ピスト 最強 ホイール 12

ARDENNES FR CL/アルミ/20.6万円/1560g/24mm/F18・R24, GT3/カーボン/47.8万円/1595g/47mm/F3・R3 2019/8/1更新 ロードバイクはホイールを換えることで性能アップが期待できます。軽量なホイールを選ぶことに越したことはありませんが、平坦を速く走りたい、見た目にこだわりたい、オールラウンドに乗りたいなど乗り方によって選ぶポイントは変わってきます。 大体2,000g前後が標準装備 そこから考えるとかなりの軽量化になりますね STRATUS PRO/アルミ/8万円/1445g/28mm/F20・R24 Vigor RS/アルミ/12.9万円/1560g/31mm/F16・R20 Ares ES3/カーボン/21万円/1440g/35mm/F16・R20 SHIMANOホイール徹底解説|アルテグラグレードWH-RS500が脱初心者への最適解!? ロードバイクのホイールブランドの特徴や価格、重量などを比較できるようにまとめます。今回紹介するブランドメーカーはプロファイルデザイン、ヘッド、ボーマ、ボントレガー、マヴィック、ミケ、ミュラー、ライトウェイト、レイノルズ、ロルフプリマです。 MEILENSTEIN/カーボン/51万円/1100g/48mm/F16・R20 ATTACK/カーボン/16万円/1365g/29mm/F20・R24 STINGER 3/カーボン/29.5万円/1229g/33mm/F18・R24 フルクラムのホイールはシマノ、カンパニョーロの両ギアシステムに対応しています。, 価格帯にしてもカテゴリー的にも、カンパニョーロのソンダ、フルクラムのレーシング3といったライバルに匹敵するホイール。軽量で軽快な走りを実現するアルミリムを採用しており、またUSTロード チューブレスにより、転がり抵抗の低減とスピード向上を特徴としています。, アルミホイールの最高峰と称され、平坦路、ヒルクライム、ダウンヒル、すべてのシーンで最高のパフォーマンスを発揮するオールラウンダー。高い剛性から生み出される卓越した加速性能と推進力はレースのためのホイールです。, フルクラムのレーシングゼロと並ぶ、アルミ製レーシングホイールの最高峰。ZONDA(ゾンダ)で満足できないハイスペック志向の方におすすめします。パフォーマンスに関わる大きなアドバンテージを持ちながら、プラズマ電解酸化処理を施された表面処理がエレガントで艶のある外観となっており魅力的です。, もし、ヒルクライムをはじめ登り坂が苦手という人には、ホイールの中でもとりわけリム高が低い軽量なモデルを選ぶと、今より登りが楽になり、苦手意識も減っていくかもしれません。リム重量は登りの走りにダイレクトに影響するからです。, 登りに強いホイールはただ軽いだけではなく、リム高が低くなっているのが特徴です。これは風への対策によるものです。ヒルクライムや峠など標高が高い土地で走る場合は、風速が走りに大きく影響します。, ヒルクライムのような低速走行の場合、リム高が高いホイール(以下ディープホイール)は横風にあおられると登坂性が落ちてしまいます。しかし、リム高を低くすることで横風の影響を抑え、集中して登ることができるのです。, カンパニョーロのエントリーホイール。2019年、全く新しいデザインでさらに高性能なエントリーモデルホイールへと生まれ変わりました。前後セットで1800gを越えるため、軽量とは言えないが、レースにも十分対応するホイールセットです。, 重さは前後で1500g以下という軽量ホイールであるうえ、実売価格5万円以下という他のメーカーが気の毒に感じる価格設定。初めてのホイールの買い替えを検討している方にとって、手の出しやすい価格帯なのではないでしょうか。ヒルクライムや漕ぎ出しの軽さは実感できるはずです。, メイン素材はアルミですが、随所にカーボンやチタン素材も使用し、登りが快適に走れるように開発されたモデルです。フロントのスポークは軽量化の為にラジアル組みになっています。組み方やスポーク本数によっても重量や乗り心地に差が出てきます。, ワイドでディープなリムを採用したマビック最軽量となるアルミクリンチャーホイール。ヒルクライムを得意とし、天候を選ばない高いブレーキング性能が魅力。軽量化を図るため、スポークにはカーボンを用いています。, ビジュアル性と平坦でのスピードを一番に考えたい人は、ディープリムホイールをおすすめします。ディープリムホイールは何と言ってもその存在感だと思います。デザイン性が高いものも多く、ロードバイクの見た目を大きく変えてしまいます。, また性能において、ディープリムホイールは軽量なアルミリムに比較して登りでデメリットになりますが、平地や下り坂では直進安定性と加速性が高まるのです。, なぜならディープリムホイールは、回転数が増えるほど空気抵抗を軽減する効果があるからです。低速時は強い横風にあおられることはありますが、いったんスピードに乗れば高い持続性と直進安定性をもたらすので横風の影響を最小限に抑えることができるのです。 キシリウムプロ カーボンSL オートルート/カーボン/29.5万円/1190g/25mm/F18・R24, 1919年に設立され機能性とデザイン性を重視したイタリアのブランドです。