ウルトラマン ゼロ 中国語 4

ビジネスに使うボールペンだからこそ自分の一本は常に手帳やバッグにおいておきたい♪ 更に多くのウルトラヒーローたちが共闘し、全宇宙を揺るがす不可解な事件へと挑んでいく。 だがそれは全て、これから始まる戦乱の序章に過ぎなかった…! 全世界で絶大な支持を受けている『ウルトラギャラクシーファイト』、待望の続編がYouTubeで配信決定! また、第19話以降リクやペガ達の学園パートがないのは、おそらく緊急事態宣言で撮影出来なかったからだと思われる。最終話の第23話では冒頭と終盤にリクとペガが登場し、『Z』へとバトンを繋いだ。, ウルトラシリーズ 新世代ヒーローズ ウルトラマンゼロ ウルトラマンジード その名も―――, 写真撮影会 OPが2番となってからは変則的なサブタイトルも出てきており、例えば第16、17話は、前者は本番組の主題歌「Heroes」の歌詞、後者は「すすめ!ウルトラマンゼロ」の歌詞を意識したものとなっている。, これまでのクロニクルは前番組と併せても関連のある作品が連続していく方式になっていたため、次回作のウルトラマンはジードかゼロに関連したシリーズになるのでは無いかという予測が立っていた。 ビヨンド」の力を駆使し、ウルトラマンジードとともに宿敵ベリアルの野望を打ち砕いた。, 全宇宙の知的生命体の抹殺を図ろうとする、巨大人工頭脳ギルバリスの魔の手から宇宙の平和を守るため、ジード、オーブ、ゼロが集結。ウルティメイトフォースゼロの力もかり、ギルバリスの計画を食い止めて宇宙に平和をもたらす。, 闇の巨人・ウルトラダークキラーの魔の手から、ウルトラウーマングリージョを守るため護衛に向かうゼロ。しかし、ウルトラダークキラーの攻撃を受け、グリージョとともにダークキラーゾーンに囚われてしまう。かけつけたニュージェネレーションヒーローズの協力により危機から脱出、「ウルトラマンゼロ ?」と呟いて唖然としたり、彼との一体化を「一生の不覚」と嘆くなど、過去作品以上にコミカルな面も散見される。タイガの頑固さと破天荒さに振り回され、なかなか真の力を発揮できずにいたが、彼の心の傷を知って彼を導く立場をとるようになっていく。, 同じくフューチャーアースを訪れたウルトラマンコスモス=春野ムサシや、子供たちを守る地球防衛隊チームUとともにバット星人配下の怪獣軍団との戦いを繰り広げる中、バット星人の育てていた滅亡の邪神ハイパーゼットンが覚醒する。そこで、以前にフューチャーアースを訪れていたアスカ=ウルトラマンダイナが覚醒直前のハイパーゼットンに敗れて石像と化していたことや、子供たちを守るためにチームUが防衛隊と偽っていた「秘密」を知ったタイガと初めて心を1つにして変身し、ダイナを復活させるためにハイパーゼットンに立ち向かう。コスモスやチームU、そして復活したダイナと協力して一度はハイパーゼットンを倒すが、バット星人との一体化で完全体となったハイパーゼットン(イマーゴ)には圧倒されてしまう。しかし、ダイナやコスモスと心を1つにすることによって新たなウルトラ戦士・ウルトラマンサーガとなり、子供たちやチームU、そして救援に現れたウルトラ兄弟(ウルトラマン、セブン、ジャック、エース、レオ)[注釈 20]の応援や協力も得て、ハイパーゼットンをバット星人ごと打ち倒す。, 最後はタイガと分離し、平和の戻ったフューチャーアースに残ることを決めた彼を見送りつつ、フューチャーアースを後にした。, ナビゲーターとして歴代ウルトラマンの活躍を紹介する。テンションが上がって興奮気味の解説になったり、「自分がマウンテンガリバー5号を設計するなら、コックピットにはジャンボットぐらいの余裕は持たせておく」と言うなど、コミカルな面も見せる。, 『サーガ』直前の動向も描かれている。