工業高校 進学 メリット 5

主に自分の経験を元にして、高卒、工業高校に関する記事を書いています。. 周りに普通高校へ進学する子が多い一方で、高専とはどんな学校なのか具体的にはよくわからないという人も少なくないでしょう。そこで当記事では、高専とはどんな学校なのか、高専に進学するメリット・デメリット、卒業までの学費や卒業後の進路などについてご紹介します。 近年では、高校生の大学進学率は50%を超え、短大、専門学校などを含めるとおよそ80%を超える進学率となっています。 現在工業高校へ在学している人の中にも、最初は高校卒業したら就職しようと考えていた人が 「やっぱり大学へ行きたい!」 と考える こちらの記事では工業高校卒の私が教える本当のメリットとデメリットを教えたいと思います!, この記事を読むと工業高校に行くか悩んでいる方や工業高校に進学するのに不安な方の解決策になると思いますのでぜひ読んでみてください。では早速本題に入っていきたいと思います。, 工業高校に設置されている主な学科として機械系。電気・電子・情報技術系。建築系・土木系。化学・材料系。繊維・インテリア・デザイン系があります。, ここに書いてあるだけでも沢山の専門的な学科を学ぶことができるというのが分かると思いますが例えば機械系の中から電子機械関係。自動車関係であったり造船関係であったりさらに細かく自分の興味のある専門学科を学ぶことができます。, これは、普通科の高校ではなかなか学ぶ事ができません。(全国を見ても少ないですが工業科を普通科・総合学科のある高等学校も中にはあります), 学科だけでなく工業高校の特徴として実技実習を通して技能を身につけることができます。, 私が所属していた機械科では旋盤、NC旋盤、ガス溶接、アーク溶接、からCADやプログラミングを教わっていました。これは間違いなく普通科ではなかなか経験できないことです。, 工業高校の就職先と聞くと土木系や自動車メーカーをイメージする方も多いと思いますが実際に土木系や自動車メーカー製造業がメインになってきますが飲食メーカーや不動産、公務員と案外ジャンルを問わない職種から求人票が届いたり就職出来たりします。なので工業系への就職だけで無いので幅が広いです。, そして工業系の仕事に就くとなった時はやはり経験をつんでいるので自然と有利になります。, 私の通っていた工業高校は7割の生徒が卒業してから就職をし、3割の生徒が進学するという割合でした。工業高校は就職のイメージが強いよ思いますが進学も問題なく出来ます。, 普通科の高校ではなかなか資格をとる機会がないと思います。漢検や英検などは機会があるでしょうか・・・, 私は工業高校時代に、製図・CAD・ガス溶接・アーク溶接・情報技術から国家資格である危険物取扱者・フォークリフトを取得しました。これはなかなか普通科の学校では取得できませんよね?, 資格を取得するともちろん就職する時にアピールになりますし、就職先で役に立たなくても転職時に役に立ったりすることもあり持っていて損はないものですし持っていてメリットしかないものです。, 自動車に強い人・建築士の資格を持っている人・土木関係など友達がいれば将来家を建てる時、自動車の調子が悪くなった時などすごく助かりますよ。, 工業高校ではどうしても女の子の割合が少なくなってしまいます。デザイン科など女性に人気の学科があれば女性の割合も少し多くなりますが、機械・土木科はほぼほぼ男性のクラスになってしまいます。, 工業高校は就職者が多い為か就職を前提とした授業を行うので普通科で行うような学科は1年レベルでしかしないというのも多いです。, ですので専門学校などではなく進学するのであれば予備校であったり塾に通うというのも視野に入れなくてはならない可能性もあります。, これはデメリットという程ではないですが工業高校は男子が多い分運動部に人が集まる傾向があります。ですのでその分レギュラー争いが大変になります。しかしその分やる気になるのでデメリットとは言えないですかね・・・(笑), 工業高校に不安があり悩んでいる方もいらっしゃると思いますがメリットも多いので是非考えて見てください。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 今回は高卒の本当のメリット。デメリット。について高卒サラリーマン2年目の僕が実際に感じた事をお話したいと思います。 