使っている人は残念ながら今まで見たことがありません(笑 リリースされているモデルが少なく、どちらかというと低価格帯のホイールが多く、ピストバイク専用のホイールも扱っています。デザインが好きだな~っと思ったら購入してもいいかもしれませんね。, EXCITE/アルミ/2.5万円/2016g/25mm/F20・R24 Ares3/カーボン/28万円/1340g/35mm/F16・R16 CL 40/カーボン/17万円/1480g/40mm/F18・R24, 大きな特徴は何といっても独自のスポーク組みにあるでしょう。左右2本のスポークが交差するようなペアスポークシステム(通称ロルフ組み)を採用し、少ないスポーク本数で強度と耐久性を高め空気抵抗を軽減させています。, その他にも特殊ニップルやセラミックコーティング、ハブのセラミックベアリングなど細かい工夫が施されています。性能のみならず見た目で個性を出せるブランドですね。ラインナップも多いです。, Eos3/カーボン/33万円/1295g/32mm/F14・R16 JET 5 EXPRESS/カーボン/22万円/1670g/55mm/F18・R24 今回ご紹介させていただくのはピスト乗りならば一度は耳にしたことがあるであろうアイツ, ・高い強度と、高いデザイン性を併せ持つクランクセットです。・クランクアーム材質: 7050-T6・チェーンリング材質: 7075-T6・重量(※カタログ値): 825g・クランクアーム長: 165mm, 170mm・チェーンリング設定: 48 ・ワールドクラスのトラックレーサー達が要求する高い強度と、ストリートのフィクシー達が求める高いデザイン性を併せ持つOmnium(オムニウム)クランクセットです。・7050-T6アルミを使用したクランクに7075-T6アルミ製チェーンホイール(5mm厚)を採用し、ラインナップ上最も堅く、最も強いクランクが登場しました。, 実は僕も何年か前に違うピストに乗っていまして、その時にこのオムニウムを使用していました。, 僕はもともと脚力が超弱いので剛性感とかは正直体感しにくかったんですが、めちゃくちゃ滑らかに回るのでなんとなーく漕いでて気が付いたら時速30㎞後半、なんてこともしばしば。, ピストバイクは部品数も少なくカスタムしやすいですし、一つのカスタムが車体の性能に大きく影響してきます。, ピスト乗りの皆様、クランクのアップグレードで更なるスピードを手に入れてみませんか?, ※ブログの商品情報は掲載当時の情報です。 ロードバイクに乗り慣れてくると、もっと軽いホイールに変えたくなることってありますよね。本記事ではホイールを変えるメリットや、交換する上で知っておくべき知識を解説!さらには価格別でアルミやカーボンのおすすめホイールをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。, 【3万・5万・10万】安いロードバイクのおすすめ15選。コスパ最強の人気モデルを徹底解説!, Smartlog[スマートログ]は“Enjoy Men’s Life”をコンセプトとする男性向けメディアです。「自分磨きを楽しみ、同性も異性も惹きつけながら、誰よりも自由に、自信を持って生きる。」そんな人生を歩む男性を世の中に増やすことが、私たちの願いです。, タイヤ表面の光沢、マット、蜂巣仕上げなどのカスタマイズに対応しており、オリジナルデザインに仕上げられる, 独自のホイール組が特徴的。見た目はもちろんのこと、風抜けがよく性能面にも優れている。, ディスクブレーキの性能を高めるホイールとして開発されており、ブレーキの利きを向上できる, スチールの重量が前後合わせて1,453g程度と軽量で、軽さを追求したい人におすすめ, スポークアンチローテーションシステムによりスポークを適切な位置でキープできるので、安定感がアップ。, 独自のCULTベアリングシステムで、ホイールの回転がスムーズになり安定した走行が可能。, CULTセラミックベアリングを搭載しホイールの動きが滑らかになることで、安定した走行を実現。, 初心者でも買いやすいよう3万円以下、5万円以下、10万円以下と予算別に安いロードバイクのおすすめを大公開します。, 通勤や通学など普段使いで便利なママチャリ「シティサイクル」の選び方から人気メーカー、おすすめモデルまでご紹介!, 自転車の全7種類の特徴から選び方、通勤・通学におすすめの安い&おしゃれな自転車をご紹介します。, 韓流モテ服図鑑vol.1 身長が高く見える、買って損なしの超優秀ダッドスニーカー7傑. AFFINITY NEW KISSENA 日本発売開始‼ Posted on 13:36by Charlie. Y'sTECH/バイオレーサーフィッティング/サンデーライド等、初心者~上級者まで安心充実サポート。淡路島ライドに一緒にいきましょう!! 