッシュレス比率を2025年までに40%にする目標を掲げている。しかし、現状は19.8%(2016年)にとどまる。 経済産業省の発表データ(2018年4月)によると、日本のキャッシュレス比率は18.4%であり、主要各国よりもキャッシュレス化が遅れているため、政府は、消費税増税に伴うポイント還元制度でキャッシュを推進しようとしています。, ところが、金融庁の試算(2018年11月)によると、口座振替・銀行振込まで含めたキャッシュレス比率は普及率54.4%であり、半分を超えているという結果が出ています。, 日本は本当にキャッシュレス後進国なのか、今後、どうあるべきなのか、探っていきます。, 経済産業省から発表された日本のキャッシュレス比率18.4%という数字。国際的に見ても、かなりの低水準といえます。, ただ、データから算出された数字を表面的に見るだけでは、本質的な部分を掴むことは難しいと考えられます。 ここでは、キャッシュレス化によってどのようなメリットがあるのか、逆に推進しないとどのようなデメリットがあるのかを見ていきましょう。, 世界的なトレンドとしては、キャッシュレス化が進展していることは変わりありません。日本以外の多くの先進国では、キャッシュレスが当たり前になっており、日本へのインバウンド消費を考えると、キャッシュレス推進の重要性が浮かび上がります。, また、キャッシュレス化の遅延によって、社会インフラやキャッシュレス技術、国民のデジタルリテラシーなど、あらゆる局面で日本が遅れを取っていくことになります。, 現金は、現物の通貨を発行するコスト、輸送コストを筆頭に、決済でのやり取り、売上げの集計など、さまざまな側面で非効率さが指摘されています。, キャッシュレスによって、それらを自動化・効率化することによって、労働生産性をあげることに繋がります。, 経済産業省では、キャッシュレス決済比率を80%にまで引き上げる目標を掲げていましたが、重要なのは数字だけではなく、実態にもあります。, 今回、似たようなデータを2種類紹介しましたが、データの取り方や作成者の思惑によって、統計の解釈は左右され、値は大きく異なります。

ちなみに他国では値が大きく出やすいコーポレートカードは含まれています。, 「分母」においては、電気・ガス・水道などの光熱費や住居費用といった消費の1/4を占めるとされるものが含まれています。

日本のキャッシュレス決済比率は約20%にとどまっているが、主要各国では40%~60%台。 キャッシュレス決済比率を2025年までに4割程度、将来的には世界最高水準の80%を目指す。 「成長戦略 …

また、「持家の帰属家賃」(持家を借家と皆した場合に支払われるである家賃のこと)も含まれており、50兆円分あるといわれています。, このような点から、分母が大きくなりやすく、分子が小さくなりやすいデータであることが伺えます。そのため、日本のキャッシュレス決済比率18.4%という数字には、議論の余地があります。, 日本のキャッシュレス決済比率18.4%という数字は経済産業省が算出したデータですが、論点も多分に含まれており、真正面から肯定できるわけではありません。 日本のキャッシュレス決済比率は約20%にとどまっているが、主要各国では40%~60%台。 キャッシュレス決済比率を2025年までに4割程度、将来的には世界最高水準の80%を目指す。 「成長戦略 … また、数千円〜数10万円といった範囲だとクレジット・銀行振込が多いといわれています。, この背景には、キャッシュレスが使えるお店が少ないなどが挙げられ、日常的な消費をキャッシュレス化していく上で、改善点としてみなされています。, 「キャッシュレス化」には、「そもそも論」として、「キャッシュレスは推進すべきなのか?」という論点も残っています。

また、キャッシュレス大国の中国では60.0%、それに続く形で、カナダ55.4%、イギリス54.9%、アメリカ45.0%となっています。, こうしてみると先進国の中でも、日本の18.4%というキャッシュレス決済の普及率は極めて低いことが伺えます。同水準の先進国としては、ドイツの14.9%だけとなっています。, 世界的に見ても、キャッシュレス決済比率が40~60%に到達しており、日本が相対的に低い水準にあることが考えられます。, そして、政府としては、「未来投資戦略2017」において、キャッシュレス決済比率40%、将来的には世界最高水準の80%を目指すという目標を掲げています。, 重要なトピックである「キャッシュレス決済比率」ですが、この数値はどのような計算式で算出されるのでしょうか?, 漠然と考えれば「全決済におけるキャッシュレス決済の割合」と説明することもできますが、何を「決済」および「キャッシュレス決済」と定義するのかによっても解釈に違いが生まれます。, 経済産業省が定義したキャッシュレス決済比率の算出方法としては、以下のような定義がなされています。, 分母について、 経済産業省から発表された日本のキャッシュレス比率18.4%という数字。国際的に見ても、かなりの低水準といえます。 ただ、データから算出された数字を表面的に見るだけでは、本質的な部分を掴むことは難しいと考えられます。 まずは、このようなデータがどのように算出され、比較できるのかについて理解していきましょう。 キャッシュレスの定義=電子決済で現金いらず. 日本のキャッシュレス比率は約20%、大半がクレカ . 日本のキャッシュレス比率 .