第35話ではゾフィーに呼び出されて久々に帰還した光の国で、最強怪獣であるゼットンのマイナスエネルギーが別の宇宙で強大化していることをゾフィーに聞かされ、対策としてこれまでのゼットンとウルトラ戦士の戦いを見つつ、ゾフィーのアドバイスも受けて新たな戦いへの闘志を燃やす[41]。, 最終話では『ウルトラゼロファイト』での戦いをグレンファイヤーと共に振り返った後、歴代ウルトラマンやウルティメイトフォースゼロの映像に合わせ、日頃の応援への感謝と「『守るべきもの』があればみんなもウルトラマンだ」との旨を述べ、番組を締めくくった。, リニューアル後の『新ウルトラマン列伝』でも何度かナビゲーターとして登場し、自分たちに縁のあるキャラクターやストーリーを解説している。第9話ではグレンと共に登場し、ウルトラマンギンガとジャン兄弟をはじめ、ウルティメイトフォースゼロのメンバーのモデルとなったファイヤーマン、ミラーマン、ジャンボーグA、ジャンボーグ9らを紹介する。その際、グレンがギンガの名前を覚えておらず「ギンザ」「キンタ」などと間違えて呼んだり、ジャン兄弟のことも未だに「焼き鳥」「焼き鳥ブラザーズ」と呼んだりしたため、その都度ツッコミを入れては訂正していた。, 『新列伝』最終話ではウルトラマンギンガやウルトラマンエックスと共にナビゲーターを務め、過去の作品の名シーンを振り返りつつウルトラマンオーブの紹介もした後、エックスが「これから先も物語は紡がれ語り継がれていく」と述べ、ギンガが「どんな困難が待ち受けていようとも」と述べた後、「俺たちウルトラマンは平和のために戦い続ける。君たちの心に…ウルトラの光がある限り!」と視聴者にメッセージを送り番組を締めくくった。, さすらいの民のイメージを思わせる古布[注釈 21]を身にまとった姿で登場。ダイナとコスモスから授かった新たなる力(ストロングコロナ、ルナミラクル)について考えるため、初めてウルトラマンとして戦った怪獣墓場を再び訪れる。だが、地球【フューチャーアース】で倒したバット星人の同族であるバット星人グラシエに狙われ、地獄の四獣士(レッドキング、ベムスター、ガンQ、ガルベロス)など、グラシエが怪獣墓場から蘇らせた怪獣たちと激闘を繰り広げることになる。, その途中、他の怪獣たちとともに蘇生したピグモンと出会い、「自分の力を恐れるな」と諭されたことで迷いを断ち切り、四獣士との戦いを切り抜けていく。四獣士を全て倒すと、今度はその魂を取り込み巨大化したグラシエとの直接対決になるが、彼の口から「自分を倒せば自分の力で蘇ったピグモンも死んでしまう」ことが明かされ、動揺して追い詰められてしまう。しかし、ピグモンの言葉で奮起して全力を開放することで分身変身し、その力でグラシエを倒すと同時にピグモンを救うことにも成功する。, すべての戦いを終え、前に進むための力と守るための力と授かった力の意味を見出すと、ウルティメイトフォースゼロの仲間たちと合流し、ピグモンに見送られつつ怪獣墓場を後にした。, 怪獣墓場での戦いを、闇の神殿で5人の宇宙人ダークネスファイブ(メフィラス星人・魔導のスライ、ヒッポリト星人・地獄のジャタール、テンペラー星人・極悪のヴィラニアス、デスレ星雲人・炎上のデスローグ、グローザ星系人・氷結のグロッケン)に見られていた(彼らと断末魔のグラシエも「あのお方」という言葉を口にしており、ゼロは何者かに狙われていることが判明する)。, 惑星ファネゴンで暴れるキングシルバゴンを慈愛の力・フルムーンウェーブで鎮めた直後、ジャタールが変身したウルトラの母から仲間の危機を伝えられ、ウルティメイトフォースゼロの秘密基地として建造していたマイティベースに急行するが、すでにグレンファイヤーとミラーナイトは奇妙な格好[注釈 22]のままブロンズ像にされてしまっており、次々に現れるダークネスファイブと激闘を繰り広げることになる。