デンソー 組織図 2019 11

1460 0 obj <>stream 制定日2019.11.01 文書番号 qms-a-01 改訂日 改訂番号 1 4 組織の状況 4.1 組織及びその状況の理解 当社は、組織の目的及び戦略的な方向性に関連し、かつ、その品質マネジメントシステムの 79 0 obj 施工技術グループ. 株式会社デンソーテン、denso ten 2019年発表の広報発表資料、プレスリリースです。 ... 組織改定 / 執行役員の担務変更 / 人事異動(2020年1月1日付) 2019年12月20日 人事異動(2019年12月21日付) 2019年11月. 80 0 obj 西日本事業本部. %PDF-1.5 %���� endstream endobj startxref ソリューション営業グループ. <> 株式会社デンソー九州: 所在地: 本社・北九州工場:福岡県北九州市八幡西区本城5丁目4番1号 広島工場:広島県広島市安芸区上瀬野南2丁目5番1号: 設立: 2005年8月: 資本金: 60億1千万円(株式会社デンソー100%出資) 売上高: 712億円(2019年度) 従業員数 h�bbd``b`���@�o� H�]qU@�. ソリューション営業グループ. 「決算資料」をご覧いただけます。デンソーは、より良い日常をそっと支えるテクノロジーを、暮らしのなかに実装し続けます。 ... 2019年3月期 . 0 <> 会社組織図(株式会社デンソー) 安全衛生管理部. %%EOF 1452 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<5DF2E6B4C0B4D04794A453EA1ED99EE4><43F47CAB869C0A40B2D2DDDE6B88908E>]/Index[1443 18]/Info 1442 0 R/Length 61/Prev 40518/Root 1444 0 R/Size 1461/Type/XRef/W[1 2 1]>>stream x�c```f``eb`e``gb@ !�(� ���"*�����G@�� ��R ��n1~j``8g���$Ű&�@��&���̿pf����@&��?��R2q��(�H�ŭ�W;W��D!�@���& �)�,L�@�L�0y��� ˠĦ��:�� �F��=. 組織体制の変更により、CASEの進展と共に競争が激化する事業環境の中、自動運転・コネクティッド領域においてより競争力のある組織へと変化を遂げ、併せて、機能部門の強化再編やCxO制度の導入を行い、スピード感のある変革を推進する。, 自動運転レベル4(特定条件下での完全自動走行システム)の実現に向けて、社長直轄の組織を新設する。, 具体的には、技術開発センター内に設置していた先進モビリティ戦略室および先進モビリティシステム開発部に、クルマ視点でのシステム開発機能、事業開発機能および営業機能を加え、「先進モビリティシステム事業開発部」とする。, ①市場の潜在・顕在ニーズの発掘や新規受注拡大を図るため、営業グループ内に「コネクティッド営業推進室」を新設する。, ②コネクティッドシステムに必要な技術開発機能を集約し、事業化を加速するため、モビリティエレクトロニクス事業グループ内に「コネクティッドシステム事業推進部」を新設する。, フラットな階層と明確な役割のもと、スピード感のある変革を推進するため、グローバル戦略本部、コーポレート基盤本部、コーポレートセンターを機能群別に再編する。, 具体的には、データ利活用や、業務のデジタル化を主導する「ITデジタル本部」の他、「経営戦略本部」「経営管理本部」「総務・人事本部」「安全・品質・環境本部」「法務・渉外・広報本部」の6本部制とする。, デンソーが重点的に取り組んでいる下記の7ポジションについて、「CxO制度」を導入する。, <ポジション、担当役員> <<7261F0467DBEC002CCCCD1D5C9AC0D92>]/Info 78 0 R/Prev 431359/Root 80 0 R/Size 109>> endobj 資本金: 1,875億円: 売上収益: 連結 5兆1,535 億円*2019年4月1日~2020年3月31日: 営業利益: 連結 611 億円 *2019年4月1日~2020年3月31日: 当期利益(親会社の所有者に帰属) %���� 株式会社デンソーで働く社員・元社員による社風・企業カルチャー・組織体制の口コミを多数掲載。「企業カルチャー・社風:年功序列。できる人に仕事が集中し、できない人は同じ給料でのんべんだらりとしている印象。どこの会社も同じかもしれないが。 1443 0 obj <> endobj 主な変更点は下記のとおりです。, 自動運転レベル4(特定条件下での完全自動走行システム)の実現に向けて、社長直轄の組織を新設する。具体的には、技術開発センター内に設置していた先進モビリティ戦略室および先進モビリティシステム開発部に、クルマ視点でのシステム開発機能、事業開発機能および営業機能を加え、「先進モビリティシステム事業開発部」とする。