デジタルマーケティングの最新トレンド Digital Marketing Journal, FinTechの浸透によって金融業界に限らず、デジタルマーケティングにも変化が起きています。その最も大きな変化の一つには、「キャッシュレス化の進行」が挙げられるでしょう。 日本は現金決済が中心でしたが、近年徐々にクレジットカードや電子マネーを使用できる場所が増え、使用割合も増えてきていることは実感されていると思います。, しかし、それでも日本のキャッシュレス比率は最新のデータ(※注)だと約20%です。中国の80%、アメリカの46%と比べると日本のキャッシュレス化は遅れていると言わざるを得ません。, 筆者は上海出身ですので、まずは現在の中国・上海のキャッシュレス事情について紹介します。そしてキャッシュレスにより、デジタルマーケティングはどのように変化していくのを分析したいと思います。, ※注: 平成30年4月 経済産業省「キャッシュレス・ビジョン」より 、中国に関しては Better Than Cash Alliance のレポートより, 中国ではスマートフォンのQRコードで決済するキャッシュレス経済が浸透し、むしろ現金での支払いを拒否するお店が増えてきています。あるいは現金で払えたとしてもお釣りをもらえないということがよくあります。中国でのキャッシュレス経済の浸透が目に見える例は、かつて街中にあったATMの激減でしょう。, キャッシュレス経済は単にお店で現金なしで支払うという意味だけでなく、小売、ケータリング、商業施設のみならず公共サービスなど、人々の生活に様々な影響を与えることになります。, なお、中国発の「WeChat Pay」は香港、タイ、また日本でも大規模な広告を出しています。みなさんも目にしたことがあるのではないでしょうか。, 現在上海においてほとんどの場所でQRコードの支払いが可能です。 街の屋台からシェアバイクまでスマートフォンで気軽に支払いができ、警察の罰金すらもスマートフォンで支払いができると言うと、大抵の日本の方には驚かれます。, 上海では、スマートフォンを持っていれば、財布が必要ありません。上海ではもはや現金を使う人が珍しがられる状況です。, また、上海では、レストランやスーパーなどがオムニチャネルとしてもかなり活用されています。 QRコードを読み込むとWeChatでのフォローを求められ、フォローするとクーポン券やイベント、プロモーション情報が配信されてきます。企業はQRコードをフックにオンラインに誘導し、SNSを最大限活用しています。, KFC、McDonaldなどでは、アプリを使って事前に食べ物を注文しておくことで、お店で並ぶことなく、注文の品をすぐに受け取ることができます。, レストランのテーブルにはQRコードが配置され、客はスキャンして料理を注文し、食べ終わったらそのままオンラインで支払いできます。, これまで客はピーク時間帯での人手不足による注文・配膳の遅れ、狭いスペースでの支払い待ちなどを強いられることが多くありました。しかしこの注文や支払いの方式が変わった今では、客は素早く、良い食事体験を得ています。 「リモートオーダー」や「セルフオーダー」により、セルフサービスで効率的な注文と支払いが実現出来ています。, ・WeChatの光熱費機能を使用することにより、電気代や水道費など全ての生活費用をキャッシュレスで支払うことができます。, ・タクシーやバス、シェアバイクなどの移動手段は、全てQRコードをスキャンすることで支払うことができます。, これまでは店頭で長い行列に並び、現金で支払いをしていましたが、公共サービスのキャッシュレス化によって人々の生活の質が向上しています。特に、公共サービスのキャッシュレス化は日本では考えにくいのではないでしょうか。, スーパーやコンビニ、ショッピングモールでもQRコードをスキャンし、プロモーションやクーポン情報を得て、セルフチェックアウトで支払いができます。もう長い行列に並び、待つ必要は一切ありません。 人々はWeChat会員のサービスを通じて最新のマーケティングプロモーションにより、必要な情報をすばやく入手し、それらを利用しています。, 「キャッシュレス化」により日常の買い物から、光熱費、レジャー、外食、移動など全ての消費体験がデータ化され、それは個人のIDにひも付いた状態になっています。例えて言えば、デジタル化されたデータが人々の生活を覆っていると表現できるかもしれません。, 今ではサービスが「すばやく」「滑らか」に、「個人」「私だけ」に合わせてくれ、結果として生活のストレスがなくなり、生活の質が向上しています。 