慰謝料 支払い方法 振込 5

しかし正しい支払い方法を知っておかなければ、支払った後に受け取っていないと主張される可能性も考えられます。 支払う側にとっては支払いやすい方法ですが、請求者側は分割払いが終わるまで、本当に全額が支払われるのか不安に感じられるものです。, 分割払いは金銭的な負担の面から、支払う側にとって有利な方法に感じられますが、支払者側にとっても3つのデメリットがあります。 公正証書とは、万が一不払いが発生したときに、裁判などを起こすことなく支払いの強制執行が行えるようになる法的書類です。  ・不倫関係を一切続けないことを証明する記述 支払者側としては、一時的な金銭的負担が大きくなったとしても、支払う慰謝料の総額が少なくなったほうが負担が少なくなるでしょう。, 支払者が一括払いをできない場合、支払い方法として銀行融資もよく利用されます。 つまり支払いが滞った場合に、差し押さえなどによって支払われるべき金額を回収できることを証明する書類ということです。 自賠責保険に求償できる金額は、被害者へ支払った賠償金額が上限となります。そのため、加害者請求の場合も、 賠償金額が確定する示談成立後に、慰謝料が支払われます。, 自賠責保険における被害者請求とは、被害者が自ら自賠責保険に対して保険金の支払いを請求するという請求方法です。 保険会社の示談案をすべて受け入れ、賠償金額の増額交渉をしないのであれば、当然に、すぐに示談が成立します。 示談書は不倫関係の精算とともに、現金を受け取ったことの証明である領収書の意味も兼ねます。 そのような場合は、任意保険会社や自賠責保険に対し、治療費の支払いや慰謝料等の前払い・内払いを請求 していくことになります。, 自賠責保険では、被害者請求や仮渡金請求といった、保険金の全部または一部を前払いしてもらえる制度があります。 もっとも、内払いの時点では、休業損害の費目や金額は確定していないといえるため、後の示談交渉の際に、内払いされた分の休業損害について、過失割合がある場合や内払された金額が不適切であった場合には、慰謝料等で調整する必要が生じるおそれ があります。また、いつまでも内払いを受けられるわけではなく、治療期間が長くなる等して、治療の必要性が疑われる場合には、途中で打ち切られることもあります。, これまで述べてきた、慰謝料・治療費・休業損害を含む賠償金は、基本的には示談成立後に支払われます。少しでも早く賠償金を受け取りたいがために、示談成立を急いでしまう気持ちはとてもよくわかるのですが、安易に示談成立をさせないようお気を付けください。原則、示談はやり直しができないため、示談成立で確定した以上の賠償金が支払われることはありません。任意保険会社から示談交渉の際に提示される賠償金額は、相場より低い場合が多いため、安易に示談成立をさせようとすると、被害者側に不利となるおそれがあります。 ・不倫関係があったことを認める記述 1 交通事故の慰謝料や賠償金を受けとる時期について. 長年に渡る分割払いでは途中で支払われなくなるケースもあり、できる限り一括払いで支払いを行いたいものです。, 一括払いでの精算は支払いをする側にとっては一時的に高額な出費となりますが、請求者側としては1回で全額を受け取ることができ安心感があります。 ・もし不倫関係を再度行った場合は違約金を定める記述, 上記のことを証明する内容の文書を作成したら、現金の受け渡し時に支払者と請求者の両方が署名・捺印を行います。 しかしいくら安全な場所であったとしても、請求者である不倫相手の配偶者と会うことは精神的な負担となります。 慰謝料の支払い方法には一括払いと分割払いの2種類があり、受け渡しの方法も銀行振込と現金手渡しの2種類です。 しかし正しい支払い方法を知っておかなければ、支払った後に受け取っていないと主張される可能性も考えられます。 慰謝料請求 The following two tabs change content below. 交通事故に遭って加害者に慰謝料などの賠償金を請求するとき、最終的に決まった賠償金を受けとることができます。, ただ、実際に賠償金を受けとるタイミングはいつになるのか、また、支払い方法がどうなっているのか、気になっている方もおられるのではないでしょうか?, 賠償金の受け取り方は、相手に保険会社がついているかついていないかによっても異なってきます。, 今回は、交通事故の慰謝料の受取り方が銀行振込か現金払いになるのかなど、賠償金の受取方法について、解説します。, 前提として、交通事故で示談が成立したときに受け取れるお金は、慰謝料だけではなく「賠償金(示談金)」です。