数あるホイールの中でもコスパ最強の呼び声が高いこのホイール. https://twitter.com/purapura_ch #ロードバイク #ぷらちゃん #ホイール 58 TWENTY FOUR CL/カーボン/18.3万円/1632g/58mm/F20・R24 ARDENNES FR TU/アルミ/20.6万円/1600g/24mm/F18・R24, 2006年にカーボン繊維商社を前身とするASK TRADINGが自転車事業部を設立し、誕生したブランドです。欧米のロードバイクブランドを数多く手がける台湾、中国の自社/提携工場の生産ラインを生かしカーボンフレームを中心とした製品を作っています。, ホイールに関しては、リムに高耐熱性のバサルト(玄武岩)ファイバーを使用してブレーキ性能を高め、ハブには高精度・高耐久性を誇る日本製ベアリングが使われています。, TH-9W/カーボン/15.3万円/1650g/F38・R50mm/F20・R24 AERO46/カーボン/24万円/1505g/46mm/F16・R20 PARADIGM ELITE/アルミ/12.5万円/1463g/21mm/F28・R24, AEOLUS 9 D3 TU/カーボン/37.9万円/1606g/90mm/F18・R24 STRATUS ELITE/アルミ/3万円/1925g/26mm/F20・R24, RZR46/カーボン/65万円/968g/46mm/F16・R20 250坪に圧倒的な300台の完成車在庫量。流行りのロードバイクの人気ブランド   からクロス、MTB、BMX、ミニ、E-BIKE,,,ALLジャンル揃っています!! TH-15T/カーボン/22万円/1685g/80mm/F20・R24 Ares4/カーボン/28万円/1365g/42mm/F16・R16 ICR5050T/カーボン/17.5万円/1478g/50mm/F20・R24 コンポーネントの区分け同様、105/アルテグラ/デュラエースといったカテゴリーがあり、使用するライダーの経験と脚によって選ぶことができます。価格は他のホイールメーカーよりやや安めで、デザイン的にはあまり特徴がありません。突出したデザイン性はなくとも、バランスのとれた商品であることは間違いなく、優等生と呼ぶにふさわしい存在です。, フルクラムは、1933年に創業したイタリアの老舗自転車部品メーカー・カンパニョーロの伝統を引き継ぎ、2004年に立ち上げられたホイールに特化した姉妹ブランド。初心者からトッププロまで幅広い層から人気を得ており、新興ながら特許技術も生み出してホイール業界で世界屈指の評価を受けています。, 超人気ホイールZONDA(ゾンダ)を販売するカンパニョーロ。エントリーホイールからの卒業を考えるなら間違いなく最有力候補になるでしょう。でも、ゾンダ以外にもプロ仕様のBORA(ボーラ)をはじめ、SHAMAL(シャマル)やEURUS(ユーラス)など、ハイプロファイルからロープロファイルまで幅広いホイールを展開しています。, 自転車総合パーツブランドのマビック。ウェアからシューズまで取り扱い製品は多いが、その中核を担うのが豊富なホイール群です。定番のオンロード用のホイール、KSYRIUM(キシリウム)シリーズをはじめオフロードのホイールまで幅広く揃えます。, Primeはイギリスの通販サイトWiggleが扱うブランド。なんと「フルカーボンリム」のホイールを前後セットで10万円ほどの価格で提供しています。だが決して、『安かろう、悪かろう』という商品ではなく、プライムのホイールは「コスパがいい」という評判に違わぬ性能は十分にあります。, ディープリム・ホイールのその総本山がZIPP。アマチュアレースやヒルクライムの「決戦用」ともされているラインナップを揃えます。, GOKISO(ゴキソ)は超精密工作機械メーカーの株式会社近藤機械製作所から生まれた自転車製品ブランド。リムのタイヤ保持部分の形状を見直し、フック形状を高精度機械加工することによりホイールの真円にこだわったGD2(ジーディースクエア)は、転がり抵抗、パンクリスクの軽減、走行中のタイヤの変形を抑え、より転がり、より快適な走行をもたらします。, 今回は紹介できませんでしたが、最近ではMTB用のDISCブレーキを使用するタイプのロードホイールも出てきています。対応ブレーキが違えばハブの規格も変わってきます。ローターの取り付け方法も6ボルトなのか、センターロックなのか等、ロードバイクの世界では聞きなれない言葉が出てきます。, 自転車自体の乗り方が多様化してきているので、それを扱う側にも相応の知識が要求されているように思います。また、近年はロードバイクのリムサイズもリム幅の広いワイドリムを使用したものが出てきています。そのあたりのことはまた改めてまとめたいと思います。, 今回は、ロードバイクホイールの選び方とおすすめのモデルをご紹介してきましたが、気になったモデルはありましたか?ホイールを選ぶ一つの方法として、まずは軽量なものを選ぶこと。そして、デザインや形も大事ですが、自分が目指している乗り方や方向性を明確にすることが、理想のホイールを見つけるコツではないかと思います。, 都内のプロショップに10年間在籍後、2015年VIKING the MAINTENANCE を設立。東京・西新宿を拠点にスポーク自転車の組付け、カスタマイズ、メンテナンスを軸に展開中。年2回富士山麓でサイクルイベントも企画中。 