ビートルズ オノヨーコ 曲 5

前売券:一般:2,500円 大学・専門学校生:2,000円 中・高校生:1,000円  「音楽以外の作品はすべて、イベント的な要素を持っています。イベントとは、ハプニングのように他の分野の芸術を同化させたものではなく、さまざまな知覚からの自身の解放なのです。多くのハプニングにみられる一体感もなく、ただ自己と向き合う営みなのです。ハプニングと違って台本もありません。ただし、イベントの引き金となるものはあります。願いや希望に近いものかもしれません。心の壁を取り払い、視覚、聴覚、そして動的な知覚を捨てたあと、私たちは何を生み出すだろうか。私はそのようなことに思いを巡らしています。私のイベントは多くの場合、驚異を感じながら行なわれるのです。満足に食べることもできず、空想のメニューを弟と言い合っていた第二次世界大戦の体験にまで遡る手法です」。, 実験映画作家でもあり、1964年から1972年の間に16本の映像作品を撮っている。1966年に製作の『ナンバー・4』(通称『ボトムズ』)は高い評価を得た作品である。歩行機上を歩く人のお尻のクローズ・アップ・ショットの連続で、スクリーンに映し出された映像は、お尻の縦の線と下部にできる横皺の線とでほぼ4分割されているように見える。サウンドトラックとして、このプロジェクトの参加者と参加希望者のインタビューが使われている。1996年スウォッチがこの作品を記念してそのお尻の映像をデザインした時計を製造した。, レノンはかつて彼女のことを「世界で最も有名な無名アーティスト。誰もが彼女の名前を知っているが誰も彼女のしていることを知らない」と語っている。, 親しい仲間には、ジョージ・マチューナス、ラ・モンテ・ヤングの他に、ケイト・ミレット、ナム・ジュン・パイク、ダン・リクター(英語版)、ジョナス・メカス、マース・カニンガム、ジュディス・マリナ、エリカ・アビール、フレッド・デ・アシス、ペギー・グッゲンハイム(英語版)、ベティ・ローリン(英語版)、荒川修作、エイドリアン・モリス(英語版)、ステファン・ウォルフェ(英語版)、キース・ヘリング、アンディ・ウォーホルらがいた。, オンタリオ美術館のマシュー・タイテルバウム(英語版)は、「オノ・ヨーコは世界で最もオリジナルで、最も感動を与えるビジュアル・アーティストのひとりだ」。ニューヨーク・タイムズのマイケル・キンメルマン(英語版)は「オノ・ヨーコのアートは鏡だ。彼女の作品『ボックス・オブ・スマイル』のように、我々は彼女の作品に対する自身の反応の中に、自身を見ることになる。自己啓発への小さな刺激を与えてくれる。まるで禅のようだ」。, 2001年、回顧展『イエス、ヨーコ・オノ』は、アメリカ美術批評家国際協会(英語版)の最優秀美術館展賞を受賞。, 2002年、バード・カレッジより名誉美術学博士号を授与。スコット・マクドナルド客員教授は「彼女の作品は作品として賞賛に値するし、彼女がメディアの歴史の中で、そして世界の中で、主張してきた事も賞賛に値する。その勇気、不屈さ、粘り強さ、独立心、そして何よりも、創造力。そして、平和と愛こそが輝かしくて多様性に富んでいる人類の未来へと導いてくれるのだ、という信念はすばらしい」と過去に語っている。, 2009年6月、第53回ヴェネツィア・ビエンナーレで、生涯業績部門の金獅子賞を受賞。初の日本人受賞者となった。受賞理由について、「パフォーマンス・アートとコンセプチュアル・アートの先駆者。もっとも影響力を持つアーティストのひとり。ポップカルチャーと平和活動のシンボルとなるずっと前から芸術的な表現 方法を開拓し、日本と欧米の双方において永続的な痕跡を残してきた」と説明している。, ジョン・ケージやオーネット・コールマンとコラボレーションをしている。1961年カーネギー・ホールで初公演を行った[9]。オノはこのパフォーマンスを 「すべて配置し終わると、私はステージをとても暗くしたの。網膜を緊張しなければならないほどにね。なぜって、人生はそういうものだからよ。緊張しなければ人の心を読むことだってできないわ。それからステージを真っ暗にした。(中略)みんなは、ステージではまったく音をたてずに静かに廻ってね。紐で絡がれた二人の男性が、体の周りに空き缶と空き瓶をいっぱいぶら下げて、音をたてずにゆっくりとステージの端から端まで静かに移動しなければいけないときがあったの、私のやりたかったことは、ほとんど聴こえない音を作ることだったのよ。[10]」と語る。1965年には、同じ会場で、『カット・ピース』2回目の公演を行った。