, その途中、怪獣墓場にいたピグモンがスライの人質となってしまい、元の姿に戻ったグレンファイヤーとミラーナイトを含むウルティメイトフォースゼロの仲間たちの協力を得て怪獣墓場へ急行するが、そこでグラシエやダークネスファイブの黒幕だった「あのお方」ことカイザーダークネスが姿を現す。その正体が、アナザースペースで完全に倒したはずのウルトラマンベリアルであることに驚愕しつつも、激闘の末にウルティメイトゼロとなってこれを粉砕する。だが、破壊されたアーマードダークネスから抜け出たベリアルの魂に肉体と意識を乗っ取られ、ゼロダークネスと化してしまう。, 手出しはできない状態になりながらも意識は残っていたが、アナザースペースに戻ったゼロダークネスがウルティメイトフォースゼロの仲間を次々と倒し、乗っ取られた状態とはいえ仲間を手にかける姿を見せつけられたことで、意識は絶望して消えかけてしまう。しかし、俯く自分に前へ進むことを促す仲間たちの呼びかけや必死にベリアルたちの行く手を遮ろうとしたピグモンの姿もあり、守るべき物があるウルトラマンという物を再認識して復活を遂げ、ベリアルの魂を追い出してシャイニングウルトラマンゼロへ覚醒する。その能力で時間を逆行させ、ウルティメイトフォースゼロの仲間を復活させるだけでなく、ベリアルの魂を消滅させてダークネスファイブを撤退させる。元の姿へ戻った後、覚醒中のことを覚えていないながらも、蘇生した仲間たちとの再会を喜んで新たにピグモンを迎え入れ、ともにマイティベースへ帰還した。, 後に『ウルトラマン列伝』最終話では、グレンファイヤーと共にこの時の戦いを振り返っている。新たな能力に目覚めたことでベリアルに打ち勝ち仲間たちとも再会できたが、ゼロダークネスと化して一度仲間を手にかけてしまったことは今でも心の傷として残っていたうえ、時間逆行による影響でベリアルまで復活させてしまったことにも気づいており、もしまた同じ事態が起きた時にシャイニングの力を使えるかどうかも分からないため、その恐れから仲間のもとを去ろうと考えていたが、グレンから「俺たちはみんなお前を信じている」と励まされると同時に、自分も仲間たちを信じていると気づかされたことで迷いを振り切ってグレンと組手を行いつつ、これからの戦いへの新たな決意を固めた。, ウルトラ戦士たちを次々に封印していくエタルガーを時空を超えて追跡しており、コスモスがエタルガーに封印された直後、惑星ジュランに駆け付けるが逃げられてしまう。, ギンガの世界で再び対決するが、ウルティメイトゼロに変身しても倒せずにまたしても取り逃がすと、事前にウルトラマンタロウから聞かされていたヒカルとショウに、特訓を命じる。特訓を終えると、ウルトラマンキングから預かっていたウルトラフュージョンブレスをヒカルに与え、ショウとともにウルトラマンギンガビクトリーとなった彼らを連れて時空城へ向かい、その第4階層でウルトラマンベリアル(エタルダミー)と対決する。最後は、ティガからメビウスまでの先輩ウルトラ戦士7人とともにクロスオーバーフォーメーションを放ち、時空城を破壊した。, エタルガーによるとゼロとの戦いはメインディッシュのようであり、彼の強さにはエタルガーも一目置いていたようである。, なお、ウルティメイトゼロで次元転移した直後にそのまま戦闘を続行したり、自分の意思を保ったままシャイニングゼロへの変身が可能となっていたりと、ゼロ自身もそれまでと比べてかなりパワーアップしたことがうかがえる描写も、多々盛り込まれている。, 後日談の『ウルトラファイトビクトリー』でも、レオの口からゼロの存在について言及されている。, 第5話に登場。ナックル星人バンデロを追っており、バンデロが用心棒怪獣 ブラックキングとのタッグでウルトラマンエックスを追い詰めているところに乱入し、ブラックキングの角を折る。