, 交通事故の慰謝料は精神的な損害に対する賠償金であり、相手に支払い請求できる損害の一部に過ぎません。, 実際には、加害者に対し、治療費や休業損害、逸失利益などの他の損害賠償も行うことができます。, そして、そうした損害賠償金は、加害者との示談成立後に一括して受けとることとなります。, たとえば、大きな怪我をした場合などには、治療だけでも1年以上かかり、その後の示談交渉でさらに数ヶ月かかるケースなどもありますが、最終的に示談が成立するまでは、まとまったお金を受けとることはできないことになります。, そして、このようにして示談成立後に保険会社が被害者に対して賠償金を支払う場合、支払い方法は「銀行振込」となります。, 示談書に振込先の金融機関名を指定する欄があるので、そこに希望する金融機関名と支店名、口座の種類(普通預金か当座預金かなど)、口座番号と口座名義人を記入して返送すると、指定した口座宛に定まった賠償金を振り込んでもらうことができます。, 全国の都市銀行、地方銀行、信用金庫などの金融機関を利用することができますし、ゆうちょ銀行やネット銀行も利用可能です。, そこで、賠償金を受けとりたいなら、賠償金受取り用の銀行口座を用意しておきましょう。, また、他人名義の口座では受取ができないことが普通ですので、自分名義の口座がないときには、口座を開いておく必要があります。, 未成年が被害者の場合、親名義の口座ではなく未成年者名義の口座を開いておいた方が安心です。, 次に、示談金(賠償金)が支払われる場合、一括払いになるのか分割払いになるのかという問題があります。, 相手が保険会社の場合には十分に資力がありますので、賠償金額が億単位などの高額になったとしても、「分割払いにさせてほしい」などと言われることはありません。, 定期金賠償とは、将来の介護費用を賠償してもらうケースなどにおいて、「その都度、定期的に」払ってもらう方法です。, 交通事故に遭ったときには、身体に重大な後遺障害が残り、介護が必要になるケースがあります。, たとえば、植物状態になってしまった場合や、手足が麻痺して動けなくなってしまったようなケースです。, そのような場合には、生涯にわたって介護が必要となるため、将来の介護費用が必要となります。, こうした将来介護費用も、交通事故によって発生した損害ですから、加害者に賠償請求することが認められます。, 一括払いは、生涯にわたって発生する将来介護費用を、示談時に一括で支払ってもらう方法です。, そして、将来にわたって発生する利息については、「ライプニッツ係数」という係数を使って減額するので、単純に「介護費用×平均余命の年数」で計算した金額よりは、減らされます。, 一括払いによって対応すると、実際に平均余命まで生きるかどうかは分からないので、支払いすぎになる可能性があります。, 反対に、平均余命以上に長生きしたとしても、平均余命までの分しか受け取れないことになるので、少なめになってしまいます。, このように、現実に発生する金額とはかなり異なった金額の支払いが行われることになる方法です。, これによると、ライプニッツ係数による調整は行われませんし、実際に生きた年数分の支払いを受けることになるので、現実に支出した分に近い金額が支払われることになります。, ただし、この方法によると、途中で加害者の保険会社が倒産したり、支払を拒絶したりする場合に対応できません。, 特に、被害者が若いケースなどでは、この先数十年以上の平均余命までに時勢の流れがどうなるか分からず、不安があります。, このようなこともあり、交通事故の損害賠償の現場では、多くのケースで「一括払い」が行われています。, もし、保険会社が「定期金賠償」を選択してきたら、一度、それが妥当かどうかを弁護士に相談してみた方が良いでしょう。, 交通事故の損害賠償金は「示談が成立したときに、するまで受けとれない」ことが原則ですが、例外もあります。, 交通事故でケガをすると、入院や通院などによって治療を継続するものですが、入通院の際の治療費は、加害者の保険会社から病院へ直接支払ってもらうことが多いです。, 治療費も交通事故によって発生した損害ですから、先に説明した賠償金支払いのルール(示談成立時にまとめて支払う)によると、交通事故の示談が成立するまで受けとれないように思えます。, しかし、治療費については、任意保険会社が一括対応することにより、自賠責保険から直接病院へ通院日数分、かかった費用を支払ってもらえるケースが多く、その場合、被害者は自分で病院に治療費を支払う必要がありません。