, 1968年、レノンが ビートルズ在籍中の『トゥー・ヴァージンズ』が始まりでアルバム『ザ・ビートルズ』に「レボリューション9」を提供、バックコーラスとして「バースディ」に参加し、「ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル」でソロ・ボーカル(一行のみ)を披露している。, 1971年6月5日、レノンがフランク・ザッパのフィルモア・イーストでのコンサートに招かれた際、ジョンとヨーコはステージに上がっている。, 1969年、プラスティック・オノ・バンドのファーストアルバム『平和の祈りをこめて』をトロントで開催された『ロックンロール・リバイバル・フェスティバル(英語版)』で録音した。レノンとオノに加え、当初メンバーとして、ギタリスト、エリック・クラプトン、ベーシスト、クラウス・フォアマン、ドラマー、アラン・ホワイトがいた。前半はスタンダードなロック・ナンバーで、後半は、オノがマイクをとり、叫び歌うという前衛的な構成であった。, 1970年には ファースト・ソロ・アルバムである『ヨーコの心(英語版)』を発表。これは『ジョンの魂』の姉妹アルバムにあたる。2枚のジャケットのデザインは共通しており、オノ盤は、彼女がレノンに寄りかかっている写真を、レノン盤はレノンがオノに寄りかかっている写真を使用している。オノ版は、日本の古来からの土着的歌謡から影響を受けたと思われる、唸りと叫びが交錯する独特なボーカルがフィーチャーされているが、そのボーカルは、自然界の音(特に動物による)や風の音、管楽器奏者によって用いられたフリー・ジャズのテクニックを駆使したサウンドに共通するところがある。パフォーマーには、オーネット・コールマンや著名なフリー・ジャズ奏者が含まれ、リンゴ・スター、その他のミュージシャンが脇を固めている。ある曲では、言葉をなさないボーカルがフィーチャーされており、これは後にメレディス・モンクなどのアーティストに影響をあたえたとされている。また、パブリック・イメージ・リミテッド等のバンドに影響を与えた。, 1971年、2枚組アルバム『フライ(英語版)』を発表。「ミッドサマー・ニューヨーク」や「マインドトレイン」で、従来のサイケデリック・ロックを披露する一方で、フルクサスの作品も含まれている。また「ミセス・レノン」は大々的ではないものの、ラジオで放送された。キョーコがトニー・コックスとともに失踪した後に作られた曲「ドント・ウォーリー・キョーコ(京子ちゃん心配しないで)」が有名である。, 1972年、レノンとともに2枚組アルバム『サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ』」を発表。1973年には、『無限の大宇宙(英語版)』と『空間の感触(英語版)』という2枚のフェミニストアルバムを1973年に発表した。特に、「ムーブ・オン・ファースト(移動だ)」、「ヤン・ヤン」、「サマンサの死」は評価が高い。1974年に『ストーリー』を制作したが当時はリリースせず、1997年にリリースされた。, 1980年初頭、レノンはナイトクラブで、リーナ・ラビッチ(英語版)やB-52'sの「ロック・ロブスター」を聴き、彼らの音楽はオノのサウンドを彷彿させるものがあると感じ、オノのサウンドがメインストリームに到達したことの現れだと考えた。実際、多くのミュージシャンは、オノを一アーティストとして、また、ミューズ、アイコンとして賞賛している。例えば、エルヴィス・コステロは「ウォーキング・オン・シン・アイス」を、B-52'sは「ドント・ウォーリー・キョーコ(京子ちゃん心配しないで)」を「ドント・ウォーリー」にタイトルを変更してカバーしている。また、ソニック・ユースは、「ボイス・ピース・フォー・ソプラノ」を『SYR4・グッバイ・20th・センチュリー』で披露している。ベアネイキッド・レディースの中には「ビー・マイ・ヨーコ・オノ」があり、ダー・ウィリアムス(英語版)は「アイ・ウォント・ビー・ユア・ヨーコ・オノ」というタイトルの曲をレコーディングしている。, 1980年『ダブル・ファンタジー』をレノンとともに発表、同年、12月8日、レノンとオノはスタジオで、『ウォーキング・オン・シン・アイス』の作業をしていた。レノンの没後『ウォーキング・オン・シン・アイス(フォー・ジョン)(英語版)』は1か月も経たないうちにリリースされ、チャート58位を記録し、特にダンス・チャートでは13位に達し、オノにとっては初のチャート・サクセスとなった。1981年、レノンのひびが入り血のついた眼鏡と半分だけ水の入ったグラスが、 セントラル・パークを望む窓の前におかれている衝撃的な写真をカバーに使用した『シーズン・オブ・グラス』を発表する。