まず本題に入る前に大学に進学するか高卒で働くか悩んでいる方が気になるであろう高卒者と ... 日本人の平均年収は2.5億円と言われています。 実際にはどれほどの賃金になるのでしょうか? それでは、いったいどれくらいなのか男・女・高卒・専門卒・大卒に分けて見てい きましょう! 目次大卒と高卒の初 ... Copyright© かける×blog , 2020 All Rights Reserved. 工業高校に進学するメリットとして普通科高校では学べない専門分野を勉強することができ、手に職がつけられます。 工業高校に進学するもう一つのメリットとして在学中にたくさんの資格を習得することができます。 工業高校は就職率がほぼ100%です。 工業高校から就職した僕だから分かる、工業高校がバカにできない理由を分かりやすく説明します。, やはり工業高校がバカにされる一番の原因は、工業高校の偏差値が普通科高校より低いことにあります。, このような人達が大勢工業高校に進学していますので、必然的に偏差値も低くなることが考えられます。, 日本は昔から学歴社会の上で成り立っていて、学歴が高いほうが良い企業や良い仕事に就けるような仕組みになっています。, そのため、将来経済的に優れた人になることができる可能性で言うと「頭が良い普通科高校」>「頭が悪い工業高校」となるので、工業高校はバカにされやすくなるのです。, と思うかもしれませんが、場合によっては普通科高校に進学するよりも工業高校に進学したほうが、将来良い会社で働ける可能性が高くなることがあるのです。, 工業高校には大手企業からの求人が多くあり、機械科や電気科などの各科で上位の成績を修めると大手企業に就職することができます。, 先程も説明しました通り、工業高校の偏差値ははっきり言って低いため、勉強を頑張れば成績上位になれるチャンスは十分にあるのです。, 普通科高校から大学へ進学し就職する場合、大手企業に就職するには国立大学や有名私立大学(MARCHまたは関関同立など)を卒業しておく必要があります。, もちろんこれは必須条件ではないですが、大学から大手企業に就職できる人は、かなり優秀で限られた人ということです。, また、いわゆる3流大学やFランク大学と呼ばれる大学から大手企業に就職することは、かなり難しいと言われています。, あえて「工業高校からの就職」と「普通科高校から大学へ進学し就職」の2つを対比させましたが、普通科高校へ進学するよりも、工業高校で上位の成績を修めて就職するほうが大手企業に就職できる確率は高く、現実的ということです。, このように工業高校が普通科高校と比べて、全くバカにならない理由を理解していただけたと思います。, 工業高校は専門的な知識を学んだり、旋盤、溶接、CADなどの実習がありますので、ものづくりが好きな人は工業高校を楽しいと思うはずです。, 普通科高校と比べてかなり専門的な授業になりますので、毎日が苦痛になってしまう可能性があるからです。, また、将来「職人になりたい人」や「専門的な技術を身につけて、その道のプロになりたい人」は工業高校がかなり向いています。, 景気が安定しない中で、専門的な資格を持っているということは、これからを生きていく上で必ず強みとなります。, 工業高校で取得できる電気工事士やボイラー技士の資格は難しいですが、取得できれば手に職をつけることができるのでおすすめですよ。, 運動部でガンガン走り回っているような学生が多く、明るく挨拶ができる爽やかな学生が大勢います。, 僕の通っていた工業高校の学生の雰囲気は、資格取得にも積極的で、マジメな学生が多かったですね。, この頭が良い奴と僕はもともと同じ機械科で、知り合いだったので実際に話を聞くことができました。, Kさんは工業高校から有名大手企業に就職しましたが、なぜそれが達成できたかと聞くと、, 実際にKさんは、機械科で常にトップクラスの順位を維持しながら、資格も僕より多く取得していましたし、部活動ではテニス部の部長をしていました。, 今Kさんは高級外車に乗っていますし、高校3年間を就職のために使っていたKさんを僕はとても羨ましく思います。, 現在工業高校へ進学を考えられている方は、高校で遊びたい気持ちも分かりますが3年間を就職のために使ってみるのも良いでしょう。, これまでの内容を読んでくれた方は、もうすでに理解していただけていると思いますが、工業高校は普通科と比べてバカにされるような立場では決してありません。