http://www.viking-the-maintenance.com/, FRAMEは、「自転車からワクワクをひろげよう」をコンセプトに、自転車を楽しむさまざまなフィールドをご紹介します。. AEOLUS 3 D3 TU/カーボン/31.8万円/1160g/35mm/F18・R24 Copyright © 2015-2020 Smartlog. AEOLUS 5 TLR D3 CL/カーボン/36.8万円/1610g/50mm/F18・R24 JET 4/カーボン/26.5万円/1640g/45mm/F18・R24 ぷらぷらちゃんねる! JET 9/カーボン/28万円/1850g/90mm/F18・R24 TH-13W/カーボン/19.8万円/1560g/38mm/F20・R24 ホイールのみの販売も検討中! osso acuto 1.5 99.800円(税別) 橋輪プライス 79.800円(税別) フレームサイズ:490 / 530mm カラー:マットブラック / マットホワイト 近日各カラーとも入荷予定!ナナキュッパで、フルカスタムピストみたいだ 性能というのは速さだけではなく、乗り心地や見た目も性能のひとつだと思います。, ホイールの素材には大きく分けて、アルミとカーボンがあります。それぞれのメリットとデメリットをまとめました。, 必ずしも高価なホイールを選べばよいというわけでもありません。軽量なホイールを選ぶことに越したことはありませんが、もう一つ大事なことは自分の乗り方やスタイル、さらにはどのような状況でホイールを生かしたいかで選ぶモデルが変わってくるのです。走行距離や巡航速度がどのくらいなのか、登りがメインなのか平地がメインなのかによって選び方も変わってくるので、そのあたりのことを考慮して選んでいく必要があります。, 今回は、ホイールを3つの用途に分けてみました。その中から価格帯別におすすめのモデルを紹介していきます。, 一番人気のホイールが、軽量かつ、平坦、登り、下りのすべての状況で平均的に力を発揮するホイールです。具体的にリム高が25mm~40mm前後のモデルです。, 私もこのジャンルを使っていますが、ロングツーリングやヒルクライムどちらも安定した性能を発揮してくれます。, 3万円を切るシマノ105ホイール。DURA-ACEとULTEGRAから引き継いだ技術により、ホイールとしての安定感は抜群です。前後セットで1800gオーバーのため少し重いですが、値段を考えれば相応です。, 初めてホイールを買い換えようと思っているなら、候補に必ず挙がるゾンダ。5〜10万円のアルミホイールを検討しているなら、ゾンダは間違いのない選択と言えるでしょう。堅すぎず柔らかすぎず、ちょうどいい案配の剛性感で、初心者がホイール・カスタマイズするには最適です。, 2018年モデルからC17にワイドリム化したRacing 3。エアーボリュームが増えるとともにタイヤとのマッチングの影響で乗り心地が向上しました。グリップ力も良くなり、コーナーリングの安定性も高くなっています。 コスミック アルチメイト/カーボン/42万円/1250g/40mm/F20・R20 ICR4545C/カーボン/17.8万円/-g/45mm/F20・R24 ICR5555C/カーボン/18.8万円/-g/55mm/F20・R24 NEW KISSENA. 流石の重量です 標準で付いているホイールは実は重くて. ICR5555T/カーボン/17.8万円/-g/55mm/F20・R24 AERO58/カーボン/24.9万円/1580g/58mm/F16・R20 日本先行発売開始‼ Read More. LOCALBIKES METROがもうすぐ入荷‼ Read More. ICR4545T/カーボン/16.8万円/-g/45mm/F20・R24 TH-12C/カーボン/19.8万円/1510g/F38・R85mm/F20・R24, TREK(トレック)の完成車に初期装備されているブランドです。ホイールの他にも様々なパーツがありトレックに装備されてます。品質を高めるための実験でもTREKのバイクが使われ、TREKの特徴に合うように開発されたホイールです。, アメリカのウィスコンシンで丹精を込めてハンドメイドでつくられており、特徴的なD3(Dual Directional Design)は前方からの空気抵抗をコントロールし、後方へスムースに空気の流れをつくる独自の形状デザインとなってます。もちろんTREK以外のバイクにも装着可能で高い性能を発揮してくれます。気になる所では「AEOLUS XXX 」がペアで1kgを下回る超軽量ホイールとなってます。, AEOLUS 3 TLR D3 CL/カーボン/36.8万円/1348g/35mm/F18・R24 コスミック エリート/アルミ/7.8万円/1770g/30mm/F20・R24 キシリウム エリート/アルミ/10.5万円/1550g/F24・R26mm/F18・R20, CXR アルチメイト 60/カーボン/33万円/1590g/60mm/F16・R20 AERO58/カーボン/24万円/1340g/58mm/F16・R20 「今よりも快適にサイクリングを楽しみたい」「好みのホイールにカスタマイズしてみたい」と考えている人は意外と多いはず。