ホテル ダニ 損害賠償 10

0000006979 00000 n %PDF-1.4 %���� startxref 0000002504 00000 n 0000184346 00000 n 0 0000017978 00000 n 0000181337 00000 n 0000002548 00000 n 損害賠償責任の全部または一部を承認する場合は、予め弊社にご相談ください。 損害の発生または拡大を防止するために必要・有益な費用、弊社の同意を得て支出した訴訟費用・弁護士報酬等に対しても保険金をお支払いできる場合があります。 %%EOF 0000181653 00000 n 0000070581 00000 n <<6BE2C076187A0E45ACBF37403AD6BD50>]>> 0000001875 00000 n 0000070878 00000 n 台風や地震、落雷などの自然災害が原因で貸室が利用不可能と成ってしまった場合の損害賠償などについて解説していきます。, この前の台風で、大きく浸水してしまったことで1階の店舗が一時営業停止になってしまったみたいなんです。それで、営業できない期間については賃料の減額(免除)を相談されたんだけど、これはどう対応すべきなんだろう?, 他にも、まだ言ってきてはいないけど、テナントが営業できなかった分の損害賠償とかも請求されてしまったらどうしよう。, 「地震や台風などの自然災害が原因で、1階の店舗が営業停止を余儀なくされてしまった。この場合、賃貸人側は損害賠償の責任はあるのか?」, 大家さんや不動産管理会社が善管注意義務を果たしてしっかりと管理していたとしても、台風や地震、落雷などの自然災害が原因で貸室が利用不可能となってしまうことは確率的には必ず存在します。, 今回は、「地震によって、給排水管が破裂してトイレや給湯設備が利用できなくなってしまい、飲食店を経営している賃借人が1ヶ月間の営業停止をせざるを得なかった場合」の家賃支払い義務や営業停止による売上補填の損害賠償などについて解説していきます。, なんらかの理由で賃借中の貸室が利用できなくなった場合について見ていきましょう。まず、家賃についてですが、賃借人(飲食店)は貸主に対して家賃の減額を請求する権利があります。, 賃貸人(大家さん)は貸室を利用できるという前提で賃借人(飲食店)に賃貸しているため、その目的物が使用収益できない状況になってしまったということは、その目的を提供することができていないということになります。 提供している目的物が使用収益(ここでは営業)できないということは、賃貸人としての責任を果たせていないということになるため、賃借人は大家さんに債務の減額を請求することができます。, この点は、「賃借物の一部が賃借人の過失によらないで滅失したときは賃借人は、その滅失した部分の割合に応じて、賃料の減額を請求することができる(民法611条1項)」と民法に記載されている内容となります。, つまり、貸室を利用できなかった期間の賃料を免除してほしいとテナントから請求された場合はそれに応じなければならない可能性が高いと言わざるを得ません。, では、1ヶ月分丸々減額しなければならないのかというと、そうではないケースがあります。 上記の民法の規定によれば、賃借人の賃料減額請求については「その滅失した部分の割合に応じて」とあります。これは、実際に利用できなくなったのはトイレや給湯設備などであり、他の事務所スペースや客室部分については一応は利用できるため、全額の減額請求については拒むことができる可能性があります。, まず、貸主は賃貸物が使用収益できなくなった場合については修繕を行う義務が発生しています。これは、その破損や毀損が天災等の不可抗力によるものであっても賃貸人は修繕義務を免れないとされています。, そのため、賃借人からの修繕要求に対して、即座に対応できずに被害が拡大してしまったり、営業再開が遅れてしまった場合などは修繕義務違反となってしまい、オーナーは飲食店にから営業利益の損害賠償を請求されてしまう場合があります。, 「貸室を利用(営業)できなくなった = 営業補填」ということもありますが、対応のずさんさや復旧の遅れを指摘されることで大家さん側の義務違反(債務不履行)により損害賠償請求を行われてしまうという図式です。, 上記のように、自然災害などの不可抗力で貸室の利用できなくなってしまった場合については、利用不可期間の賃料の減額や営業利益の補填などを求められるケースがあります。, 今回のケースはあくまで一例として取り上げているため、実際に減額請求を受けた対応については法律の専門家の方と相談しながら、対応を進められることをおすすめします。, ここでは、「自然災害時で賃借人が貸室を利用できなくなった場合の損害賠償や減額請求への対応」について解説していきました。, まず、賃貸人は賃借人が目的物を使用収益できるようにする責任があります。天災など大家さんや不動産管理会社の責任ではない部分であったとしても、目的物を利用させるという責務が果たせていないとあれば、その分の減額請求について応じなければならない可能性があります。, また、賃貸人は直ちに故障箇所を修繕を行わなければ、通常営業を行っていれば得られていた分の営業利益の補填を求められることにもなりますので、賃貸人はその責務を果たすために対応しなければなりません。, この記事は「クラウド賃貸管理ソフトReDocS(リドックス)」が運営しています。私たちは、「不動産管理ソフトを活用することで解決できる課題」だけでなく「不動産管理に関わる全ての悩み」を対象として様々なことをお伝えしていきます。, ここでは、「無断転貸におけるリスク」と「無断転貸があった場合の契約解除」について解説しています。, アパートやマンションといった賃貸住宅での「ひとり暮らしの高齢者の孤独死」に対して不動産管理会社として対策できることをご紹介。