, むしろ工業高校は、大学へ進学する人よりも簡単に大手企業に就職できる可能性があるのです。, 僕は、工業高校から大手企業に就職することは大賛成ですが、中小企業以下への就職はおすすめしません。, 工業高校から中小企業以下の企業に就職しなければならない場合、はっきり言って世間からの見る目が冷たいと感じることもあるでしょうし、時にはバカにされることもあるかもしれません。, あくまで工業高校から就職することが立派な選択肢と言えるのは、工業高校から大手企業に就職する場合のみということです。, 工業高校を卒業し、現在は機械設計を行っている二十代。 こんにちは!札幌高校進学ナビゲーターのさっしんです。今回は工業高校についてお話していきます。, 皆さんは工業高校にどのようなイメージをお持ちですか?工業高校とは普通科とは違い、看護科や農業科の高校と同じ専門高校のひとつで、主に工業や産業についての専門技術や知識を習得することを目的とした高校になります。その工業高校へ進学するメリットや就職、大学進学について調査してきました。, 工業高校にはその高校によって取り扱っている専門学科が変わってきます。工業といっても、さまざまな分野があります。, これだけ見てみると、工業高校はかなり幅の広い分野があることがわかります。将来の目的によってはその高校にお目当ての学科があるのかどうかも気になるところですね。, それにしても、工業というと機械科や電気科などはイメージできますが、インテリアやデザインの科まであるなんて意外ですよね。, そんな工業高校にはたくさんのメリットがあります。これからそちらについてお話していきます。, 工業高校は専門高校ですので、実習や専門科目など仕事に役に立つ授業がたくさん受けられます。それらの授業を通して専門知識を得ることで、工業高校を卒業するときには技術と知識を習得した専門職になることができます。, 例えば情報系の学科であればプログラミングを学習することもあります。2020年からは小学校でプログラミングの授業が必修とされるようになると言われています。その理由としては日本では圧倒的にプログラミングエンジニアが不足しているからです。, これから将来性の高いプログラミングにいち早く取り組み社会に出ていくことができます。専門技術を身に着け即戦力として社会で活躍することができるのも工業高校のメリットのひとつです。, 手に職がつけられる話の続きにはなりますが、工業高校在籍中にたくさんの資格を取得することができます。, もちろん普通科高校を卒業する方でも資格を取得することはできます。しかし、その多くは専門学校や大学に進学した後、または社会人になり働きながら勉強するという方もいます。, 朝から晩まで必死に働き、家に帰ったあとは資格の勉強。仕事が休みの日にも勉強しなければいけない…なんていう生活は、想像しただけでもかなり大変だろうなということが分かりますよね。, しかし、工業高校に進学すればそのような心配はありません。高校在学中にその資格が取得できるので、他より早くその技術と知識を身に着けられるのです。他が持っていない強みを自分は持っているというのは、かなり就職に有利になりますよ。, これまで、工業高校の良い面をお話してきました。しかし、残念ながらいい面だけではありません。工業高校へ進学するにあたって不利な点、つまりデメリットもあります。そのデメリットの部分をまずは工業高校卒業後の就職のお話と絡めて進めていきます。, 平成29年3月の高校卒業者の就職状況によると、工業高校の卒業者数は約8万人。そのうち約67%、およそ5万5,000人が就職を希望しています。工業高校は就職を目的にした専門授業が多いということもあり、それを目的に入学する方もほとんどです。, 実際に、就職を希望した方のほとんどが就職できています。就職率は99.3%、ほぼ100%です。この就職氷河期と言われた時代にとんでもない就職率です。, それもそのはず、工業高校に来る求人は普通科高校と比べると3倍以上と言われています。その工業高校を卒業し、企業に就職して、まじめに仕事に取り組み実績を上げることで企業もこの高校の生徒はまじめで優秀だと翌年、翌々年にも求人をかけてくるのです。なかには大企業へ就職が決まった方もいます。, 「えっ?じゃあ工業高校はいいことばかりなじゃないの?」と思われるかもしれません。確かに工業高校の就職率は高いですが。