, ①市場の潜在・顕在ニーズの発掘や新規受注拡大を図るため、営業グループ内に「コネクティッド営業推進室」を新設する。, ②コネクティッドシステムに必要な技術開発機能を集約し、事業化を加速するため、モビリティエレクトロニクス事業グループ内に「コネクティッドシステム事業推進部」を新設する。, フラットな階層と明確な役割のもと、スピード感のある変革を推進するため、グローバル戦略本部、コーポレート基盤本部、コーポレートセンターを機能群別に再編する。具体的には、データ利活用や、業務のデジタル化を主導する「ITデジタル本部」の他、「経営戦略本部」「経営管理本部」「総務・人事本部」「安全・品質・環境本部」「法務・渉外・広報本部」の6本部制とする。, 当社が重点的に取り組んでいる下記の7ポジションについて、「CxO制度」を導入する。, CISO (Chief Information Security Officer), 社会ソリューション事業推進部、 アグリテック事業推進部 、フリートエアコンディショニング事業部, 社会ソリューション事業推進部、AgTech推進部、フリートエアコンディショニング事業部, エレクトリフィケーションシステム事業グループ(副)、エレクトリックコンポーネント事業部、 エレクトリフィケーションコンポーネント事業部 、 モータ先行開発部, エレクトリフィケーションシステム事業グループ(副)、エレクトリックコンポーネント事業部, J-QuAD DYNAMICS、先進モビリティシステム開発部、機械・エネルギ開発部、先端技能開発部、R&D Tokyo総括室、先進モビリティ戦略室, モビリティエレクトロニクス事業グループ(副)、 電子PF統括部 、デンソークリエイト, BluE Nexus、 エレクトリフィケーションシステム事業グループ電動システムアライアンス担当, エレクトリフィケーションシステム事業グループ電動コンポーネントアライアンス担当、 事業構造変革室, エレクトロニクス事業部、 ソフト生産革新部、電子PFハードウェア開発部、電子PFソフトウェア開発部, エアコンディショニング事業部、サーマルマネジメントユニット事業部、 サーマルシステム品質保証部 、サーマルシステム製品企画部、 サーマルシステム性能開発部 、サーマルエレクトロニクス開発部, エアコンディショニング事業部、サーマルシステム製品企画部、サーマルエレクトロニクス開発部、サーマルマネジメントユニット事業部, モビリティエレクトロニクス事業グループ(副)、モビリティシステム統括部、コネクティッドシステム開発室、電子基盤技術統括部、デンソークリエイト. – 後藤 俊二郎、情報セキュリティ推進部長、情報セキュリティ推進部長, – 清野 正資、デンソー・オートモーティブ・ドイツ 出向、デンソー・インターナショナル・アメリカ 出向, – 北見 明朗、エレクトリフィケーションコンポーネント事業部 副事業部長、エレクトリフィケーションコンポーネント事業部 担当部長, – 篠島 靖、MIRISE Technologies 出向、技術開発センター 担当部長, – 犬塚 直人、デンソー・インターナショナル・アジア出向、デンソー・インターナショナル・アジア 出向, – 竹村 秀司、パワトレインシステム品質革新部長、パワトレインシステム品質統括室長, – 佐橋 義仁、人事部長、サーマルマネジメントユニット事業部 サーマルマネジメントユニット企画室長, – 沖 守、パワトレインシステム品質革新 EDER強化室長、パワトレインコンポーネント品質保証部長, – 加藤 之弘、パワトレイン生産技術開発部長、デンソー・マニュファクチュアリング・ハンガリー 出向, – 大島 道博、パワトレイン生産技術開発部 担当部長、パワトレイン生産技術開発部長, – 出口 喜昭、ガソリンシステム事業部 副事業部長、ガソリンシステム事業部 ガソリンシステム企画室長, – 細江 剛、ガソリンシステム事業部 ガソリンシステム企画室長、ガソリンシステム事業部 ガソリンシステム企画室 原価企画1課長, – 近江 義典、パワトレインコンポーネント事業部 グローバル部品支援室長、パワトレインコンポーネント事業部 グローバル部品支援室 担当次長, – 大庭 直樹、パワトレインコンポーネント品質保証部長、パワトレインコンポーネント品質保証部 第1品質保証室長, – 高橋 圭介、エレクトリフィケーションシステム事業グループ エレクトリフィケーションシステム経営企画室長、エレクトリフィケーションシステム事業グループ 事業構造変革室 担当次長, – 中島 孝、サーマルマネジメントユニット事業部 サーマルマネジメントユニット企画室長、サーマルマネジメントユニット事業部 サーマルマネジメントユニット企画室 原価企画課長, – 矢野 健三、モビリティエレクトロニクス事業グループ 理事、エレクトロニクス事業部 副事業部長, – 鈴木 路葉、モビリティエレクトロニクス事業グループ モビリティエレクトロニクス経営企画室長、モビリティエレクトロニクス事業グループ モビリティエレクトロニクス経営企画室 担当部長, – 新屋敷 博之、デンソー企業年金基金 出向、エレクトリフィケーションシステム事業グループ エレクトリフィケーションシステム経営企画室長, – 鶴田 和弘、MIRISE Technologies 出向、エレクトロニクス研究部長, (1)電動化製品の普及加速に貢献するために、トヨタ自動車 広瀬工場における電子部品事業をエレクトリフィケーションコンポーネント事業部へ移管し、4月1日に広瀬製作所を開所。