エックスや大空大地と会話した後、惑星ギレルモに向かう。そこでブラックキングドリルカスタムと互角に渡り合った末、ウルトラマンゼロアーマーを纏って駆け付けたエックスにブラックキングドリルカスタムの相手を任せ、自らはバンデロと対決する。激しい銃撃戦を繰り広げた末にゼロツインシュートを放ち、バンデロに止めを刺す。なお、それまでの過程で救助したルイからは惚れられて「ゼロ様」と呼ばれた。, 第13話に登場したショウは、ゼロからエックスと大地について知らされていた旨を語っている。, テレビ版のようにウルティメイトイージスを用いる形ではなく、人々の想いを受けたサイバーカードによって召喚される形で登場。, 上海にて、ザイゴーグの背びれより生み出されたツルギデマーガへ召喚直後に天空からのウルトラゼロキックを浴びせたうえ、さらなる人々の想いを受けて力をみなぎらせ(これはゼロと同様に召喚された他のウルトラ戦士4人〈ギンガ、ビクトリー、マックス、ネクサス〉も同様)、ワイドゼロショットで倒す。最後はザイゴーグを倒したエックスたちのもとを他のウルトラ戦士4人と共に訪れ、エックスと大地の成長を称賛して本作品の世界を後にするが、ルイに見送られる際には『サーガ』で覚えたタイガの口癖「フィニッシュ!」を放って口元を光らせている。, 物語冒頭に登場し、ギャラクトロンに苦戦するオーブに加勢してこれを倒す。宇宙の異変をウルトラマンギンガやウルトラマンビクトリーと共に調査しており、彼らが行方不明になったことをオーブに伝えると再び別次元へ調査に向かう。ムルナウの起こした事件の解決後は再びオーブの世界に現れ、デザストロの襲来を告げる。, 邪気の発生源を追って訪れた惑星ヨミで調査中、ジュダ・スペクターとメカゴモラが現れて追いつめられるが、邪気を追ってきたウルトラマンオーブと共闘して撃退する。, その直後に亡霊魔導士 レイバトスが現れ、さらなる亡霊怪獣軍団(宇宙ロボット キングジョー・地底怪獣 グドン・古代怪獣 ツインテール・火山怪鳥 バードン・宇宙恐竜 ハイパーゼットン(イマーゴ)・超咆哮獣 ビクトルギエル)を出現させる。ゼロはオーブと共闘してビクトルギエルとハイパーゼットンを倒し、オーブにレイバトスの追跡を命じて残りの亡霊怪獣軍団と対峙するが、苦戦してしまう。そこに光の国からセブン・ゾフィー・ジャックが駆けつけ、これを倒す。一方、オーブはレイバトスに追いつくも逃げられてしまう。, レイバトスの目的がギガバトルナイザーであることを確信したゾフィーとジャックが怪獣墓場へ向かう一方、ゼロとセブンはオーブにシャイニングフィールドでの特訓を命じ、そこでの10年間の特訓を経てエメリウムスラッガーへの変身能力を開花させる。, 第1話より登場。光の国から奪われたウルトラカプセルを探すため、サイドスペースの地球を訪れる。, クライシス・インパクトにおけるウルトラマンベリアルとのオメガ・アーマゲドンでの傷が癒えておらず、サイドスペースへの次元移動を行った際にウルティメイトブレスレットも破損してしまったために万全の状態ではなく、本来の姿での活動時間も2分程度に限られている。, ビルの崩落に巻き込まれそうになった少年を救おうとして瀕死の重傷を負ったサラリーマン・伊賀栗レイトの命を救うとともに、地球での長期間活動のために一体化する[注釈 23]。ベリアルに酷似した外見を持つうえにウルトラカプセルを所持しているウルトラマンジード=朝倉リクのことは知らなかったため、その行動を見極めると同時に、自身の不調も重なってひとまず地球の防衛をジードに任せる方針を取る。なお、ジードを初めて目撃した際には、目の形状からベリアルと誤認している。, レイトが妻子持ちで気弱な性格ゆえ、いまいちシンクロできない時もあるが、いざという時には心を一つにして変身し、そして怪獣と戦う[44]。