この写真は2002年4月にロンドンのオークションに出品され、約13,000ドルで落札された。ライナーノーツの中でオノはこのアルバムはレノンに捧げたものではないとし、「そんなことを言ったら、ジョンは気分を害することでしょう。彼は私たちの一人なのだから」と語っている。, 1982年、『イッツ・オーライト(英語版)』を発表。カバーには、トレードマークのサングラスをかけたオノが太陽を見つめている写真を使用し、バック・カバーには、ゴーストとなったレノンが彼女と息子を見つめている写真を使用した。シングル曲「マイ・マン」、「ネバー・セイ・グッドバイ」はラジオでも放送された。, 1984年、トリビュート・アルバム『エブリ・マン・ハズ・ア・ウーマン(英語版)』がリリースされた。このアルバムの中で、エルヴィス・コステロ、ロバータ・フラック、エディー・マネー(英語版)、ロザンヌ・キャッシュ(英語版)、ハリー・ニルソンといったアーティストがオノの楽曲を演奏している。これは、レノンが完成させることができなかったプロジェクトの一つであった。同年末に、オノとレノンの最後のアルバム『ミルク・アンド・ハニー』が未完成デモとしてリリースされた。, 80年代最後のアルバム『スターピース(英語版)』は、ロナルド・レーガンのスター・ウォーズ計画に対抗する意図で製作されたアルバムである。ジャケットでは、温かく微笑むオノが地球を手のひらで包み込んでいる。『スターピース』はレノンが関わっていない作品の中で一番の成功をおさめた。シングル「ヘル・イン・パラダイス」はヒットし、MTVで繰り返し放送された。, 1992年、ライコディスクと契約をかわし、6枚組ボックス・セット『オノボックス(英語版)』をリリースする。このボックス・セットは1974年の「ロスト・ウィークエンド」セッション時の未発表作品と共に、すべてのソロ・アルバムの中からの主要作品のリマスター・バージョンを収録している。また、1枚組アルバムとして、オノボックスのベスト盤と言えるアルバム『ウォーキング・オン・シン・アイス』もリリースした。同年、音楽ジャーナリストマーク・ケンプ(英語版)による、オルタナティヴ・ミュージック雑誌「オプション」のカバーストーリー用ロング・インタビューにオノは応じた。ポップスとアバンギャルドを融合したさせた先駆者としての彼女の役割を許容している新しい世代のファンのために、オノの音楽を見直すという内容だった。, 1994年、ブロードウェイ向けにアレンジをした曲を使用した『ニューヨーク・ロック』というミュージカルをプロデュースした。, 1995年、息子ショーンのバンドIMAとコラボレーション、『ライジング』を発表し、世界ツアー(ヨーロッパ、日本、アメリカ)も行った。翌年、「ライジング・ミックス」で、様々なミュージシャンとコラボレーションを行った。ライジングのリミキサーとして、チボ・マット、ウィーン、トリッキー、サーストン・ムーア(英語版)らがいる。この頃、行方不明だったキョーコから連絡があり、再開を果たす。音信不通だった理由は、裁判で父親が不利にならないようにする意図や、有名人である母親に自慢できる娘になってから会いたかったからだと言う。連絡のきっかけは、夫との子供を生む前に、一度は母に会わなきゃいけないと考えたとも語っている。, 1997年、ライコディスクは、全ソロアルバムをCDで再発した。オノとロブ・スティーブンスはリマスターを行い、アウトテイク、デモ、ライブ音源等、様々なボーナストラックが付け加えられた。, 2002年、クラブ用に、DJらがオノの曲のリミックスをおこなった。このリミックス・プロジェクトでは、オノは名義を単純に「オノ」とし、これは、彼女のキャリアを通して悩ませ続けた「オー・ノー!」というジョークへのリスポンスにもなっている。ペット・ショップ・ボーイズや、オレンジ・ファクトリー(英語版)、ピーター・ラウファー(英語版)、ダニー・テナグリア(英語版)らトップDJ、ダンス・アーティストらによってリミックスされた新しい『ウォーキング・オン・シン・アイス』は大きな成功をおさめた。, 2003年4月、『ウォーキング・オン・シン・アイス(リミックス)』は、ビルボード・マガジンのダンス/クラブ・プレイ・チャートで初のナンバー・ワンに輝いた。1981年版オリジナル12インチ・ミックスでは、「ヨーコ、これは初のNo.1になるよ」とレノンがしゃべっている声が聞くことができる。, 2004年11月、『エブリマン...エブリウーマン』で再度、同チャート、ナンバー・ワンに返り咲いた。これは、『ダブル・ファンタジー』に収録されている「エブリ・マン・ハズ・ア・ウーマン・フー・ラブズ・ヒム」をベースにした曲で、同性婚をサポートする内容の歌詞となっている。