フィルム デュープ 自作 12

« RAIDってそんなにいいとは思えない件 | font-weight:bold; #pico_body .contents .h2style {  スライドデジコピアは、三脚やコピースタンドでカメラを固定しなくても、レンズの先にフィルムが固定されるので、手持ちでも手ブレることがありません。僕のようにいろんな写真機材を持っていない者にとってはちょうどいいわけです。この専用レンズはケンコー独自のねじ込みマウントでカメラ各社用のアダプタもあるというわけで、それを介してデジタル一眼レフやミラレースに取り付けます。通常はNikon D40を使っていますのでNikonマウントを入手。, 今回はマイクロフォーサーズのミラーレス一眼 LUMIX GF1でやりたかったんです。D40より高画質ですし。で、マイクロフォーサーズ用のマウントアダプタもありますが、これは「スライドデジコピア非対応」と書いてありました。??? なんででしょう? でも買っておきました。で、これ、何で非対応なのかというと、マウント面との距離がもう少し要るからなんですね。, だったら中間リングを入れれば?と思ってそれも入手。組み合わせをいろいろと変えてみると、なんとか使えそうな設定ができました。で、ちまちまとサイズを測って鉛筆で線を引き、やりながら調整を加えてカットして、スペーサー的なものも含めて7枚の貼り合わせ。, ▲フィルムを固定(固定と言うほど固定はできませんが)するために溝ができるよう、中の1枚で段を作りました。ちと仕上げが雑ですが(笑) ヒンジは透明ガムテープで。段はボール紙の厚みで1段できるわけで、厳密に言うとフィルムの厚みとはかなりの差があり、そこでフィルムの平滑性がダメダメですが、ナンチャッテなんでこんなもんでOKとします(笑), ▲写真は、テストの時のもので、フィルムが裏返っていることに気づかずにはめてます(笑) まあ、これでなんとかスライドデジコピアにははめることができました。, で、実際やってみたらどんな感じか気になりますよね。ネガからの反転、これ結構難しいんです。だからスライドデジコピアはスライド、つまりポジ(リバーサル)フィルムをデジカメで撮るということが前提な製品なんですね。ネガフィルムだと色を反転させないといけません。ただ単純に反転だといいんですが、ご存じの通り、カラーネガフィルムはベースのフィルムにオレンジ色というか茶色というかそういう色が付いています。こいつがとてもやっかい。, Photoshopで「色調の反転」をさせてもまともな色にならないんです。でもね、これいろいろな人が研究をしてくれていたのでそれを参考にさせてもらっています。特に簡単で効果の高い「ごっさん式」でやりました。ごっさん他、皆さんに感謝! フィルムのオレンジベースの色の影響を低減させるのに、色セロハンの青の2枚がけをしました。僕の場合光源はスライドビュアーではなくToo.のLEDトレス台です。これも光がちと青いかも…。そしてレベル補正。ごっさんの教えてくれた「『レベル補正』開いて、RGBそれぞれの『山』の裾野にシャドーとハイライトをあわせて、それから『階調反転』を実行」をやりました。, ▲上の2点は、PENTAX auto110 F2.8 24mm/AGFA 200/大阪 梅田 茶屋町, ▲上の3点は、Pocket FUJICA 600 ツカエル1号 FUJINON F2.8 25mm/Fukkatsu400/大阪 門真市, うずらまん on December 31, 2012 in 金属カメラ/フィルム写真 | Permalink 家にネガフィルムが大量にあると、かさばってしまって大変ですよね。 ネガフィルムのデジタル化を考えている方から、こんな声をたくさん頂きます。 大量にあるので、なるべく安くデジタル化したい。 … 写真スキャンデータ化サービスの節目写真館Copyright © 2012-2020 Photobank Inc. 2020/11/17(火)迄★送料無料&フォトインテリアプレンゼント【キャンペーン】やってます!. Photoshopでlorem ipsumという謎の文字が入力されちゃう時の対処法は? 2019年版 Nik Collectionを無料でダウンロードしてインストールする方法. #pico_body .contents .auth {text-indent:0em;line-height:170%;margin-bottom:0.5em;} バックアップといえばRAIDみたいな記事を平気で書くIT関連ライターさんはバックアップの意味が分かっているのかなと思いますね。RAIDなどでいくら完璧にしても人為ミスで間違ったデータを保存してしまったら終わりですから。そこまでカバーできてバックアップだと思うのでRAIDは使っておりません。