今後、安城製作所とともに電動化領域のグローバルマザーと位置づけ、さらなる生産体制の強化を行う。, (2)アグリテック事業推進部が取り組む農業生産分野における施設園芸事業に、フリートエアコン事業部のスマート物流事業(コールドチェーン)を統合し、フードバリューチェーン事業推進部を創設。一貫したフードバリューチェーンビジネスの構築に取り組み、農食分野に新たな価値を提供していく。, NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。, 1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。, 1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。, 日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。, (中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。, 経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。, 1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。, 株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。, 1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。, モビリティエレクトロニクス事業グループ事業企画担当,モビリティエレクトロニクス経営企画室, https://www.nextmobility.jp/car_parts/denso-announces-officer-change-on-april-1-202020200217/. endobj 技術開発グループ. �!�s�!�� �R ��$�-e`bd5�q����0 �� 株式会社デンソー: 設立: 1949年12月16日: 本社所在地 〒448-8661 愛知県刈谷市昭和町1-1 アクセスマップ. デンソーは12月27日、自動運転やコネクティッド領域の体制強化などを目的とした2019年1月1日付の組織変更を発表した。 デンソー、3/1付・グローバルマネジメント職1級の人事異動 2019年2月28日 人気記事ランキング トヨタ、2020/1/1付役員体制の変更・組織改正・人事異動 デンソー、2019/12/1付の執行職変更とgm職1級人事 2019年11月29日; デンソー、2019/8/1付・gm職1級の人事異動 2019年7月30日; デンソー、2019/9/1付・gm職1級の人事異動 2019年8月30日; デンソー、2019/7/1付の組織変更・役員・執行職担当変更 2019年6月20日 このWebサイトでは、JavaScriptの機能を有効に設定することで、最適なコンテンツをご覧いただけます。, 株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、社長:有馬 浩二)は、2020年1月1日付で組織変更および人事異動を実施します。 h�b```g``�� ��P#�0p4 ��C1�.~�&��0|b�� �j�����Ā4?��

長野市 事件 速報, 豚肉 茹で汁 活用, ネグレクト 事件 アメリカ, 日本 イギリス カレー 違い, 酒 箱 100均, 車 傷つけられた 駐車場, 炎の中の 残 影 ハンター, 真剣佑 映画 2020, Dod ワンタッチテント グランドシート, 納品書 複写 渡す, ふくらはぎ マッサージ機 強め, イラレ グラフ サイズ, 高校 国語 教え方, 焼肉きんぐ 会津若松 クーポン, パナソニック Hk9482 取扱説明書, 日産 オイル交換 料金 軽自動車, Nhk イタリア語 マッテオ, Jr東日本 中途採用 倍率, エアコン 除湿 温度設定 ない, コロナ Cw-1620 口コミ, 夕焼け 書き方 絵の具, Python Pathlib 拡張子, Geforce Experience 必要性,

Leave A Response

* Denotes Required Field