, 2005年6月、ロンドンの音楽フェス メルトダウンへの参加。パティ・スミス監修、クイーン・エリザベス・ホール(英語版)でパフォーマンスを行った。, 2008年1月、"No No No"で、8月には"Give Peace a Chance"で同チャートのナンバー・ワンを記録, 2009年6月、"I'm Not Getting Enough(英語版)"で、76歳にして5度目のダンス/クラブ・プレイ・チャートでのナンバー・ワンを記録した。, 2010年、"Give me something"、"Wouldnit (I'm A Star)(英語版)"でも同チャートのナンバー・ワンを記録し、7度目のナンバー・ワンを記録した。現在、ダンス/クラブ・プレイ・チャートの分野では最も活躍しているアーティストの1人である。, 2007年2月、『イエス・アイム・ア・ウィッチ(英語版)』が発売。さまざまなアーティストによる、彼女の楽曲のリミックスやカバー集となっており、フレーミング・リップス、キャット・パワー、アントニー、DJスプーキー(英語版)、ポーキュパイン・ツリー、ピーチーズらが参加しており、批評家から好評価を得た。『プラスティック・オノ・バンド/ヨーコ・オノ(オノの心)』のスペシャル・エディションも発売となった。その他にも、4月にオノの作品のダンス・リミックスのコンピレーション『オープン・ユア・ボックス』が発売された。, 2009年6月9日、4曲入りEP、"Don&'t Stop Me! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); でも、なんていえばいいんでしょうね、こういう「音」が必要とされる場面が、もちろんいつもではないですけど、たまに本当に来るんですね。, といっても一枚目は書いた通り割とオーソドックスなロック曲もありますので、それほど構えずに聴いていただければと思います。, またいままでビートルズ、ジョン・レノンの文脈でしかオノ・ヨーコを捕らえていなかった人も是非聴いていただきたいです。, 様々なアーティストにも影響を与えたと書きましたが、他ならないジョン・レノンのビートルズ後期からソロ期の音楽に1番大きな影響を与えたのがオノ・ヨーコなのは間違いないのです。, 差し出がましいようですが、そのこともまた念頭においてどういう人なんだろうと興味をもって聴いていただければと思います。, (文中敬称略。一人だけ特別扱いするのもおかしいので敬称略にしましたが、なんだか書いてて凄く居心地が悪かったですね…。また、アルバムのクレジットを忠実になぞると、ヨーコ・オノが正しいかも知れませんが、日本語としての親しみやすさを取ってオノ・ヨーコとしました。). ※図録は会場にて販売予定です。(価格:5,500円) 大ヒットシングル「渚」「チェリー」をふくむアルバムで、当時セールス、人気ともに前作『ハチミツ』に続き、絶頂期でした。 チケットホルダー付きチケット タイプA 「WAR IS OVER!」:3,000円 ジョン・レノンとオノ・ヨーコはその軌跡を彼ら自身の言葉や作品で辿る展覧会「ダブル・ファンタジー ジョン・アンド・ヨーコ」についてピース又吉直樹とスプツニ子!が語る動画が公開さ …

Lol 新チャンプ サミラ, 中書島 時刻表 宇治線, 洗面所 タイル 壁紙, スカーレット 直子 嫌い, ローリングス 投手用 軟式, 豚肉 卵 ピカタ, エクセル ランダム グループ分け, Javascript 2次元配列 宣言, 与沢翼 Youtube ロイヤル, 自転車 ロードバイク 補助ブレーキ, クリスタ 画像保存 Ipad, ライン イラスト シンプル, 先生 英語 表記, アメリカ 乾燥機 時間, ドレスアップ ショップ 宮城, ひらがな 漢字 使い分け, レクサスct カードキー 電池, Javascript Submit 完了後, ホットケーキミックス 卵なし ドーナツ 豆腐, 阪急バス 川西 能勢口 時刻表, クッキー アーモンドプードル 代用, キャラバン 車中泊 Diy, 糖質制限 コンビニ ファミマ, 金町 火事 リアルタイム, Line リプライ 通知オフ, くもん 教材 市販, なす 豚肉 人気, Ps4 Youtube 再生できない 2020, N-box ドライブレコーダー 取り付け みんカラ, ひよこ ちゃん すみ っ コぐらし, 京都 劇団四季 ランチ, 三菱 エアコン 集中管理 解除,

Leave A Response

* Denotes Required Field