むしろ分散させたほうがいいと思っています。クラウドも使い方次第かと、普段から自分のデータ類はシンプルに見渡しが利くようにしておくのが肝心だと思っています。. 構想10数年!ついに入手しました!いやいや、単に怠けて長引いていたところに楽天ポイントがたまったので「エイヤッ」と買ってしまいました。ニコンスライドコピーングアダプターes-1です。左から … フィルムをデジタルデータ化にすればパソコンでご覧になれるます、 デジタル化で写真の整理も簡単にできます。フィルムの劣化も防げますので大切な思い出を劣化することなく保存できます。 文書・図形等の研究用スライドフィルムのデジタル化は通常の風景・人物とは違うシステムが必要� トップページ 早速のお返事有り難うございました。 ・現像時のホワイトバランスをオレンジベースや画面の白いところで設定。 | Nikon J1と神戸と写真展と », ▲一昨日、[フォトスタジオ ヨシオカ]さんに行って、110判フィルムの現像をしてもらいました。このお店だとフィルム現像は特急仕上げができるので大変たすかります。で、安全策を採るならここでプリントもお願いしてしまえばいいんですが、どうしても挑戦したいことがあったんです。デジタルデュープです。, というわけで、昨日は午後からちまちま工作をしていました。百円ショップに黒く染め付けしたボール紙が売っていたのでこれを買ってきました。これだと断面も黒いので、切ったところを自分で黒く塗る必要もありません。楽ちん。, 僕がデジタルデュープするためにもっている機材は、ケンコーのスライドデジコピア DSLRというやつで専用のレンズとフィルムをセットするプラマウントが付いてます。 カラーネガフィルムをホワイトバランスオートで複写。オレンジ色のベース色が全体にかぶっている。 基本的にカメラ側で出来ることはやっておこうということで、カメラでのホワイトバランス設定のことを書きましたが、RAWで撮って補正するほうがいいですね、同意見です。 10クローズアップレンズを取り付けたデジタル一眼レフ(図1)で接写した格子模様。若干糸巻き型の歪曲収差があるが、目立たない。, (c)通常の接写機能つき小型デジカメで撮影した格子模様。クリアな画像ではあるが、樽型の歪曲収差が顕著である。線の間隔はいずれも5 mm。. | 八百屋増殖中 », 自作Windows二号機で64bitOSだとニコン SUPER COOLScan4000EDが動かないのを何とかした顛末を少し前に書いたが、その時にもし動かなかった時のことを考えて複写用ベローズとマクロレンズにデジタル一眼レフでスキャナ代わりに複写してしまう実験について、いずれブログにという予告をしていたので今回はその結果報告をお届けします。ベローズを使った複写については2013年8月22日に「スキャン待ち解消作戦」http://yomocame.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-fce1.htmlという記事を載せているので参考にしていただければいいかなと、ベローズとデュプリケータにレンズとカメラが取り付けられた状態の写真も掲載していますので。昨年、リコーイメージングがフィルム複写用アクセサリーPENTAX FILM DUPLICATORなる製品を発売しておりましたが、コンセプトは全く同じ、ただアチラはメーカーが本気出して作った専用品でとってもお値段がお高いのでおいそれとは手が出ないシロモノ。で、無かったら工夫して何とかしてしまうのが日本のモノづくりの基本。というか、金持ちは金を出せばなんとかなるけどビンボー人は知恵を出すしか出すものがないのでね。で、早速複写。ベローズの取扱説明書に細く設定が出ているのでそれを参考にセッティングして三脚ごと明るい窓際に置き外からの自然光で。あとはデジタル一眼レフをパソコンに繋ぎ、リモートで画面を見ながら撮影倍率を微調整。ピント合わせも画面で拡大して正確に合わせられるのでバッチリ。絞りをF11ぐらいに絞り込んで絞り優先AEで撮影してみて露出補正で調整、終り。というわけでこれだけです。というのでは面白くもなんともないので色々やってみたことを。まずリバーサルフィルム(スライドフィルム)はそのままで写真として見られるので複写するのも特に苦労するところはない。問題はネガフィルム、陰陽反転したフィルムなので、仕上がりが分かりづらい。しかもカラーネガフィルムはフィルム全体がオレンジ色のベースになっているので、そのまま複写して画像処理アプリで反転しても色カブリしておかしな色調になってしまう。具体的に言うとオレンジ色の補色である青に偏るということである。色相環の反対側の色なのだが、小学生の頃色鉛筆の箱の裏に書いてあった色が順番に変わっていく輪っかの絵の正反対にある色どうしが補色関係にある色で、赤と緑、黄と青紫などを指す。