, 地球で長期間活動し、人類や地球の文明と触れ合う経験はこれが初めてであるため、レイトの娘・マユを抱っこした感触に感激したり[注釈 24]、満員電車を精神の修行に最適な乗り物と評したりもしている。, 状況によってはレイトの身体を彼に無断で動かすことがあるほか、その際にはレイトの身体から発せられる声もゼロのものとなる。元ベリアルの秘密基地・星雲荘ではそのことを知った鳥羽ライハが、会話の相手がレイトかゼロのどちらか理解しづらいことへの不満を星雲荘の報告管理システム・レムに述べ、イメージ・ヘッドギアを装着することでレイトの身体からゼロの意識を画面に投影させることにより、彼らとの明瞭な会話を成立させている。, ベリアルとの最終決戦では、カレラン分子分解酵素を撃ち込む際に反撃されてレイトとともに重傷を負ったものの、事態の収束後にはウルティメイトブレスレットの修復を完了し、負傷したままの彼と分離してサイドスペースを後にした。, ウルティメイトフォースゼロの面々とともに、ギルバリスが送り込むギャラクトロンの対処に当たる。ウルトラの父の指示でサイバー惑星クシアを追ってサイドスペースに再訪すると、バリアに覆われていく地球に単身突入。ギャラクトロンMK2と戦っていたオーブとジードに合流し、共闘戦線を展開する。ギャラクトロンの攻撃からオーブと共にジードを庇った際、シャイニングゼロにチェンジしてオーブと自分を数時間先の未来に飛ばして回避するも、反動で実体を維持できなくなり、偶然沖縄に来ていたレイトと密かに一体化。回復後はゼロビヨンドとなって戦線復帰し、ギルバリス撃退に貢献する。戦闘後はレイトから分離し、リクたちに別れを告げてウルティメイトフォースゼロと共にサイドスペースを去る。, 第23話に登場。ウルトラマントレギアやニセウルトラマンベリアルに苦戦するウルトラマンタイガのもとに駆け付けて共闘を果たし、タイガにプラズマゼロレットを授けた。ニセベリアルが倒された後はタイガと工藤ヒロユキを叱咤激励し、ベリアル因子を悪用されていないか調査をするために別次元に向かった。, 第1話より登場。ウルトラ6兄弟の命でウルトラダークキラーからウルトラウーマングリージョを護衛するために綾香市へ向かうが、ダークキラーに襲撃されてグリージョ諸共囚われの身となる。幽閉先のダークキラーゾーンではエネルギーを吸い取られていくグリージョを励ましつつ密かにエネルギーを分け与え、ダークキラーが生み出したゼロダークネスとの戦闘もままならないほど消耗するが、ウルトラマンロッソとウルトラマンブルの奮戦によって窮地を脱する。ギンガたちニュージェネレーションヒーローズと合流後は、ジードが生み出したニュージェネレーションカプセルによってゼロビヨンド(ギャラクシーグリッダー)へと単独変身し、復活したゼロダークネスを撃破する。戦闘後は事件の黒幕であるウルトラマントレギアの追跡をギンガたちに任せ、自らはグリージョを元いた次元へと送り届ける。, 第1話より登場。自らを師匠と仰ぐウルトラマンゼットのポテンシャルを見抜きつつも正式な弟子とは認めておらず、三分の一人前と厳しい評価を下している[50]。, ウルトラメダルを飲み込んで逃走したゲネガーグをゼットと共に追跡していたが、ゲネガーグが吐き出したブルトンに捕らえられ、ウルトラゼットライザーとウルトラメダルを与えた直後四次元空間に閉じ込められる。その後シャイニングスタードライヴで窮地を脱し、エネルギー回復後、ベリアル融合獣に苦戦するゼットとジードの前に現れ、協力してベリアル融合獣を退ける。戦闘後はハルキとゼットに地球の動乱への対処を任して、リクたちと地球を後にする。, 『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。