, ホイールを変えるだけで見た目がかっこいいと感じられるのはもちろんのこと、ぐんと走りやすくなるので、もっとロードバイクが楽しくなりますよ。, そこで今回は、おすすめのロードバイク用ホイールと選び方を併せてご紹介します。コスパのいい商品からハイクオリティな商品まで厳選しました。ぜひ、お気に入りのホイールを選ぶための参考にしてみてくださいね。, まずは、ロードバイクのホイールを交換するメリットをご紹介します。ロードバイクのパーツの中でも大きな面積を占めているので、交換すると乗り心地が変わります。, ホイールを軽い商品に変えると、漕ぎ始めに必要な力が少なくて済みます。その分加速しやすく、平坦な道でもスピードアップしやすいところがメリットです。坂道を降る時には加速しやすく、感じたことのないスピード感を体感できるようになることも。, また、ホイールが軽いと登板する時に余分な力が必要となりません。そのため、登坂力が向上して辛い坂道も楽に登れるようになります。, ホイールはロードバイクの中でも目に付くパーツです。ホイールを変えることで、自分好みのデザインにカスタマイズができます。メーカーによっては独特の形状でデザイン性を高めている商品も。, また、部品のカラーを選択できる商品やタイヤの質感を蜂巣、光沢、マット仕上げなどから選択できる商品もあります。, ここからは、ロードバイクホイールを交換する上で知っておきたい知識をご紹介します。標準的な材質や特徴などを知っておくと、好みの商品が選びやすくなりますよ。, ロードバイクの走りを左右するのがホイールの材質です。ホイールの材質は走り心地に影響を与えるため、シーンに合わせて選ぶことが大切。ホイールの材質にはアルミとカーボンの2種類があり、ブレーキの利きや軽さ、耐久性などが異なります。, 価格帯も異なるので重視したいポイントに合わせて、どちらの材質を選ぶべきかチェックしましょう。, 初めてホイール交換をする人に向いている材質が「アルミホイール」です。3~15万円で購入でき比較的安価な商品も多いので、試しにホイール交換をしてみたいという場合にも向いています。, また、耐久性に優れており摩擦による消耗が少ないので、使用頻度が高い人や通勤や通学に使いたい人にもおすすめ。ブレーキの制動力が強く、雨の日でも快適に走れます。, デメリットとしては、カーボンよりも重い材質なので、軽さを追求したい人には向いていないでしょう。, カーボンは、特殊な樹脂を接着剤で固めて作った材質です。アルミよりも軽いので「とにかく軽さを重視したい」という人におすすめ。車体が軽くなる分加速しやすく、平坦な道でも難なく走れるようになります。, 一方で、5~20万円くらいする商品が多く、アルミホイールと比べると費用がかかるところがデメリット。, また、接着剤で固めてあるだけの材質なので扱い方によっては割れてしまうこともあり、定期的なメンテナンスが必要になります。, ロードバイクのホイールは、「クリンチャーホイール」と「チューブラーホイール」、「チューブレスホイール」の3種類があります。それぞれ特徴が異なるので、ロードバイクの使用頻度や乗り心地、使いやすさに合わせて選ぶといいでしょう。, 特に、初めてホイールの交換にチャレンジする場合には、どのような特徴があるのかぜひチェックしてみてくださいね。, クリンチャーホイールは、U字構造になっているタイヤの中にチューブを入れて、コの字型のリムに空気圧で押しつけてタイヤを固定します。, タイヤとチューブの組み合わせが自由で、好みのスタイルにアレンジしやすいところが特徴。, チューブが安価なのでランニングコストがかからず、初心者にもおすすめです。一方で、リムにある程度強度がいるので、チューブラーに比べると車体が重くなることは覚えておきましょう。, 3種類のホイールの中でもっとも歴史が古く、競技用としても使用されることが多いタイプです。筒状のタイヤの中にチューブが縫い込まれており、筒状のリムにタイヤを固定する構造となっています。, タイヤはリムセメントと呼ばれる接着剤や両面テープで固定するため、専用の接着剤が必要。一度パンクすると、修復が難しいところがデメリットです。, 一方で、乗り心地がよくリム強度が高く耐久性があるので、本格的なサイクリングを楽しみたい人や乗り心地にこだわりたい人におすすめです。, 近年になって普及し始めたタイプで、チューブを使わないでタイヤのみで使用できるところが特徴です。, 乗り心地がよくパンクしにくいので、使用頻度が高い人や乗り心地にこだわりたい人におすすめ。万が一パンクをしても急激に空気圧が下がらないので、安全性が高いところも魅力的です。, しかし、まだまだラインナップが少なく選択肢が限られてしまい、割高となってしまうところがデメリット。ホイールとの相性によっては、タイヤをはめる時に力が必要となる場合もあるので、女性は注意が必要です。, ロードバイクホイールの基本的なホイールサイズや重量、リム幅やリムの高さを知っておくと選ぶときの目安となります。, ぜひ、好みのロードバイクホイールを見つけるためにも、基礎知識としてチェックしてみてくださいね。, ロードバイクのホイールサイズは700cが一般的です。