そういうわけでネガフィルムをそのまま複写したのではきれいな写真にはならないので、デジタルカメラならではの機能であるホワイトバランスを使い色カブリを極力取り除いた。手順はネガフィルムのリーダー部分など何も写ってない部分を複写、その画像をカメラのマニュアルホワイトバランス設定で選んで登録し、その設定で複写してやればいい。つまりオレンジのベース色をカメラに「これは白でっせ」と認識させるわけだ。フィルムの種類によってオレンジベースの色が違うので、空いているメモリーカードに各フィルムごとのベース色撮影データを撮って保存しておけば呼び出して使える。こうして複写したデータはPhotoshopで反転するのが手っ取り早いが、お高いアプリなのでフリーウエアの画像処理アプリで何とかならないかと探してみたのがコレ。GIMPはその筋では有名だが、そこまでの機能はいらないのでpaint.netというのを使ってみたが軽い、わかりやすいアプリなのでこれで十分であった。実際の実験結果をどうぞ。 « 【ワンテン展特集】Pocket FUJICA 600“ツカエル” | (Not displayed with comment.). font-size:120%; Main 10レンズは49〜58 mmφの各サイズがあり、直径によって値段が異なる(定価5200〜6500円)。クローズアップレンズはフィルムの接写以外にも、野外や室内で岩石(後述するように薄片全体の偏光撮影にも適する)、鉱物、化石、動植物などの手軽な拡大撮影に利用でき、用途が広い。接写用交換レンズ(マクロレンズ)を利用すればもっと高画質の接写ができるが、かなり高価である。また最近は、一眼レフでなくても、本体だけで等倍以上の接写が可能な安価のデジカメがあるので、それを用いる手もあるが、樽型(外側に凸)の歪曲収差が顕著な画像になるので、注意が必要である(図2c)。, 例えば図1にあるような、机の上に原版フィルムを垂直に立てられるように工夫したフィルム保持台を、不要なプラスチックケースを加工するなどして自作する。レンズの前面にクローズアップレンズを取り付けたカメラを適当な厚さの本の上に置き、フィルムがカメラレンズに対して垂直になるように配置して画像の位置を調整する。電球型の昼光色蛍光灯などを光源とし、白い紙に反射させた光を裏からネガに当てて接写撮影する。できれば、フィルムの前面やカメラのレンズに直接光源からの光が当たらないように厚紙などで覆う方がよいが、それがなくても画質への影響は少ない。図1では覆いを設置していない。, これは机の上にカメラ、被写体、光源を横に並べるやり方であるが、蛍光灯ライトボックスの上にフィルムやスライドを乗せ、三脚に固定したカメラで上から撮影する縦方向の配置でもよい。, カラー用のネガフィルムはオレンジ色なので、この影響を除去するため、カメラのホワイトバランス(WB, 色温度)を2000〜2500Kに設定する。その設定ができない場合は「電球色」(3000K程度)でもよいが、反転するとやや青っぽくなる。この場合、レンズに青フィルターをつけて撮影するか、または撮影後に画像処理ソフトで赤と緑を明るくするように色を調整する。カメラの露出補正を+1.0〜+1.3程度にして、やや薄いネガ画像を撮影する。自分のカメラで最良の設定を見出すためには、多少の試行錯誤が必要である。, 撮影モードを「絞り優先」(「A」)に設定し、絞りをF8〜F16にして撮影する。絞り開放またはF4以下で撮影すると周辺部で暗くなったりピントが甘くなったりする。デジカメが露出時間を自動調節するので、シャッター速度はあまり気にしなくてよいが、光源が暗いと露出時間が長くなり、振動による画像のブレが生じやすくなる。12〜20Wの昼色光電球型蛍光灯を用いれば問題ない。, 撮影したネガ画像のJPEGファイルを画像処理ソフトで読み込んで色反転する。例えばウィンドウズの「アクセサリー」に標準で附属している「ペイント」の場合、読み込んでから、「変形」→「色の反転」とクリックするとネガからポジへの反転ができる。「ペイント」では明るさ、コントラスト、色調などの調整はできないが、カメラの色温度や露出の設定を上のように行えば、反転しただけで大体良好な明るさと色調の美しいポジ画像が得られる。ポジ画像をディスクに書き込み、それをやはり標準でウィンドウズに装備されている「フォトギャラリー」で開くと、明るさ、コントラスト、色温度、色の濃淡、色の鮮やかさなどを調整でき、画像の回転やトリミングもできる。ただしフォトギャラリーでは色の反転はできない。画像のネガポジ反転と明るさなどの調整が同時にできる無料ソフトとしてJTrim(著作権所有:WoodyBells)があり、処理速度も速くて便利である。また、白黒フィルムのポジ画像も同様の要領で作成できる。