, この場合、示談成立前の段階で、通院期間分の治療費についてのみ、加害者から先払いを受けていることになります。, ただし、被害者が通院治療を受けるとき、必ずしも治療費を直接払いしてもらえるケースばかりではありません。, 治療期間が長くなってくると、加害者の保険会社は治療費の支払いを打ち切ってしまうことがあるからです。, その場合には、被害者が自分で病院に治療費を支払って、通院を継続しなければなりません。, これについては、原則に戻り、加害者の保険会社と示談交渉が成立したときに、慰謝料などの他の賠償金とともに、まとめて受けとることができます。, そこで、通院途中で加害者の保険会社が治療費を打ち切り、症状固定まで自分で治療費を支払って通院した場合には、いついくらの治療費を立て替えたかを証明するため、きちんと診療報酬の明細書を保管しておくことが重要です。, 同時に、公共交通機関や自動車で通院をした場合には、通院交通費も請求することができるので、たとえば高速道路の料金や駐車場代の領収証や記録もきっちりとっておきましょう。, 「賠償金は、示談が成立したときに一括で受けとる」という原則に対する例外の2つ目が、被害者請求です。, 被害者請求とは、被害者が直接加害者の自賠責保険や共済に対して賠償金の請求をする方法です。, このとき、病院から後遺障害診断書を受け取り、被害者が自賠責保険や共済に直接後遺障害認定の請求を行う事で、保険金を受けとる方法が被害者請求となります。, 被害者請求で相手の保険会社や共済組合に直接保険金を請求すると、自賠責保険や共済から、決まった保険金の支払いが行われます。, このときには、相手の任意保険会社との示談が成立していなくても、自賠責保険から先にお金が支払われます。, 被害者請求を行い、自賠責から先に後遺傷害部分についての保険金などを受けとった場合、最終的に任意保険会社と示談するとき、どのように考慮されるのでしょうか?, この場合、自賠責からの保険金を無視して、任意保険会社からも後遺障害についての慰謝料や逸失利益を受け取れるとすると、被害者は、賠償金を「二重取り」してしまうことになります。, そこで、先に自賠責保険や共済から支払いを受けていたときには、最終的な示談の際、「既払い金」として差し引かれることになります。, たとえば、後遺障害認定で被害者請求を行い、800万円の保険金を受けとったとします。, その後、任意保険会社との示談が成立して、損害賠償額が2000万円になったとします。, すると、2000万円からすでに支払われている800万円を差し引いて、残りの1200万円が、相手の任意保険会社から支払われることになります。, 自賠責保険から保険金が支払われるとき、どのような流れになるのかについてもご説明します。, そこで、保険金支払いが決定したときには、当初に被害者が指定した被害者名義の金融機関宛てに、決まった保険金が振り込まれることとなります。, このような仕組みになっているので、自賠責からの保険金を受けとるためにも、銀行口座を開設しておく必要があります。, ただ、当初に指定しなかった場合では、後日に自賠責に対して、送金を希望する金融機関を伝えれば、そちらの方へと保険金を振り込んでもらうことができます。, 以上は、加害者の保険会社や共済組合から賠償金が支払われるケースを念頭に置いてご説明してきましたが、相手が保険に加入していない場合には、新たな問題が発生します。, その場合、加害者と直接示談交渉をして、加害者本人から支払いを受けなければならないためです。, 加害者本人が相手の場合、保険会社とは異なる対応をとられる可能性があるので、以下で具体的に見ていきましょう。, まず、加害者本人が対応する場合において、慰謝料などの示談金(賠償金)は「いつのタイミングで支払われる」のでしょうか?, 一般的には、加害者の保険会社が対応するときと同様、示談成立後にまとめて支払われるケースが多いです。, また、加害者本人が相手の場合には、加害者から病院に直接治療費を支払うことは考えにくいので、被害者が治療費を全額立て替えて、後で加害者に請求する流れになります。, 次に、加害者本人が相手の場合、賠償金の支払い方法がどうなるのかについても見ておきましょう。, 保険会社の場合、必ず金融機関を指定しての銀行振込となりますが、加害者本人の場合には、そうと限る必要はありません。, たとえば、加害者が銀行振込に行くのが面倒であったり、振込手数料を負担するのを嫌ったりして、現金払いを希望することがあります。