中国でのUXを研究するビービットは、こうした現象を「デジタルオーバーラッピング」と呼んでいます。, キャッシュレス化が進み、デジタルオーバーラッピングされることで、消費者が求めるものは突き詰めると「自分(消費者自身)がほしいもの」になります。 つまるところ、企業が一番重要視すべきは「消費者を理解する」ことになるでしょう。, あらゆるサービスや製品がアップグレードされた現代では、低価格/高価格、低機能/高機能という比較表現は、もはや企業や社会が決めるものではなく、「その人個人が、受け止める価値として決める」状況になっています。 「消費者が価値として求めるもの」に、「企業が価値を提供」出来なければ、そのサービスや製品は選択されません。, キャッシュレス化で処理される膨大なビッグデータは、AIや機械が自動的に分析します。企業・人(あるいはAIかもしれません)は分析結果を元にマーケティングに関する施策や意思決定を行うことができます。 これらのデータを複数のチャネルに展開していくコミュニケーションは、デジタルマーケティング戦略で必要不可欠でしょう。, ビル・ゲイツ曰く「私たちはいつも、今後数年で起こる変化を過大評価し、今後10年で起こる変化を過小評価してしまう。無為に過ごしてはいけないんだ。」, 日本政府は2020年までにキャッシュレス比率を、2倍の40%とする方針を立てています。こと日本においてもキャッシュレス化における膨大なデータ処理に合わせたデジタルマーケティング戦略を打ち立てていくべきでしょう。, 中国の80%、アメリカの46%と比べると日本のキャッシュレス化は遅れていると言わざるを得ません。, 上海では、レストランやスーパーなどがオムニチャネルとしてもかなり活用されています。, 「消費者が価値として求めるもの」に、「企業が価値を提供」出来なければ、そのサービスや製品は選択されません。, これらのデータを複数のチャネルに展開していくコミュニケーションは、デジタルマーケティング戦略で必要不可欠でしょう。, マーケティングテクノロジーロードマップを描くための「6」ステップ【Martechレポート】, マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2018公開 12分野485製品(前年比178%)・サービスを掲載, デジタルマーケティングジャーナル Digital Marketing Journal. PwCが発表した調査レポート「It’s time for a consumer-centred metric: introducing ‘return on experience’」より。, 日本はキャッシュレス決済後進国である——。PwCが発表したレポート「Global Consumer Insights Survey 2019」 に、その事実を痛感させられるデータがある。, いま、東南アジアにおいて、急速にモバイル決済サービス(キャッシュレス決済サービス)が普及している。上の図は、2017年と2018年のサービス普及率を比較したものだ(図では表記が2018年と2019年となっているが、それぞれ2018年3月と2019年3月にPwCが調査結果をまとめた)。, すでに、多くのアジアの国々でモバイル決済サービスの普及率が軒並み40%を超える。とくにベトナムで普及スピードが速い。わずか1年間で普及率は前年から24ポイントも伸び、61%となった。, 一方、日本政府は、後述のとおり2025年までにキャッシュレス普及率が40%に到達することを目標に掲げている。, ベトナム・ホーチミンのカフェ。様々なスマホ決済サービスのQRコードが並ぶ(2018年12月31日撮影)。, ベトナムは現在、日本と同様、キャッシュレス決済サービスの覇権争いが激しくなっている。ITサービス会社発のアプリ「momo」、「Grab Pay」や「Zalo Pay」、携帯電話会社発の決済アプリ「Viettel Pay」などに加え、銀行発のアプリなどが乱立している。, ホーチミン在住の28歳のベトナム人女性は、主要な決済アプリはどれも使っているという。「その時々によって、アプリを使った割引きキャンペーンがあるので、使い分けています」(同女性), 日本でこの半年で繰り広げられた光景と強い既視感を感じるコメントだ。もちろん決済アプリだけではなく、クレジットカードを使う人もいる。ただ、この急激な普及の背景には、スマホを通じた決済アプリの普及が一役買っていそうだ。, 様々なスマホ決済サービスのQRコードが並ぶタイ・プーケットのカフェ(2018年8月14日撮影)。, 前年から19ポイント上昇し、普及率67%のタイもキャッシュレスの熱量の高い地域だ。