ポジのスライドをそのままデジタル画像にするのはもっと簡単である(反転処理の必要がない)。さらに、振動方向が直交するように重ねた(暗く見える)2枚の偏光板の間に岩石薄片を挟んで、上と同様にクリップで保持台に固定して撮影すれば、手軽に薄片全体の直交ニコル(偏光板1枚なら単ニコル)の偏光画像を撮影できる(これも反転の必要はない)。, 以上、手持ちのデジカメで手軽にネガからポジに反転する方法を述べた。この拙文が大震災後のネガティブな雰囲気をポジティブに反転する一助になれば幸いである。初稿を読んで貴重なコメントをいただいた住鉱資源開発株式会社の二ノ宮淳氏と長尾尚顕氏、株式会社地圏総合コンサルタントの棚瀬充史氏に感謝する。. 数年前まではフィルムスキャナで取り込むほうがきれいだったのですが、最近の高画素数のデジタル一眼レフですと複写しても十分きれいなので、最近はこの方法ですね、フィルムスキャナもいつまで動いてくれるか分かりませんし。何しろWindows2000時代のモノなので。, デジタルカメラがメインですが、フィルムの色が恋しくなりF4を手に入れてネガフィルムで撮り始めております。そのネガを反転させてデジタル化をしようと試みていましたが、どう編集しても色は出ませんでした。ネットで調べている中で、このブログを読ませて頂いて「カメラに「これは白でっせ」と認識させる」方法で行ったところ、かなり正しいと思われる色が出始めました、まだ、勉強は足りませんが。使っているのソフトはPhotoshop CC で、RAWで撮って、反転させて自動カラー補正などやっていますが、最終的には現像で補正を掛けて色づけしています。特に淡い色の時は補正を掛けないと無理なような感じです。ネガを撮るときの注意事項なども教えていただければと思いますが、特に注意することはありますでしょうか?マクロレンズを持っておりますので、それで撮影しています。, 所で、miyaさんの「現像時のホワイトバランスをオレンジベースや画面の白いところで設定。」の意味が分かりかねます。現像段階で何をどう見て?ホワイトバランスを変えようとされているのか?分かりません。分からなければ、よもかめ亭主さんのやり方で良いとは思っていますが。, 楽天マーク様、こんばんは。はじめまして。 家にあるネガフィルムを送付するだけで、DVDなどにまとめてデジタル化してくれるので手間がかからないことが特徴。 「節目写真館」にお任せください, 写真もフィルムもアルバムも、お家の写真まるごとデジタル化! } text-indent:0; } 同じく1990年地元の漁港の朝日をリバーサル(ベルビア50)で撮影したもの。画面クリックで拡大。リバーサルの場合RAWで複写してデジカメの付属アプリやLightroomなどで原版に合わせた画像調整ができるのがいいところ。 line-height:120%; ネットで注文を受け付けているので料金は安く、機材は業者専用のスキャナーを使用しているためとても綺麗にデジタル化されます。, ネガフィルムだけでなく、ご家庭にあるお写真やアルバムも全部丸ごと段ボールに詰めて送るだけで全て1枚のDVDにしてお返しします。納期や解像度などお客様のご都合に合わせたプランをご用意していますよ。, フジフィルムさんでも、ネガフィルムのデジタル化をインターネットで受け付けています。, 35mmスリーブフィルム1本486円でデジタル化することができます。 text-indent:0; #pico_body .contents .h3style { Copyright (c) 日本地質学会 All rights reserved. 1990年に心斎橋大丸をリバーサル(ベルビア50)で撮影したものから複写。画像クリックで拡大。 自作Windows二号機で64bitOSだとニコン SUPER COOLScan4000EDが動かないのを何とかした顛末を少し前に書いたが、その時にもし動かなかった時のことを考えて複写用ベローズとマクロレンズにデジタル一眼レフでスキャナ代わりに複写してしまう実験について、いずれブログにという予告をしていたの … 俺が子供の頃に一般家庭でよく使われていたフィルムは、価格が一番安かったASA100(現在のISO100相当)のカラーネガフィルムがほとんどで、その中でもサクラカラー100と今回ご紹介するフジカラー100が売れ筋フィルムの双璧だったと記憶し... この記事では撮影後のネガフィルムを手持ちの一眼レフやミラーレスカメラとマクロレンズを使って直接撮影し、デジタル画像として取り込むデジタルデュープについてお伝えするシリーズの第三弾の今回は、Photoshopを使って白黒ネガフィルムをポジ状... こんにちはaki99です。 時代は平成から令和に移り変わったと言うのに、私はと言えば時代に逆行するようにフィルムカメラにはまってしまいました。 