, また、被害者としても、加害者が本当に振込をしてくれるか信用できないので、直接取り立てに行ってその場で支払ってもらった方が安心、というケースがあります。, そこで、被害者と加害者が話合いをして、お互いにとってもっとも支払いやすい方法を選択します。, 現金手渡しか銀行振込か、どちらにするかの判断基準として、相手が遠方に居住しているなら、通常は銀行振込が便利です。, ただ、相手が支払いをしてくれるかどうか分からず不安な場合などには、直接相手の家に行ってでも取り立てをした方が良いでしょう。, 保険会社の場合、定期金賠償にならない限りは賠償金を一括で支払ってもらうことができます。, 慰謝料や逸失利益、休業損害などが高額になっても、「分割払いさせてほしい」と言われることはありません。, その場合、どうしても一括払い出来ないので、分割払いさせてほしいと言われる可能性があります。, 分割払いを受けない場合には、相手が任意で一括払いに対応しない限り、「損害賠償請求訴訟」などのより強硬な手段で取り立てを行う必要があります。, 相手に本当にお金がない場合には、訴訟をしても取り立てができないことも考えられますし、あまり追い詰めすぎると自己破産する可能性もあります。, ただ、そうはいっても、相手が支払いを誤魔化すために「お金がない」と言い訳をしているだけのケースも結構多いので、その当たりの見極めが重要となってきます。, 相手が保険に入っておらず、示談交渉における支払い方法で対応に迷った場合には、交通事故専門の弁護士に意見を聞いてみることをお勧めします。, 交通事故の示談をするとき、相手が加害者本人なら(保険会社がついていない場合)、必ず示談書を「公正証書」にしておきましょう。, その場合、「強制執行認諾条項」という条項を入れた公正証書があると、すぐに相手の資産や給料などを差し押さえることができます。, もし、公正証書がなかったら、いちいち裁判をしないと差押えができないので、大変な手間になりますし、その間に相手に財産を隠されてしまう可能性もあります。, 相手が保険会社の場合、通常一括で賠償金が支払われますし、不払いの危険などもないので公正証書にする必要はありませんが、相手が加害者の場合には、こういった配慮も必要になります。, これに対し、相手が加害者本人の場合には、現金手渡しになることもありますし、分割払いになるケースもあります。, そこで、なるべく確実に支払いを受けられるよう、しっかりと話合いをすることが重要となります。, もし、自分では適切な対応をとることが難しいと感じるのであれば、交通事故トラブルに注力している弁護士に相談をしてみることをお勧めします。, 保険会社は、示談金の支払いを少なくするために、独自の保険会社基準や、自賠責保険基準にて示談金の提示をしてきます。, ですが、弁護士に依頼すると、任意保険基準や自賠責基準ではなく、弁護士基準や裁判所基準での賠償金額となります。, 計算基準が異なるだけで示談金のアップが可能となりますから、相場での賠償額を希望する場合には、弁護士に依頼しましょう。, また、ほとんどのケースで「弁護士特約」という保険が適用されますので、実際に弁護士を利用することになっても持ち出すお金はかからず、受け取る金額だけが増額されます。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.

御幸一也 パワプロ 顔 8, Rtx1100 Vpn 設定例 18, 藤田ニコル 写真集 売れない 6, あつ森 ブサイク ランキング 4, Zoom Api 使い方 46, 全国中学生弓道大会 2019 結果 5, ソイングク 自 作曲 6, しぃ あんっ て な 9, テラスハウス 保田賢也 平澤遼子 11, フェアリーテイル スティング レクター 再会 8, 吉田 凪 沙 画像 10, 初期 値 対義語 4, 日向坂 おひさま 気持ち悪い 21, マツダ ドライブレコーダー アプリ 30, Ark ラグナロク 暴風 52, 一 番前の席 内職 18, 埼玉県 社会人サッカー 募集 20, The Gift パクリ 比較 10, 大 木町 うどん 6, Order By Asc 省略 5, 草案 草稿 違い 31, ノルニル 少年よ我に帰れ Rar 4, トヨタ キズナックス 費用 9, 吉村リナ リトグリ 脱退 11, Davinci Resolve テキストアニメーション 50, キラ カガリ 双子 4, 東邦高校 野球部 寮 16,

Leave A Response

* Denotes Required Field