タイではLINE PayやBlue Payなどのスマホ決済や、ベトナムと同じく銀行アプリの利用が増えているという。, バンコク在住の31歳のタイ人男性は、「マクドナルドとかで食事する時は支払いにLINE Payを使っています。電気代とか公共料金はバンコク銀行のアプリで支払っていますね」と話す。, 一般社団法人キャッシュレス推進協会が2019年4月に発表した「キャッシュレス・ロードマップ2019」より。, 一般社団法人キャッシュレス推進協議会が2019年4月に発表した「キャッシュレス・ロードマップ2019」の中で、キャッシュレス支払い比率は、2017年で21.3%とまだ低く、内訳の9割がクレジットカードだ。「2025年までに比率40%を目標とする」(2018年に経産省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」より)と紹介しているが、まだまだ道のりは長そうだ。, ただ、2018年は、キャッシュレス決済元年、スマホ決済元年だったといえるくらい、一気にキャッシュレスサービスの種類が増えた。各社、大盤振る舞いのキャンペーンを乱発したことで、認知度は急激に高まっているが、まだ日本中どこでも使える、という状況には程遠い。, 果たして、2020年の東京五輪の時点で、日本はどこまで「キャッシュレス」になれているのか。日本が東南アジアの国々のスピード感に劣らず、キャッシュレス促進に邁進できるのか。政府、民間企業をあげた国としての取り組みに注目だ。, LINE Payの「“送金”300億円祭」の裏にあるしたたかさ ── 5月20日開始、一人あたり1000円相当, Go To トラベル「キャンセル料」は本当に無料? 実際に旅行を中止して、楽天トラベルに聞いてみた, アップルがApp Store手数料を条件付きで減額…エピックとスポティファイが激怒, 米ニューヨーク市、新型コロナで死亡した600人以上の遺体が8カ月経っても冷蔵トラックに, イケアが「小さな住宅」を製作…持続可能性をテーマにしたタイニー・ホームを見てみよう, 補償は一律40万円、東京都が飲食店に営業短縮を再要請。11月28日から3週間「不要不急の外出控えて」, 2020年12月、木星と土星が800年ぶりに最接近…まるで「二重惑星」のように。次は60年後, ドイツ政府、国民に「怠惰になって」と呼びかけ…COVID-19拡大防止の広告キャンペーン, 車選びとPC選びは似ている——プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏に聞く「ノートPCの選び方」, 小売再生のカギは販売員の革新。ストーリーとミッション語れる人材の育成を【b8ta Japan代表×軍地彩弓】, アレクサへの質問は「今何時?」から「今日は何曜日?」に変わった…パンデミックでスマートスピーカーの利用が増加, コロナ失業は増えるも未経験の求人は減少……。緊急アンケート「雇用の不安」感じていますか?, 【佐藤優】「フェイクの個性に惑わされるな」悩む前に知っておきたい「自分らしさ」の本質, 「ありがとう」からはじめる組織改善。ポジティブ・フィードバックでカルチャーを変える, 東大合格を目指すAI「東ロボくん」主導者が持つ危機感とは——現代人は「読解力」が足りない, Copyright © 2020 Mediagene Inc. All rights reserved.

脳血管障害 英語 略 7, Pso2es クラス 変更 21, 東京ガス 生活まわり駆けつけサービス 評判 5, 恋人よ 歌詞 日本語 4, 補導 され すぎると 13, Pc マイク 自作 41, 北千住 テナント エステ 15, 小栗旬 娘 学校 7, 吉祥天女 薬師寺 拝観 6, 飛び込み営業 コツ 女性 54, ブーケ 英語 発音 6, 木下優樹菜 実家 金町 14, Gu 再入荷 どれくらい 28, 竹田の子守唄 楽譜 篠笛 4, グランドセイコー スプリングドライブ 評価 6, 羽生 鈴木大介 不仲 8, Pubg 落ちる Iphone 7, メキシコ 新聞 グロ 20, ポケモン剣盾 炎上 まとめ 27, Unityエンジニア 未経験 30代 13, Zenfone Max Pro (m2 自動起動マネージャー) 19, 食品卸 ランキング 日本アクセス 5, 愛す Mv 考察 5, 卓球 接着剤 打球感 11, 快適生活 マスク 高い 10, 古典 助動詞 問題 29, 渋谷ヒカリエ 香水 メンズ 4,

Leave A Response

* Denotes Required Field