日本人の大人が乗りやすい大きさで、運転しやすいところが特徴。また、700cサイズのホイールを購入すればほとんどのロードバイクで使用できるため、サイズが合わなくなる心配もありません。, ただ、身長が160cmを下回る小柄な人や女性向けには、650cのホイールも販売されています。自分の身長や乗り心地に合わせて、こちらのサイズを選択するのも一つの手段です。, ホイールの重量は、前後合わせて1700g程度だと安定した乗り心地となり、街乗りでもレースでも使用できます。ホイールの重量が重すぎると加速しにくく、走り出すのにエネルギーが必要です。逆に、軽すぎると漕いでいる感覚が少なく運転しにくいと感じてしまうことも。, 1700g程度なら重すぎることなく、登板力や加速力を維持しながら、快適に運転をすることが可能。ホイールを購入する時には、ぜひ重量もチェックしてみてくださいね。, 安定した乗り心地を実現するには、タイヤ幅もチェックしたいポイントです。タイヤ幅は23c〜25c程度が適切で、数字が小さいほど幅が狭くなります。, タイヤ幅が狭いとそれだけ地面と接する面積が狭くなるため、運転技術が求められる場合がありますよ。, 逆に、タイヤ幅が広すぎると地面との接地面積が増え、前に進むために余分な力が必要となります。なので、23c〜25cの間でタイヤ幅を選択すると、少ない力でも運転しやすくサイクリングが楽しめます。, ホールリムの高さには様々な種類がありますが、20~30mm前後のローハイトが無難です。31~45mmはセミディープ、46~80mmはディープと呼ばれており、数字が大きくなるほど空力性能が増しますが、その分リムが重くなります。, 漕ぎ始めや登板に力が必要となるのはもちろんのこと、風の向きによっては煽られて落車してしまう場合も。, 特に、重いリムに慣れていない初心者の場合には、オーソドックスなローハイトを選択するようにしましょう。, リム幅は走行するシーンに合わせて選ぶと、走りやすくなります。通勤や通学に使う場合や平地が多い場合には17cのワイドリム、坂道が多いヒルクライムなどの場合には15cのナローリムを選ぶようにしましょう。, しかし、近年ではリム幅を15cから17cにワイド化する商品が多く、17cのワイドリムがスタンダードになっている傾向が。ワイドリム化することで、コーナーリングの安定性やクッション性の向上が得られるため、より快適に走行できるようになります。, ここからは、かっこいいロードバイクホイールを厳選してご紹介します。コスパのいい商品からハイクラスの商品まで予算別に分けてみました。, 予算や欲しいロードバイクホイールのタイプに合わせて、ぜひ参考にしてみてくださいね。, 初めてホイールを交換する場合や気分に合わせてホイールを定期的に交換したい場合には、5万円程度のエントリーモデルがおすすめです。どのように交換するのかチェックしながら実際に乗り心地を比べるのに、最適なモデルを紹介していきます, 自転車部品と釣具を主に展開するメーカー「シマノ」のホイールです。シンプルなデザインなので、シーンを問わず愛用できます。ホイールの軽量化に特化しており、漕ぎ始めの段階で軽さを感じられるところも大きな魅力。もちろん登板力もあり、快適にサイクリングが楽しめるようになります。, 日本製の商品ですがコスパがよく、初めてホイールをチェンジしてみようと考えている人におすすめです。, サンライズの「クリンチャー・ホイールセット」は全EN品質基準試験に合格しており、安心して使える商品です。標準的な700cなので、使い勝手が良いところがポイント。リム幅も23mmで安定しやすく、どのような道でも走行しやすくなっています。初心者でも乗りやすい標準的なサイズ感です。, また、軽量な「炭素繊維-東レT700」を使用しており、丈夫なカーボン製のホイールを探している人にも向いています。蛍光カラーが目を引くおしゃれなデザインなので、機能性とデザイン性のどちらも取り入れたい人におすすめの商品です。, VCYCLEの「ロードレース用ホイールセット」は、タイヤの表面に玄武岩を配合し、ブレーキ摩擦への耐久性をアップさせているところがポイント。ロードレースでも使える耐久性を兼ね備えています。, また、700cのタイヤサイズにリム幅は23mmと標準的なサイズ感なので、初心者でも扱いやすいところも魅力的。, ハブやスポーク、ニップルなどの材質にもこだわっており、長い間愛用できるように製造されています。標準的なサイズ感のお得なホイールを探している人におすすめです。, ingrevelの「ロードバイククリンチャー前後セット」は軽量カーボンを使用し、走りやすさを追求しているところが特徴。平坦な道や坂道など、軽さを活かした走りを体感できます。, タイヤ表面の光沢、マット、蜂巣仕上げなどのカスタマイズにも対応しており、よりオリジナリティのある商品に仕上げることが可能に。, さらに、リムの高さも選べるので、ロードバイクを使用するシーンに合わせて使いやすいように設定できます。好みのデザインやリムの高さにこだわりたい人におすすめの商品です。, ロードバイクの扱いに慣れてきたら、5万円~10万円程度のミドルクラスのホイールにチェンジしてみましょう。