しかし、あくまでも入るまでの話です。, 工業高校を卒業し就職するまでは確かに良いのですが、待遇に問題が出てくる場合があります。その一つが給料面です。社会的にはあくまでも高卒者ということになるため、大卒者と比べると基本給設定が低い場合がほとんどです。大学進学を選択し、卒業後に同じ企業に後から就職した後輩よりも基本給が少ないこともあります。, 給料面だけではありません。高卒者には出世にも制限がかかる場合があります。工業高校の場合では企業によるのでしょうが高卒者は工場長までしか出世できないこともあります。, 好きな、もしくは興味がある職に早く就けるということは、いいことばかりではないということがおわかりいただけましたでしょうか。では、工業高校から大学に進学するうえでのデメリットをお伝えしていきます。, 工業高校卒業後に大学進学することは不可能ではありません。実際に進学する方も毎年いらっしゃいます。しかし、それが普通科高校と比べるとハードルが高くなってくるんです。, 工業高校では普通科高校で学ぶことよりもより専門的な授業を行います。そのため、大学進学に必要な科目(国語・英語・数学・理科・社会)の授業が少なく、自己努力によって大学進学のための学力をつけていく必要があります。推薦入試の場合は面接のみで必要科目を勉強せずに大学へ進学することもできますが、実際に大学に入学した後に学ぶ勉強の基礎となっていることが多いため、いずれにしても勉強は必要です。, 工業高校卒業後、別の何かをしてみたくなることもあるかと思いますが、その何かが全く違う分野だとシフトするのが難しい場合があります。例えば工業高校だと工学部のような理系大学には比較的に推薦も取りやすいですし、勉強も似通っている分もあり、取り組みやすいです。しかし、文系の大学に進学したくなった場合には勉強は大変になります。, これまで、工業高校から大学進学までのデメリットをお話してきました。この項目のはじめにも申し上げましたが、工業高校だから大学進学が不可能ということではありません。大学入試には推薦入試もあります。また、学力試験を課さず、高等学校における成績や小論文、面接などで人物を評価し、入学の可否を判断するAO入試(アドミッション・オフィス入試)を取り入れている大学も増えてきました。, しかし、普通科に進学した方も必死に勉強しなければいけないのは同じです。工業高校だから人一倍頑張らなきゃ…というわけではありません。もちろん、自分で勉強し一般の入学試験にて大学に進学することもできます。「努力は必ず実を結ぶ」です。, いかがでしたでしょうか。工業高校に関しておわかりいたけましたか?どんな高校にもメリット・デメリットがあります。しかし、高校においてもですが人生において選択を誤ったからそこでおしまいということはありません。自分で選択したことの中で何をやり遂げるのかが大事なのではないかと思います。たった一度の高校生活を楽しめるものにしていただければ幸いです。ここまで読んでいただきありがとうございました。, 工業高校に進学するメリットとして普通科高校では学べない専門分野を勉強することができ、.

ネズミ 壁 登る 7, やけど ダメージ 剣盾 34, ラブクロム 種類 違い 5, あべ か やこ フット ネイル 11, 高知 ひまわり畑 8月 22, クッションマッサージ めぐり 動かない 22, 福だるま 金魚 飼育 5, 鍛冶屋 の政は生き てい た 5, 鈴江奈々 News Every 衣装 22, サラ オレイン 坂の上の雲 11, 恋人よ 歌詞 日本語 4, 安全地帯 徐行 覚え方 16, ドルチェグスト アイスコーヒー 売り切れ 5, 冥王星 蠍座 10ハウス 22, アクチュアリー 数学 苦手 6, イクリプス ナビ ユーザー登録 5, キヨ 年齢 30 50, Nhk アナウンサー 朝 ラジオ 渡辺ひとみ 27, ハラスメント 社内研修 資料 12, ソフトボール ピッチング 練習 小学生 5, 歓迎 中国語 読み方 9, 千の風になって 銀魂 歌詞 4, レトルトカレー 水分 飛ばす 7, Facebook ソーシャルログイン 実装 8, 愛知淑徳大学 交流文化 ランゲージ 7, レミントン 替 銃身 9, カラーバター カラートリートメント 違い 4,

Leave A Response

* Denotes Required Field