英字表記はTECTOR GEAR ZERO[17]。, ゼロがK76星における修行の際に身に着けていた、黒鉄色の訓練用アーマー[17][注釈 25]。身を守る防具であると同時に、装着者の能力を厳しく制限する拘束具の役割を持ち、体を自由に動かすことも容易では無い。黒いゴーグルに覆われている眼の部分は、感情が高まると黄色く発光する。K76星にセブンが危機を知らせるべく、アイスラッガーが飛んで来たことで、これを期にキングによって解除される。, 『ウルトラゼロファイト』第1部に登場。バット星人グラシエによって装着させられたテクターギアで、これまでに倒されてきた怪獣墓場に眠る無数の怪獣たちの怨念の集合体であり、グラシエ曰く恨みのテクターギア。, カラーリングはダークロプスゼロが装着していたテクターギアブラックと同じ茶色で、眼の発光色も同じ赤色をしている。, 装着した状態では動きを制限させられるだけでなく、電撃でゼロ自身を苦しめる。しかし、EXレッドキングの攻撃からピグモンを庇ったゼロが奮起してストロングコロナゼロに変身すると同時に破壊された。, 鏡の星の洞窟に隠された伝説のアイテムバラージの盾[注釈 26]が変形した、選ばれた者だけしか装着することができないとされる鎧ウルティメイトイージスを装着した、ゼロの強化形態。どんな悪も倒し、さらには時空すら超越できるという光の勇者である。, 外見は、背部に装着されたウルティメイトイージスのパーツがウルトラマンノアのノアイージスを髣髴とさせる姿になる。『ウルトラゼロファイト』第2部に登場した際には、ウルティメイトイージス装着時の効果音にウルトラマンネクサスの変身音が使用されている。, ウルティメイトイージスは使用者の身を守り、ウルティメイトゼロソードを主要武器するウルティメイトゼロモードと、敵を射抜く超弓状のファイナルウルティメイトゼロモードの2種類に変形でき、この現象をゼロディフェクターと呼ぶ。この現象は防御にも転用可能で、エタルガーの光弾連射を防いだこともある。, 想像を絶する力を持つが無制限に使えるわけではなく、並行世界間の連続した跳躍など大量にエネルギーを使用する行為を行うと、しばらくは使用できなくなる。, 小学館てれびくんおよび講談社テレビマガジン本誌で「新強化アーマーデザインコンテスト」を行われ、受賞した作品は以下の通り。本誌やライブステージで登場するようになった。ウルトラマンフェスティバル2010のライブステージではスーパーフォーム、キーパーフォーム、ゼロツインソードを手にしたゼロと3人に分身する能力を見せた。, ゼロのゼロスラッガーが聖なる光の力で変形された鎧。胸の星マークからは、超強力光線エメリウムスタービーム[58]を発射することができ、両腕のトゲはカッターのように切り裂く武器にもなる。, これを装着すれば、超高速で動き回ることも可能で、ウルトラマンフェスティバル2010のライブステージではローラーで滑るようにステージ上を移動していたほか、ダンスのステップを踏むような動きで戦っていた。, ゼロのゼロスラッガーが強化アイテムに変化して装着され、ゼロの戦力を向上させることができる鎧である。右腕に鋭い剣「リフレクションブレード」、左腕に頑丈な盾を装備。, ゼロスラッガーギアに受けた攻撃を吸収し、リフレクションブレードに集めて斬り返すほか、撃ち返すことができる。ウルトラマンフェスティバル2010では身軽なスーパーフォームとは対照的に、力強いパワーファイターのような戦い方をしていた。, 『ウルトラマンサーガ』にてウルトラマンダイナ、ウルトラマンコスモスと合体してウルトラマンサーガに変身した際、彼らの力がウルティメイトブレスレットに宿ったことで誕生したゼロの新たな姿。『ウルトラゼロファイト』や各種イベント・雑誌展開などで活躍する。