, 扱いやすい商品やコスパのいい商品を厳選したので、好みの乗り心地に近づけるアイテムに出会えるはずですよ。, イタリアの人気ブランド『Campagnolo』のホイールです。G3と呼ばれている独特のホイール組の美しさが特徴。前後でリムの高さが異なり、絶妙なトータルバランスを保っています。そのため、乗り心地がよく長時間乗っていても疲れにくいところがメリット。, また、高品質なアルミを使用しており、剛性に優れているところも魅力的。長時間乗り続けることが多い人や、美しいフォルムにこだわりたい人におすすめの商品です。, Fulcrum Racing3は、ホイールをメインに展開しているブランドです。軽量なアルミを使用し、前後で1,560gに抑えています。ブレーキ面にはアルミ切削加工が施されており、ブレーキによる摩擦を軽減してくれます。, こちらの商品は、リム幅が22.5mmとなっており、通常よりも少し狭くなっているところもこだわりのポイント。リムの高さも、前後で異なるように設置されています。, アルミ製のホイールにこだわりたい人や、乗り心地を重視したい人におすすめの商品です。, SHIMANOが独自開発をしたカーボンラミネートリム採用で、耐久性をアップさせているところが特徴。, 700cでリム幅は23mmと標準的なサイズですが、国産らしい丁寧な作りで、乗り心地がいいとファンが多い商品です。通勤や通学など、普段から使用頻度が高い人でも安心して使えます。, また、貴重なチューブレスタイプでタイヤ交換しやすく、乗り心地が良いところも大きな魅力。国産のホイールにこだわりたい人やチューブレスタイプを探している人におすすめの商品です。, campagnoloらしい美しいフォルムが目を引くホイールで、見た目で差をつけたい人に向いている商品です。, 駐車してあるだけでも、ホイールの形状が引き立ちます。リム幅は22mmとやや狭くなっており、絶妙なバランスを保つよう設計されてるところも魅力的。, また、ディスクブレーキの性能を高めるホイールとして開発されており、リムブレーキの性能を高めたい場合や、ブレーキの利きをよくしたい場合にも向いています。, IMUSTの「700Cカーボンホイール」はチューブレス ・クリンチャー両用で、組み立てやすいところが特徴。丈夫なリムテープもセットとなっており、用具を準備する必要がありません。, リム幅が25mmとなっており、少し太めに設けられているので、安定した走りを求める場合やロードバイク初心者にもおすすめです。, また。カーボン製で前後合わせて1,453g程度と軽量なところも魅力的。1,400g台のホイールは少ないので、少しでも軽いホイールを探している人にも向いています。, 10万円以上するハイクラスモデルは、ヒルクライムなどのレース用として使う場合や長く愛用できるハイクオリティなホイールを探している人におすすめです。, FULCRUMの中でも定番の人気モデルがこちらです。ツーリングやロングライドからヒルクライムのレースまで、幅広く使えるところが特徴。, 軽量なアルミスポークが使われているため、加速力があり、こいでいて疲れにくいところが人気の秘訣です。, また、ペアリングにはUSBセラミックボールが使用されており、摩擦係数を減らして滑らかな走り心地に。より走りにくさを感じにくくなっていますよ。, 耐久性の高いアルミを使用しており、どのような天候でも性能を維持し快適に使用できるところが特徴。ブレーキの利きにもこだわり、どのようなシーンでもブレーキ性能が発揮できるように改良されています。, また、引っ張りと突っ張りのどちらにも強い構造になっており、どのように力が加わってもホイールの形状が歪むことなく性能が衰えません。, Campagnoloのホイールの中でも独自の混合アルミニウム、カーボンリム構造を採用しており、両者の材質を取り入れているところが特徴。, ブレーキ面にはアルミを使用し、摩擦への耐久性をアップしています。両者の素材を使っても、軽量のままなので加速力は維持したまま。, また、「スポークアンチローテーションシステム」を搭載しており、スポークを空気力学において適切な位置でキープすることが可能。より心地いい走りを実現します。今までよりもワンランク上の乗り心地や使い心地を体感したい人におすすめの商品です。, タイヤ部分にcampagnoloのロゴが入っており、目を引くデザインです。レースでの勝利を念頭に置いて作られており、細部までこだわりが詰まっています。, 中でも、独自のCULTベアリングシステムを採用しており、ホイールがスムーズに回転するようになったりブレーキの利きが向上したりするところがメリット。, また、リム幅は24.2mmとワイド化しましたが重量増加することなく、加速力も維持しているところも魅力です。本格的なレースで使えるホイールを探している人におすすめの商品ですよ。, マヴィックから発売されている20年以上プロライダーから支持を集める、定番の人気モデルです。, 軽量化されたボディとリム高45mmの絶妙なバランスで、空気抵抗を抑えて加速力がアップしたところがポイント。また、パワーリンクと呼ばれるタイヤを装着して、しなやかな走りを実現します。