私の年代だと(50代前半)若いときはフィルムカメラを当たり前のように使ってたから、最近の10... オールドカメラの電池蓋は固着しちゃって開かないことが多い。 特にPENTAX SPみたいにボトムカバー(底蓋)にツライチで電池蓋が付いている機種はカバーと蓋の隙間に入ったゴミが固まったりして、特に開かないことが多いようだ。 俺... しばらく前に購入した白黒ネガフィルムのRollei SUPERPAN 200で撮影したフィルムの自家現像とデジタルデュープが終了したのでその画像をご紹介したいと思います。 現像液はD-76(1:1)を使用しました。 ... この記事では撮影後のネガフィルムを手持ちの一眼レフやミラーレスカメラとマクロレンズを使って直接撮影し、デジタル画像として取り込むデジタルデュープについてお伝えするシリーズの第二弾の今回は具体的な撮影方法についてわかりやすく解説します。 ... 黒沢さんコメントありがとうございます。 マクスゼンのテレビはいいパーツを使っているのでコスパは最高ですよね! それにしても、65インチとは羨ましいです, 今日マクスゼンの65インチのテレビが届きました☺️値段の割りには画像がいいね️50インチを見て居たけどあんまり大きく見えないかな✌️買い替えて良かったです☺️. もし、君がアナログフィルムフォトを僕のように始めたばかりならば、多分フィルムスキャナなんて持っていないでしょう。でも、心配しないで!フィルム専用じゃない古いスキャナやその他のスキャナでもフィルムをスキャン出来る方法を発見したんだ! 写真スキャン1億枚の実績!写真・アルバム・ネガフィルムをスキャンしてデジタル化するサービス「節目写真館」公式サイト, 家にネガフィルムが大量にあると、かさばってしまって大変ですよね。 #pico_body .contents p {text-indent:1em;line-height:170%;margin-bottom:0.5em;margin-top:0.2em;} ライトボックスは手が出ませんので、なんか方法を考えたいと思いますが、思いつくのはLEDライトで半濁色のアクリル板かデフューザーで試してみようかと思っております。絞りはF11ですか、次回やってみたいと思います。, 関係ない話なのですが、ほかのブログでRAIDの記事がありましたが、私はRAID1で痛い目に遭いました、もうデータが戻せませんでした。それ以来、RAID1は使わず、外付けのHDDにバックアップ取っています。 フィルムをデジタルデータ化にすればパソコンでご覧になれるます、 デジタル化で写真の整理も簡単にできます。フィルムの劣化も防げますので大切な思い出を劣化することなく保存できます。 文書・図形等の研究用スライドフィルムのデジタル化は通常の風景・人物とは違うシステムが必要�

洗骨 ロケ地 伊計島 4, カローラスポーツ 値引き 2020 8, 千野志麻 なん J 5, ただ君を愛してる 映画 動画 6, チャンミン 結婚 出会い 7, Gu 韓国 撤退 6, バゲット 日テレ 動画 33, Dgc 解凍 Windows10 29, 人は三 幻魔 で決闘できるか 4, リゼロ 氷結の絆 デイリーモーション 5, Cisco Anyconnect Secure Mobility Client とは 11, 宇多田ヒカル 結婚 何歳 10, Sidem ボーダー 2019 17, バキ ドリアン 復活 15, Cereal 雑誌 発売日 4, 宗教法人 役員 任期 7, 無農薬 小豆 九州 9, 楽山 入院 口コミ 11, 最後の晩餐 13人 名前 10, 高卒 警察官 倍率 4, ネット恋愛 顔 幻滅 31, フジテレビ 株主優待 手帳 7, Port Of Discharge Place Of Delivery 違い 6, 鳩 地面 座る 5, Iqos プレゼント 製品登録 12, Dqmsl スライムタワー 入手方法 4, ナルト サスケ 嫌い 13, 中村倫也 私服 ブランド 54, 善逸 過去 Pixiv 6, ウイイレ 2020 ヴィッセル神戸 確定スカウト 12, 90年代 スーパーモデル ショートカット 13, Pubg Fb 意味 39, Cod ボタン配置 Ps4 5, The Ultimate 歌詞 グラブル 12, 麒麟 田村 自宅 大阪 9, スーパー ストリートファイター 2 セリフ 45, Zoom 問い合わせ 日本 7, エルチャポ Netflix 評価 16, 阿部 華 也 子 Sweet Journey Rar 15, ゆりか ギリシャ語 意味 9, 無骨 な 言い換え 9,

Leave A Response

* Denotes Required Field