, モードチェンジはウルティメイトブレスレットに宿したダイナとコスモスの力を開放することで行い、この時のポーズは特に一定していない。モードチェンジ時の効果音にはダイナとコスモスの変身音を合わせたものが使用されている。バット星人グラシエとの戦いではルナミラクルゼロ、ストロングコロナゼロに分身変身する能力を見せた[注釈 27]。, ダイナのストロングタイプとコスモスのコロナモードの力を併せ持つ姿。頭部のゼロスラッガーやカラータイマー、ボディラインが金色で、体色は上半身が赤で下半身が銀色を基調としている。, 強大な力による肉弾戦でストロングパワーを発揮する、赤きウルトラマンゼロ(超パワー戦士)。モードチェンジ時は全身が炎に包まれ、モードチェンジ完了時や必殺技発動時などにはエレキギターのような効果音が鳴る。この姿では、口調もより荒々しくなる。, コスモスのルナモードとダイナのミラクルタイプの力を併せ持つ姿。頭部のゼロスラッガーやカラータイマーが青で、体色は濃淡の差はあれ全身が青一色と強調されている。, 超高速移動や超能力戦の時にミラクルパワーを見せる、青きウルトラマンゼロ(超高速戦士)。ルナモードの力を与えられているため、怪獣の魂を浄化したり治癒能力を使うことも可能。モードチェンジ時は全身が青い光に包まれ、モードチェンジ完了時や必殺技発動時などにはハープのような効果音が鳴る。ストロングコロナゼロとは対照的に、この姿での口調はいつもより比較的冷静なものとなり、トーンも低めになる。, 肉体をベリアルに憑依されてゼロダークネスとなったゼロの心が、ピグモンとウルティメイトフォースゼロの魂の呼び掛けに応えて復活したことで覚醒したゼロの最強形態で、輝きのゼロとも呼ばれる。, 体色は金と銀を基調とし、目とビームランプは青。カラータイマーは五角形のシャイニングエナジーコアに変化し、ウルティメイトブレスレットは体と完全に一体化、胸と肩のプロテクターがなくなった代わりに全身のボディラインにその意匠が見られるなど、外見は大きく変化している。, 後述の通りシャイニングパワーによって高い能力を誇るが、この時のゼロは一種のトランス状態だったらしく変身時の記憶がないうえ、エネルギーをかなり消費するため、元に戻った時は仲間たちに支えてもらわなければ立てない状態だった。『決戦!ウルトラ10勇士!

Mac グループ化 パワーポイント, 離乳食 初期 食材 順番, もしかして 英語 Happen, 確定拠出年金 ポートフォリオ 40代, フィット トランク 開かない, イラストレーター 画像切り抜き クリッピングマスク以外, Cbr1000rr Sc57 スマホマウント, スマホ データ移行 Iphone, Dドライブ ファイル 削除できない, 指数関数 方程式 E, 大阪 栃木 行き方, プログラム 仕様書 初心者, 履歴書 送付状 テンプレート 無料 スマホ, Gmail プレーンテキストモード 表示, 30坪 間取り 工夫, 退職金 200万 税金, チューリップ ビオラ 寄せ植え, 神戸大 数学 2020, パイロット フレフレ 2020, インスタ アカウント 特定方法, 木酢液 蚊の 駆除, Windows Defender 定期的なスキャン, 4歳児 折り紙遊び ねらい, 現在完了 経験用法 例文, Excel Vba 保存せずに閉じる, Easeus Data Recovery Wizard 無料版 使い方, ルコック 店舗 横浜, リード バルブ 流用, すみっこぐらし もぐら ぬいぐるみ, スープジャー レンジ対応 イオン, Edy 残高不足 ローソン, 飛行機 持ち込み 液体 アルコール, コナン 緋色 の弾丸 公開日, 黒い砂漠 採集 熟練度,

Leave A Response

* Denotes Required Field