, ここでは自社管理物件内でゴミ屋敷が発生した場合の対応や退去時の原状回復費用について解説しています。, 賃貸マンションを住居用で契約したのに、実はサービス店舗として利用していた場合などの使用目的違反について解説しています。, 私たちはまだまだ成長途中のシステムです。賃貸管理の基本業務に加えて、私たちにできることはこれからどんどん増えていきます。お客様の成長に負けないように、私たちも一緒に成長していきたいと思っています。, 私たちがご提案するのは"ちょうど良い賃貸管理ソフト"です。とっつきにくい高機能なシステムではなく、身近でシンプルな不動産管理ソフトでありたいと思っています。, リドックスは「かんたんで、すぐに使えて、便利」なクラウド型の賃貸管理ソフトです。契約書や家賃管理表などの書類作成はもちろん、賃貸管理業務全体を楽にするのがリドックスの特徴です。, リドックスは多くのお客様に支えられてここまで開発を進めてこれました。単に賃貸管理ソフトを販売するだけでなく、「最適な体験」をご提供できるようにサービスの向上に努めてまいります。. ホテルは宿泊客に対し、安全で衛生的な客室を提供する義務を背負っています。そのため、お客様が安心して客室を利用できないと申し出た時点で、その責任を負う必要があるのです。, ある事例ではダニが多数発生したことで虫に刺されたとして、ホテルが宿泊客に10万円の慰謝料を支払ったケースがあります。また、客室の蛇口が故障していたり、排水溝が詰まっていたことで客室の一部が水浸しになってしまったことも。, 水浸しのケースではお客様に損害賠償を支払うことはありませんが、修理費や補修費などのコストがかかります。加えて、問題のあった客室は数日使えなくなり、宿泊客を逃してしまうことにもつながります。これはダニが発生したケースでも同じことが言えますね。, ちなみに、ホテル側のミスでお客様の私物を水浸しにしてしまった場合も、損害賠償を支払わなければならない可能性があります。少しでもホテル側の負担を減らすために、施設の不備やスタッフのミスをカバーする「施設賠償責任保険」に加入しておくと良いかもしれませんね。, しかし、宿泊客のミスで発生したトラブルだと判明した場合は、ホテル側に責任はありません。たとえば、バスタブにお湯を溜めている間に眠ってしまい、水を止めることを忘れたという例などもあります。この場合は、宿泊客から賠償してもらうことも可能でしょう。, まずは患部を見せてもらい、被害が確認できれば部屋を変えるなどの措置を取りましょう。, 「数ヵ所刺されている」「大きく腫れている」など、被害の状況や刺され具合によっては部屋を変えるだけでなく、返金対応も視野に入れてください。また、ホテルに宿泊した後に症状がひどくなったと申告があった場合、治療費も支払うべきでしょう。, しかし、事実確認は怠らないようにすることが必要です。トラブルの発端は宿泊客が持ち込んだダニという可能性もあり、あらかじめ用意していた寝間着を着て過ごしていたかもしれないのです。, 宿泊客から嘘の申告があれば、宿泊客のお断りによって被った費用や治療費など、ホテルが負った損害を請求することもできます。, 蛇口の故障や排水溝の詰まりなど、ホテル側に責任がある場合はダニの問題と同様に、速やかに部屋を変えるようにしてください。それに加えて返金対応や料理・お土産のサービスなど、おもてなしを充実させるようにしましょう。, ただ、水浸しの件でも重要となるのが事実確認です。水浸しの申告があった場合、まずはじめに設備の故障なのかについて確認しましょう。宿泊客のミスだとしたら壁紙や絨毯などの補修費、客室の休業・階下への宿泊客への保障費を請求できます。, ホテルでダニや水浸しのトラブルが発生してしまうと、金銭的にも時間的にも大変な負担がかかってしまいます。, 宿泊費の全額返金などでは終わらず、病院への通院費、補修・修理費なども負担しなければなりません。さらに、お客様に「違う部屋を用意されても安心して休める気がしない」と言われれば、ホテル側は代わりの宿泊施設を手配することに時間を割いてしまうことにもなるのです。, 今の時代、一つの些細だと思われるトラブルが命取りとなることがあります。被害がSNSやクチコミで拡散されると、ホテルの信用を一気に失ってしまうかもしれません。自信を持ってサービスを提供するためには、定期的な点検や、業者に設備調査を依頼するなどの対応が必要不可欠でしょう。, おもてなしHRでは、ホテル・旅館で働きたい方の就職・転職活動をサポートしています。ラグジュアリーホテルやビジネスホテル老舗旅館や温泉旅館などの様々な宿泊施設はもちろん、

スマホ エクセルファイル ダウンロード, 阿佐ヶ谷 スタバ てくて, Access Runtime 2010 サポート期限, 電子レンジ レシピ 肉, 船橋 明大生 殺人, 昇仙峡 おすすめ コース, 菅田 将暉 出演予定 映画, 外車 キャンピングカー 中古車, Ymo ラップ現象 歌詞 和訳, Fate Stay Night Heaven's Feel 3章, パソコン 自動起動 ソフト, Office 365 アンインストール, 車ドア 擦り傷 修理, Line 繰り返し停止 2020, 障害者手帳 割引 大阪, ミニマ リスト 食器 好き, 東京 コントロール 6話, 100均 ハロウィン クッキー型, キャンター クラッチ交換 費用, 千葉 そごう 店長, 自転車 小学生 26インチ, N-wgn 納期遅れ 原因, ミニベロ ギア比 坂道, ブルピン カムバ 6月, 動画 繋げる サイト, Googleドライブ オーナー 検索, 筋トレ 体重 減らない 1ヶ月,

Leave A Response

* Denotes Required Field