, 材質には合金とカーボンのハイブリットを使用し、軽量化と丈夫さを両立。今までの走りでは物足りない場合や本格的な走りを体感してみたい人におすすめの商品です。, FULCRUMのロゴがタイヤ部分に入っており、駐車している時もかっこ良い雰囲気が感じられるところが特徴。2013年の登場以来、本格的な走りを求めるライダーたちから支持を集めています。, 軽量で良質なカーボン素材を使用しており、優れた空力性能を発揮。直線では加速力がアップし、快適な走りを楽しめるところも大きな魅力です。, レースでの使用はもちろんのこと、今まで以上に快適な走りを求める人におすすめの商品ですよ。, FULCRUMの定番ハイモデルで2WayFitテクノロジーが採用されており、クリンチャーとチューブレスの2通りの使い方ができるところが特徴。使いやすい方法で組み立てることができます。, また、CULTセラミックベアリングを搭載しており、ホイールの動きが滑らかに。プロライダーが自由自在に運転できるように作られています。, デザイン性も高く、1本だけ色違いのホイールがアクセントとなっているところも魅力的。機能性とデザイン性の両方を重視したい人におすすめの商品です。, 最後に、ロードバイクホイールのおすすめメーカーを厳選してご紹介します。機能やデザイン性と合わせてメーカーの特徴を知っておくと、ホイール選びの参考にもなりますよ。どのようなメーカーがあるのか、早速見ていきましょう。, 『Campagnolo』とは、シマノと並ぶイタリアで誕生した老舗自転車メーカーです。元自転車選手だったトゥーリョ・カンパニョーロ氏によって設立しました。, 機能性だけでなくデザイン性も兼ね備えているところが特徴で、その分価格が高い商品が多いです。, ファンが多いので、「いつかは使ってみたい」と思っている人も多いはず。デザイン性を重視したい人や本格的なレースで使用したい人におすすめのメーカーです。, 『Fulcrum』とは、Campagnoloの姉妹ブランドで2004年に誕生しました。自転車のホイールに特化しているところが特徴で、航空宇宙工学など最新のテクノロジーを駆使した商品が目立ちます。, Campagnoloの姉妹ブランドなだけあってデザインもおしゃれで、デザイン性を重視したいライダーからも支持を集めているメーカーです。Campagnoloよりも安価な商品があるので、初心者にもおすすめ。, 『シマノ』は1940年に大阪で誕生した、スポーツ用品メーカーです。国産のホイールと言えばシマノと言われるだけでなく、世界的なサイクル用品メーカーとして知られています。, 細部までこだわった丁寧な作りと購入しやすい価格帯で、初心者からプロライダーまで愛用できるところが特徴。, シマノは商品のラインナップも多く、こだわって選びたい人や価格帯に合わせて選びたい人にも向いています。, 『Mavic』は、フランスのサイクル用品メーカーです。リム、完組みホイールで人気を博し、注目されるようになりました。ライダーが扱いやすいように工夫をされている商品が多く、初心者でも購入しやすいところが特徴。, また、デザイン性にもこだわっておりおしゃれな商品も揃っています。比較的安価な商品も扱っているので、初めてホイール交換をする人に向いているメーカーです。, 今回は、おすすめのロードバイクホイールや選び方をまとめてご紹介しました。コスパのいい初心者向けの商品からロングライドやプロユースの商品まで揃っており、使い方に合わせて選ぶことができます。, ホイールを変えるだけでも、今までとは違った感覚でサイクリングを楽しめます。ぜひ、好みの乗り心地のホイールを見つけてみてくださいね。.

二酸化炭素濃度 測定 アプリ 5, アコギ ブルース 名曲 7, タイ 輸入代行 バイク 6, パッチギ 2 評価 6, クロノトリガー レベル上げ ブリザビースト 5, 朝 潮 太郎 子供 6, 白馬観光開発 社長 和田 5, Mhxx 獰猛化 イャンガルルガ 10, 松村北斗 ブログ 見れ ない 53, 松井亮 ブリグリ 現在 29, ハリーポッター 年齢 学年 57, 上 条 当麻 声優 変わっ た 16, セクゾ Run 歌詞 5, 俺癒 金沢 ロケ地 4, 米10kg 値段 平均 6, Chrome リモートデスクトップ 灰色 10, ガイアの夜明け 動画 Dailymotion 8, パズドラ キャッシュクリア Iphone 31, 宝くじ ネット購入 当選金 13, 田丸麻紀 髪型 2020 22, ファスティング 7日間 回復食 20, Ngワード 一覧 2ch 5, 朝 潮 太郎 子供 6, 米津玄師 Lemon 服 13, ジャン アレジ 資産 4, 上からマリコ 歌詞 意味不明 4, 男性 アナウンサー ワースト 14, ギア 2 海外 の 反応 4, Groove ミュージック 歌詞表示 5, さがみ野 グレート 閉店 10, 巫女 家系 苗字 9, 八王子高校 アスリートコース 推薦 4, Apex キャラコン Pc 18, スト5 Pc版 購入方法 10, 中村ゆりか 池田エライザ 共演 7,

Leave A Response

* Denotes Required Field